Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

小林洋一 ~詩は祈り~

older | 1 | .... | 20 | 21 | (Page 22) | 23 | 24 | .... | 62 | newer

    0 0

    「どちらから来られたんですか?」

    「千葉からです」

    「それは遠かったでしょう、高速で来られたんですか?」

    「いいえ、低速です」


    ・・・この遣り取りは、もう何度か

    過去記事にも掲載済みですが

    昔から遠出をした際、よく聞かれることなのです。

    で、やっぱり今回、名古屋に伺った際にも

    この質問に遭遇したので「ドキドキ」したのですが

    今回ばかりは、本当に高速で来てしまったので

    「いいえ、低速です」

    が、使えず終いだったのです(涙)

    「う~ん、くやしい!」

    ・・・これねぇ

    「僕の渾身のジョーク」

    なんですよ~。

    名古屋での心残りがあるとすれば「これだけ」

    つまり、それほどまでに「充実」していたというわけです!!



    ・・・あの日、我が家を出発したのが早朝 4時。

    そこから、常磐道、首都高、東名道と乗り継ぎ

    名古屋に到着したのが 10時。

    そして、そこからセッティング、リハ、本番、撤収の後

    ふたたび高速に乗ったのが、夕方 5時頃。

    で、我が家に着いたのが、深夜 0時。

    延べ、20時間の旅。

    ・・・これで、翌朝からの仕事さえなければなぁ~(笑)



    静岡に入った辺りだったでしょうか?

    雨がパラついて来たのは。

    で、愛知に入ってからは、もう豪雨。


    「今は幾ら降っても構わないから
    どうか、昼からは止んで下さい!」


    だって、この日のお客様の中には

    足腰が自由に動かないにも拘わらず

    それでも、少しずつ歩きながら

    時折、休憩を取りながら

    お越し下さるお客様がおられたのです。

    勿論、他のお客様にとっても

    雨が降っては、ご負担になってしまいます。

    でもね、あれほどの豪雨が

    お昼を待たずに止んだのですよ!


    「至誠、天に通ず」


    です。




    そして遂に、セーラー・ラビットさん率いる

    「愛の戦士」の皆さんと対面致しました!

    セーラー・インパラさん、セーラー・エミさん

    セーラー・エンジェルさん、セーラー・キャットさん

    セーラー・ハウスダストさん、セーラー・パンケーキさん

    セーラー・ベアさん、セーラー・・・セーラー・・・

    ごめんなさい、これ以上思い出せません(涙)
    (愛の戦士の皆さんは例外なく、セーラー○○と名乗るのです)

    総勢 20名近くの戦士の皆さんがお越し下さったでしょうか?

    勿論その中には、詩人の 星月わたる さんもおられます。


    ・・・総勢 20名

    言葉にするのは簡単ですが

    これだけの愛の戦士の皆さんが集まって下さることは

    云わば「奇跡」なのです。

    先日の記事にも書かせて頂きましたが

    彼等は皆、心に非常に深い傷を抱えた方々です。


    ・・・あのね、実は僕、ほんの短期間ではあったけど

    「ひきこもり」を経験したことがあるのです。

    それは、東日本大震災の直後。

    仕事にも出られなくなって、電車に乗ることも怖くなって

    その時初めて、このような問題を抱えた方の気持ちが

    少しだけ解った気がしたんです。

    だからね、あの日、皆さんが

    ご自身のお部屋を一歩出るだけだって

    どれほどの勇気が要ったことか・・・

    それだけでも奇跡なのです。

    なのにね、約 7時間もの間、ずっと僕等に付き合って下さり

    機材の搬入から撤収

    イスやテーブルの配置換えまで手伝って下さいました。



    そして、セッティング前の 20分位の時間だったけど

    皆さんとお話させて頂くことが出来

    「互いが互いを支え合い、どれだけ想いやっているか」

    ということを垣間見させて頂いた気がしたのです。


    愛知県、またその隣国・岐阜県という土地は

    愛の戦士の皆さんのみならず

    僕等がアメブロを始めた 7年前より

    ご縁を頂くことの非常に多い土地柄でした。

    コメントやメッセージにて応援下さる方々然り

    足が不自由で、杖をつきながら

    千葉までお越し下さったお客様も

    やはり、愛知県在住の方でした。

    それも、1回や2回ではありません。

    そのような中で、愛知県、岐阜県には

    僕等がアメブロを始めた当初から


    「いつか必ずライヴに伺います!」


    というメッセージを

    発信し続けて下さった方々がおられたのです。

    つまり この日は、そのような方々とお目にかかれるという


    「僕等の夢が叶う日」


    でもあったのです。

    それだけじゃありません。

    この日は、岐阜から千葉まで

    何度もお越し下さったお客様との再会や

    まだ日は浅くとも、日々ブログを通して

    あたたかい遣り取りをさせて頂いた方々との

    対面が実現するという、やはり


    「僕等の夢が叶う日」


    だったのです。




    この日 僕等は、とっても緊張していました。

    カミさんは、まず初めての遠征ライヴ
    (関東圏なら例がありますが)

    初めての会場ということでの、漠然としたプレッシャー。

    そして、お客様がお越しになる前に

    一切、音出しが出来ない、という不安。

    それ故に、うちの機材で果たして

    会場全体をまかなうだけのパワーがあるのか?

    という、非常に未知数なものへの不安。

    ・・・音出しが出来ない、という不安は

    僕の中でも重複しておりましたが。

    兎に角 彼女は、これらのプレッシャーから

    名古屋入りする何日も前から

    殆ど眠れぬ日々を過ごしていました。

    で、僕は、と云えば・・・

    定刻より、実質 約 1時間も早く唄い始めるため


    「職員の方に止められたら、どうするか?」


    プレッシャーは、ほぼ

    これに尽きると云っても過言ではありませんでした。

    つまり、いつもとは全く趣の違う緊張感だったわけです。

    ・・・当たり前の話ですが、当日きちんと担当の方から


    「ライヴの開始は 14時から 終了は 15時」


    と、念を押されましたし(汗)

    で、実際、公開リハを始めて 30分後の 13:30

    事実上のライヴ・スタートという、真さにその瞬間


    「30分早いですよ、約束が違いますよ!」


    とでも云われたかのように

    担当の方と目があってしまったのです(大汗)
    (30分どころか、1時間前から始めていたようなものなのですが)

    ・・・ステージから見て正面の奥の壁に

    職員の方が在中しておられる部屋の窓があるのですが

    その窓からライヴ・スペース全体を

    一望出来る感じになっているのです。


    「やっぱり止められるのかぁ~」


    いろいろなことが頭を過ぎり

    演奏より心臓が止まりそうでしたが、後戻りは出来ません。

    大胆不敵にもライヴはスタートです。
    (※ このように お伝えしてしてしまうと
    もしかしたら「私が曲をリクエストしたから・・・」
    と、気に病んでしまう方がおられるかもしれませんが
    決して、そのようなことはございません
    リクエストを受け付けたのは私共
    そして、それを承ったのも私共なのですから)



    【セットリスト】
    1、たそがれ 2、銀紙の指輪 3、死線 4、あるがままに
    5、僕の願い 7、宙(そら)の記憶 8、絶対のまなざし 
    9、約束 10、通り雨 11、おかげさまの涙
    アンコール、愛だけを見つめて

    ・・・やはり緊張していたのでしょう

    セットリスト 4~7 辺りの曲順の記憶が曖昧です(汗)

    そして今回は、アンコールまで頂きました!

    この曲「愛だけを見つめて」は

    個人的に大好きな曲なのです。

    故に、全曲リクエスト曲で構成された今回のライヴで

    この歌が唄えたことは、とっても嬉しかったです。


    ~♪ゆったりと流れる水路、小学校のその向こう側
    朱色の橋が見える、夏も終わりかけた日のこと~


    ・・・高速を走りながら

    この歌と同じような景色と出会った あの時


    「愛だけを見つめて・・・この歌も唄えたらいいなぁ」


    そんな想いが実現しました。

    そして何より、このセットリスト 9曲目

    「約束」が示すように、皆さんから頂いたリクエスト曲を

    全て唄き切ることが出来た、という

    真さに「約束」を果たすことが出来て

    非常に嬉しく思いました。



    ・・・つい先日、ある方から

    このような、ご感想を頂きました。


    「小林さんのライヴは『涙活・るいかつ』です
    泣かせてナンボ、と思って下さい。
    だって1曲目が始まって間も無く
    かなりの方が泣きながら鼻をすすっておられましたから」


    ・・・確かに私共のライヴでは

    殊、今年に入ってから、このような現象が

    より顕著になって来ております。

    これは皆さんの日常の中で、日を追う毎に

    益々ストレスが色濃くなる中で

    その反面「感情は表に出してはいけない」

    という、真さに「行き場を失くした感情」の

    その発露となっているのだと感じます。


    ~♪自分を好きになれない心優しき友たちよ
    もう一歩も先へは進めないと思った時こそ僕等は
    耳を澄ませて命からの語り掛けを聴いてみる~
    【オリジナル曲 / あるがままに より】


    ~♪そして今あなたから 零れ落ちた涙が
    大地を伝い空へ昇り雲となり
    ふたたび雨となって、あなたへと還る時
    懐かしく想い出し笑えますように
    そんな日が来ますように~
    【オリジナル曲 / おかげさまの涙 より】


    僕等は、このご意見を本(もと)に

    改めて「伝えて行くことの根本、そして意味」

    を考え直そうと思いました。



    ・・・名古屋ライヴが終了して

    今日で何日経過したでしょうか。

    あの日、確かに僕の肉体は帰って参りました。

    ・・・されど「心は名古屋に留まったまま」

    だったのです。


    「肉体は帰って来たけど、心は帰って来なかった」


    ・・・きっと、僕のような人間が

    死後、成仏せず彷徨う魂となるのかもしれませんね(笑)

    でもね、それならそれでイイと思いましたよ。

    だって、その時は、この地上に留まって


    「世界平和」を祈りますから!


    と、それほどまでに


    「充実し凝縮された、楽しいライヴ」


    だったのです。


    ・・・ライヴに於ける、お客様との交流は

    ライヴ前であれ、終了後であれ

    毎回とても慌しく、ほんの束の間でしかありません。

    後ろ髪引かれる想いで、ご挨拶を終えねばならないのです。

    ・・・僕は一時、これが嫌でねぇ。


    「あんなことも話したかった、こんなことも訊きたかった」


    と、それはそれは際限がありません。

    でもね今回、名古屋に伺ってみて

    その辺の心境が「少し変化」したんです。

    それは・・・


    「ほんの束の間の交流であるからこそ
    その触れ合いは、とってもとっても貴重なもので
    それ故に、決して馴れ合いにはならぬもの
    それが、ほんの束の間であるからこそ
    相手の方の言葉や表情のひとつひとつを
    決して聴きもらすまい、見逃すまい」


    と、そう思えるのだと感じたのです。

    そして、それ故に


    「確実に次へと繋がる」


    のだと思うのです。


    「君子の交わりは淡きこと水の如し」


    ~♪本当の愛は いつも淋しさの中にこそあるのだから~
    【オリジナル曲 / あるがままに より】


    ちょっと淋しくても


    「これがいい!」


    のです。


    ・・・ただ


    ようやく、心も帰って来た今日この頃。

    上半期のライヴも全て終了し

    いつもの忙しさの中で生業に没頭する毎日。

    心が、いつも同じ場所に留まることなんて

    到底、赦してはもらえません。

    街は相変わらず、人、人、人の波。

    大都会の雑踏は、否応無しに全てを呑み込んで行きます。

    でも、それでも交差点を挟んで擦れ違う人の中に

    「あの日と同じ面影」を見たような気がした時

    僕は、人々の流れを遮るように、肩がぶつかりながらも

    交差点の真ん中で立ち尽くし、振り向いてしまう。

    そして「あの日、めぐり逢った光の中」へと

    一瞬にして、ワープしているのです。



    さて、今回もアメブロより

    沢山のお客様がお越し下さいました。

    ※ 以下、イニシャルはブログ・ネームからのものです。


    【愛知県よりお越しの U 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    5,6年前より、お付き合いさせて頂く中で
    「いつか必ずライヴに伺います」との想いを
    発信し続けて下さった U さん、やっと会えましたね!
    今回、愛知ライヴが実現に至った、大本の引力は
    U さんが切欠だったのだと、改めて気付きました。
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの K 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    K さんとは、やはり 5,6年前頃
    まだ、うちがコメント欄を開けていた頃
    遣り取りをさせて頂いておりましたね!
    その K さんからギリギリになってご予約を頂いた時は
    ビックリすると同時に、とっても嬉しかったのですよ!!
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの K 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    足腰の具合が優れぬ中、また風邪が治り切らぬ中
    大変な想いをなさりながらお越し下さった K さん。
    時折下さる、あの暖かなメッセージ同様
    やはり K さんは、愛に溢れる方でした!
    それが、お話や握手させて頂く中で伝わって参りました。
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの M 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    あの日は、いつもブログにて拝見させて頂いている
    ステキなパワーストーン・アクセサリーを
    真近に拝見させて頂き
    その緻密さ、芸術性の高さに驚きました!!
    そして、あのようなステキな作品を生み出す
    M さんにお目にかかることが出来幸せでした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの Y 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    「世界人類が平和でありますように」
    Y さんとは、この祈り言で繋がっている中で
    実際にお目にかかれたことが、何より嬉しく思います。
    バッグや T シャツに記されたメッセージと共に
    あの日の Y さんの笑顔は忘れません!!
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの I 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    ハードロック系のバンドで G を担当されている I さん。
    記事を拝見させて頂く中で、きっと嘗ては
    同じジャパメタを通っておられるなと感じておりました。
    音楽やギターのお話など、もっとしたかったですが
    それはまた、次の機会に託します!!
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの O 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    ブログでのお付き合いは、まだ日が浅いですが
    いつも記事を拝見させて頂いている中で
    なんだか、とっても親しみを覚えておりました。
    束の間のお話ではありましたが
    とっても喜んで下さった表情が忘れられません!!
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの P 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    やはりブログでのお付き合いは日が浅いですが
    そのような中にあっても、ご予約下さった P さん。
    お目にかかり、その柔和な中に
    凜とした佇まいを見せる P さんからは
    涼やかな風を感じさせて下さるようでした!!
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの A 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    星月わたるさんのお知り合いだという A さん。
    記事を拝見させて頂く中で
    わたるさんのお知り合いでありながらも
    私の CD を聴いて下さっていたことを知り
    とっても嬉しく、有り難く思いました!!
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【岐阜県よりお越しの H 様・お母様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    この日、お越し下さったお客様の中で
    最も長く7年前よりアメブロにて
    お付き合いさせて頂いている H さん。
    お目にかかりながら「あの頃」を思い出しました!!
    あの頃は、まさかこのような日が来るとはねぇ~。
    お母様にも、どうぞ宜しくお伝え下さい。
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!


    【岐阜県よりお越しの M 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    レイキ・ヒーリングをお仕事とされている M さん。
    僕も彼是16,7年前にレイキを習いましたが
    生業にするには至りませんでした。
    故に M さんのご活躍を羨望の眼差しで拝見しております。
    そして、今後の更なるご活躍をお祈りしております。
    お目にかかれて光栄でした!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【岐阜県よりお越しの J 様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    と云っても J さんは、今まで岐阜から千葉まで
    片道8時間、往復16時間をかけてお越し下さった方です。
    僕等は今回、名古屋に伺ってみて
    J さんが、いつもどのような想いを胸に
    お越し下さっていたかが、少しだけ解った気がしました。
    どんなに感謝しても、し足りません!!
    またいつか、そちらに伺った際には
    お元気な姿で、お目にかかれることを
    心待ちにしております!!


    【愛知県よりお越しの 愛の戦士の皆様】
    この度は、遠いところ、またお忙しい中
    私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました!!
    そして、会場の手続き、当日のスタッフ係等
    何から何まで、本当にお世話になりました。
    皆さんに巡り会えたことで、お目にかかれたことで
    僕等は名古屋の地で、言葉では云い顕せない大切なものを
    プレゼントして頂いたように感じております!!
    ・・・大袈裟なようですが
    名古屋が第二の故郷のように感じられてなりません。
    またいつか、お目にかかれる日まで
    皆さんの「地上の星」としての天命が
    更に大きく開くよう、お祈りしております!!
    ではまた、再会を夢見て!!


    そして今回もブログを通し、実に沢山の方々が

    応援のメッセージを下さいました。

    また、ご自身のブログにて

    僕等のライヴのインフォメーションをして下さった方々

    CD販売に関する記事をアップして下さった方々

    動画を貼り付けて記事をアップして下さった方々等

    ライヴには行けないから、と

    CDをご購入下さった方々。

    CDを聴いて、その曲についての感想

    聴いて下さった方の”想い”を綴って下さった方々。

    いつも「いいね」を下さる方々。

    弛みない「ぺた」を下さる方々。

    当ブログ「詩は祈り」に訪れて下さった全ての方々。

    それはそれは沢山の方々が

    僕等のライヴを蔭から支えて下さいました。


    「全国津々浦々、まだまだ会いたい方が沢山いる!!」


    北海道にも、九州・沖縄にも、四国にも、東北にも

    中国にも、近畿にも、東海にも、信越・北陸にも

    そして勿論、関東にも!!


    ・・・ただ、音楽の他に生業を持っている僕には

    中々、これらの地域に赴くのは難しい。

    されど人は「縁があれば必ず会うことになっている」

    のです!!

    故に僕等は「まだ見ぬ あなたを夢見て」

    これからも唄い続けて参ります!!


    『皆様、心より有り難うございます』


    無限なる感謝を込めて


    追伸 ・・・今回は流石に長かったね(大汗)
    最後まで読んで下さった皆様
    心より、有り難うございます!!



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 06/28/15--05:41: また逢う日まで!!
  • 本日只今より、次回・秋のライヴ前までの期間

    当ブログ「詩は祈り」の記事更新を凍結致します。

    ライヴ活動からも一旦離れ、生業に精を出さねばなりません。

    ・・・今までも、精を出しておりましたが(汗)


    そこで

    「皆様にお願い」

    があるのですが

    次回更新までの期間、差支えがなければ

    皆様からの

    『 ペタ を頂きたいのです!』

    ペタしてね

    勿論、こちらからもペタに伺います。

    いろいろと思案した末

    今のところ、それ以外に

    「皆様と交流出来る術が見当たりません」

    「いいね」をさせて頂くことも

    今後は(今も)殆ど出来ないと思います。
    (10日に1回くらいの割合でしょうか)

    されど皆様の記事は、今後も変わらず

    楽しみに拝見させて頂きたく存じます。

    何卒、よろしくお願い致します。

    何時も何時の時にも、当ブログ

    「詩は祈り」とお付き合い下さる皆様へ


    『何時も何時の時にも、皆様の天命が大きく開くことを
    心より心より、お祈りしております。』


    無限なる感謝を込めて

    有り難うございます。

    小林洋一

    ペタしてね






    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    暑中お見舞い申し上げます。

    この盛夏の真っ只中、いつも弛み無きペタを下さる皆様

    メッセージを下さった皆様

    「心より心より、有り難うございます」

    未だ中々、以前のようには

    皆様のブログに伺うことが叶いませんが

    時空を超え、ご武運ご多幸お祈りしております。


    ・・・さて本日は、ここのところ

    意味不明な「逆ぎれメッセージ」を頂くことが多くなったことに対し

    この場をお借りして、今一度当方の考えをハッキリ提言させて頂きたく

    一旦、沈黙を破ることと相成りました。


    『あなたは私にだけ
    ペタをしてくれてたんじゃなかったのですか?』


    ・・・ペタを頂いた方にお返しさせて頂いております。



    『なぜ○○さんにペタをするのですか?』


    ・・・ペタを頂いた方にお返しさせて頂いております。



    何卒、よろしくお願い致します。


    無限なる感謝を込めて


    0 0

    「記事更新の凍結」を宣言して

    本日で、ほぼ1カ月が経ちました。

    ・・・が、毎日あまりに暑過ぎて溶けました(汗)


    そうではなくて、ライヴ再開より前に

    実は・・・


    『ニュー・アルバムのレコーディング』


    に入ることとなりました!!



    第1回目の収録は、お盆休み中に。

    その後は、9月に入ってからになるでしょうか。


    有り難いことに、ライヴにお越し下さったお客様や

    このブログでお付き合いさせて頂いている方々から


    『次のアルバムは、いつ創るんですか?』


    とか


    『次のアルバムには、今日唄った最後の歌を
    必ず入れて下さい』


    とか


    『今日のライヴの ○曲目に唄った歌の入ったCDが欲しいんですが』


    とか


    そんな嬉しいご意見を賜るにつれ

    とうとう本気になってしまったのです(汗)


    ということで、本日只今より

    レコーディングに照準を絞って参る所存であります!!


    皆様、今後共どうぞ宜しくお願い致します。


    無限なる感謝を込めて


    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「人の憂い」と書く「優しい」という字は

    文字通り「人の哀しみが解る」ということであり

    それ故に「優しい」と読むのです。

    そして、そのような「心」を持っているからこそ

    同時にそれを「優れる」と読むのです。


    『優しいことは優れていること』


    僕は、当ブログの中で

    予てより、くどいほど

    このことについて書いて参りました。

    そして最近、またひとつ

    「優しい」という字を観て

    想ったことがあるのです。


    『憂いの かたわらに たたずむ 人』


    どんな時も、相手の哀しみの傍らに

    愚かなまでに佇むことの出来る人。

    寄り添うことの出来る人。


    ・・・って、これ

    新曲のタイトルと歌詩の一部だったりするんですが。
    (因みに、この曲は NEW アルバムには収録されません
    手前味噌で恐縮ですが、この曲以前に収録したい
    イイ曲がいっぱいあるのです!!)


    どんな時も、相手の哀しみの傍らに

    愚かなまでに佇むことの出来る人。

    寄り添うことの出来る人。


    ・・・僕は、いつもカミさんを観ていると

    そんな大切なことに気付かされるのです。


    そして僕は、そんな歌を唄える

    伝えられるシンガーでありたく思うのです。




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~








    0 0

    ・・・ここ数年、その方は

    徐に戦争や空襲について話し始めるのだった。

    その直前の会話とは何の脈絡もなく・・・


    きっと


    「云い遺しておかなければ」


    どんな風に人が命を繋いで来たかを


    「伝えておかなければ」


    と、突き動かされるような想いで

    話して下さっていたのかもしれない。


    ・・・されど この夏、その方はもう

    この肉体身には居られなかった。


    毎年 8月になると

    決まって お伺いしていたお客様だった。



    『平和がいい』


    ということは、全ての人の悲願だろう。

    なのに未だ、平和が訪れないのは何故だろうか?


    いつの時代も、正義の名のもとにのみ

    平和を実現しようと試みているからではないか?


    くどいようだが、二元論の世界に平和は無い。



    『世界人類が平和でありますように』


    この祈り言は、正義のもとに生まれた言葉に非ず。


    「争いたがる己の修羅」


    そんな、正義のもとに争いたがる「私」を

    大宇宙の中に「渡し」てしまう道なのである。


    厳しいことを申し上げるようだが

    平和を想うが故に

    争う心を己の中に生み出してしまっては

    本末転倒である。

    それは既に、永い永い今までの歴史が証明しているだろう。



    『世界人類が平和でありますように』


    この祈り言の中には

    既に、私たち個人の平和は含まれている。

    何故なら、私たちは世界人類の一員だからだ。


    『世界人類が平和でありますように』


    この祈り言は真さに


    『人類個人同時成道』


    なのである。


    明日は、長崎原爆の日・70回目にあたる。




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ・・・譬えば


    今の職場が嫌だったり

    今の仕事が合わなかったり

    彼氏に失望したり

    彼女の他に好きな人が出来たり

    旦那さんを尊敬出来なくなってしまったり

    奥さんへの想いが冷めてしまったり・・・


    そんな時、現実問題としての「しがらみ」は別として

    「サヨナラ」を云うことは

    そんなに難しくないかもしれません。


    ・・・されど


    今の職場が楽しくてしょうがない時

    今の仕事が大好きな時

    彼氏との未来に大いなる希望を抱いてる時

    彼女の他には誰も目に入らない時

    旦那さんを尊敬して止まない時

    奥さんへの想いが溢れている時


    そんな時でも あなたは

    いつでも「サヨナラ」を云えるでしょうか?


    ・・・僕は云えませんね。


    でもね、そんな風に

    この世の全てと付き合っていたいと思っているのです。


    嫌なこと、既に心離れてしまったことに対し

    サヨナラを云うことなど容易いのです。

    されど、人を好きになってしまった時

    愛してしまった時

    この地球が大好きになってしまった時


    「いきなりサヨナラを云え」


    なんて、そんなこと出来るわけがない。

    されど、されど・・・

    本当に好きだからこそ、愛しているからこそ


    「いつでもサヨナラを云えるように」


    付き合っていないと後悔すると思うのです。


    小さなプライドにしがみ付いていたら

    もう二度とやって来ない

    「今の今の今」が

    流されて行ってしまうよ。


    ・・・先日、メッセージにて頂いたご質問から

    改めて、このような大切なことを考える

    切っ掛けを頂きました。

    心より、有り難うございます。


    ~いつでもサヨナラを云えるように
    さらりと手放せるように
    この愛を伝えよう、この奇跡を証に~
    【オリジナル曲 / 死線】より




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「淋しさは愛するためにある」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「もーれつ痛郎」・・・

    これが、赤塚不二夫さんの漫画

    「もーれつア太郎」をもじったタイトルであることは

    僕と同世代、或いは先輩の世代の方なら

    即座に「ピン」と来ることでしょう。


    ・・・ところで

    毎日、沢山の方からメッセージを賜ります。

    その内容は、人生相談だったり

    曲を聴いて下さった感想だったり

    出張ライヴのご依頼だったり、と

    実に多岐に亘った内容で

    不束者の僕には、勿体なさ過ぎて

    有り難過ぎるものばかりです。

    されどその反面、誹謗中傷や

    全く筋の通らないであろう逆ギレ・メッセージも

    このブログを立ち上げた当初から

    変わらず頂いております。


    本日は、その中でも

    「呆れて笑って涙した逆ギレ・メッセージ」

    を一つ、ご紹介したいと思います。


    くどいようですが、当ブログと致しましては

    頂いた「ペタ」に対し「ペタ」をお返しする

    という形を採らせて頂いているのですが

    つい先日、このような内容のメッセージが舞い込んで参りました。


    「あなた、うちに訪問したんだったら
    ペタじゃなくて いいね をして行くのが常識じゃないの?
    ハッキリ言ってペタだったらいらないんだけど!
    もうペタはやめて下さい」


    ・・・当方からはペタしてないんですが~。


    でもまぁ、それより何より


    「うちに来たんだったらペタじゃなくて
    いいね をして行け!」


    という、この捨て科白が何ともズル剥け過ぎて

    清々しいくらいじゃないですか(笑)


    何かね、ネチネチまわりくどく本音を捻じ曲げて

    腹の中に溜めているオーラを出されるより

    天真爛漫な子供のストレートさを感じて

    変に痛快でした(笑)


    誹謗中傷も逆ギレも


    「自分という存在に気付いて欲しい、認めて欲しい」


    というサインなのだと感じます。


    そう思えるようになってからは

    そのようなメッセージで凹むことも無くなりました。


    もーれつ痛郎・・・

    それは、そんなメッセージを賜った僕の痛みではなく

    そのようなメッセージを書かざるを得なかった

    あなたの心が、もーれつに痛んでいる証なのでしょう。




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    明後日 16日は

    NEW アルバムのレコーディング第一回目です。

    そこで・・・

    本日は、この NEW アルバムについて


    「ひとつだけ秘密を明かしたく思います」


    それは・・・


    「収録曲について」


    ・・・と、その前に~


    現在、好評発売中の 3rdアルバムの中に


    「銀紙の指輪」


    という曲が収録されています。

    毎年 夏が近付くと 夏になると必ず唄う

    ライヴに於ける「風物」でもあります。


    ・・・毎度 手前味噌で恐縮ですが

    この曲、CD をお買い求め下さった方や

    ライヴにお越し下さったお客様から

    実に評判がいいのです。

    うちのラヴソングの中では


    「約束」


    に次ぐ人気度を誇っているのはないでしょうか。




    ・・・と、ここからが本題です!!


    その


    「銀紙の指輪」


    という曲ですが

    実は、この曲にはストーリー的に


    「繋がっている」


    曲がありまして


    その曲が、今回の NEW アルバムに収録されるのです。

    タイトルは・・・


    『たそがれ』


    これがね、また人気があって「いい曲」なんですよ!!

    つまり、この時期のライヴでは


    『たそがれ』


    に続いて


    『銀紙の指輪』


    を唄う、というのが

    僕等のライヴでの「お約束」なのです。


    故に、この 2曲は「続きもの」

    「二つで一つ」の


    「ツインソウル・ミュージック」


    とでも云うべき曲として誕生したものなので

    是非、この二つのアルバムを

    両方お手元に置いて

    お聴き下されば幸いです。


    尚、NEW アルバムは

    11月にリリース予定。

    「銀紙の指輪」が収録された 3rdアルバムは

    今回、僅かながら入荷した模様です。

    どうぞ宜しくお願い致します!!

    ↓こちらからご注文下さい
    小林洋一 ~詩は祈り~






    では、明後日のために弦を交換することにします。

    ナイロン弦は、チューニングが落ち着くまでに時間が掛かるので。

    今回は、スティール弦とナイロン弦の両方を使うのです。


    ・・・て、これも秘密だったんだ(汗)


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ・・・僕は、プレッシャーに めっぽう弱いです。

    故に、レコーディングだとかライヴだとか

    大きなイベントで歌を唄うだとか・・・

    そのようなこと

    実は、僕には重過ぎるのです。

    されど僕は


    「ここ一番!いざ本番!」


    という時に、まずコケることがありません。


    「それは何故か?」


    きっと


    「投げちゃうから」


    なんだと思います。

    プレッシャー・重圧に耐え切れなくて

    投げちゃうのです。


    「何処へ?誰に?」


    ・・・隣の犬さんに投げても代わってくれないんだよなぁ(汗)


    「宇宙へ、神に」


    投げちゃうのです。

    だって、僕を創ったのは宇宙であり、神ですから。


    故に今日も、レコーディング初日の全6曲を

    ファーストテイクでOKに出来たのだと思います。


    ・・・いつも思いますが


    「曲を創っているのも僕じゃなければ
    唄っているのも僕じゃないのです」


    それを忘れてしまったら

    もうきっと、誰も僕の歌を聴いては下さらないでしょう。


    そしてきっと、僕(エゴの僕)が強くなってしまったら

    ここ一番、いざ本番、という時に


    「コケまくり」


    なのだと思います。

    変な云い方ですが

    僕は、弱い人間でよかったと思っています。



    今回のレコーディングも、3rdアルバム同様

    ユニバーサル・レコーディング・ファクトリーの

    豊原さんにお願いしました。



    上の写真、左側に立っておられるのが豊原さんですが

    この方、ジャンルを問わず

    今まで数々の有名どころのアーティストのレコーディングに

    立ち会ってこられた方なのです。

    ・・・時折、何で僕のレコーディングをしてくれてるんだろう?

    と思うこともあるのですが

    縁、としか云いようがありません。



    今回は、ガットギターにての収録です。

    理想としては、生のガットギターをマイク録り

    と行きたいところですが、僕の技量ではとても無理(汗)

    エレガットです。



    午前中の収録だったので

    ギターより歌が心配だったのですが

    思いの外、声がスムーズに出ました。


    特に、ここ一カ月ほどは

    仕事とレコーディングに向けての備えで 目まぐるしく


    「一体、誰がこの体を動かしてくれてるんだろう?」


    という状況でした。

    でも無事、半分が終了しました。

    これも一重に、日々応援下さった皆様のお蔭です。


    「心より、有り難うございます!!」


    ここ一カ月は、ナイロン弦と太いネック

    特有のフラットな指板に馴れるため

    ガットギター以外、触らないようにしていました。

    ・・・尤も、何時も愛用のギブソンは

    リペア中だったので弾けなかったのですが。

    でもそれも、うまい具合に今日仕上がるのです。

    故に、今日から次のレコーディングまでは

    スティール弦しか弾きません。


    この4枚目のアルバムは、11月リリース予定です。

    どうぞ宜しくお願い致します。


    最後に、この一カ月

    レコーディングに於ける影の部分を

    一手に引き受けてくれたカミさんに

    無限なる感謝を込めて。




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「小林さんは、バンドで演るとか
    他の楽器と一緒に演奏するとかは考えてないのですか?」


    予てより、動画を観て下さった方や

    CDを聴いて下さった方から

    このようなご意見を頂くことが結構あります。

    つまりは・・・


    「弾き語り以外は演らないのか?」


    ということなのですが

    正直申し上げて、今のところ


    「弾き語り以外は演ろうと思っておりません」


    ・・・でもね、僕はバンドを演りたくて

    バンドから音楽活動を始めた人間なので

    今でも曲を創れば それと同時に

    バンド・アンサンブルも一緒に浮かぶのです。

    弾き語りで唄ってはいても

    常に、他の楽器とのアンサンブル

    ハーモニーが頭の中で心の中で鳴ってるのです。

    そしてそれは僕の場合

    バンドだけでは済みません。


    ・・・僕は子供の頃から

    ヴァイオリンやチェロなどの弦楽器の音色が大好きで

    クラシックはもとより

    ストリングス・アレンジが施された楽曲が大好きなのです。

    僕が子供の頃 聴いて育った歌謡曲やニュー・ミュージックには

    そのような手法が用いられた名曲が沢山ありました。

    勿論、その後 夢中になって聴き始めた

    ロック・ミュージックの中にも。


    だから僕は、他の楽器とのアンサンブルを考えるなら


    「バンド + オーケストラ」


    ということになってしまい、めちゃめちゃ大所帯になっちゃう。

    ・・・となると、当然 今の状況では

    メンバー全員に給料を払うことなど無理。


    「じゃぁ、諦めたのか?」


    とんでもない!


    『SOME DAY いつか、きっと!』


    と、今も僕は思っています。


    ただね、弾き語りに拘る理由は

    それだけじゃないのです。


    ・・・今を遡ること約25年前、1980年代終わり~1990年頃。

    僕は大体、このくらいの時期から己の精神の扉を開け


    「魂の世界・宇宙意識」


    の探求を始めました。

    その世界で気になる方が居れば会いに行き

    様々なセミナーにも参加していました。


    レイキ、オーラソーマ、フラワーエッセンス、ポーション

    ヒプノ・セラピー(催眠療法) etc・・・

    自分に合うな、と感じられれば資格も取りました。

    アセンション、5次元意識などに興味を持ち

    いろいろ調べていたのもこの頃。

    2000年くらいまでは、猪突猛進して学んでいた気がします。

    勿論、音楽活動も並行しながら。


    そんな中、1998年か99年頃

    僕は、日本で第一人者のクレアボヤント(透視ヒーラー)

    の方にリーディングして頂ける機会を得たのです。

    過去世も含めて、いろいろと観て頂きました。

    その時の遣り取りの中に、このようなものがありました。


    「これからの、僕と音楽との関わりについて教えて下さい」


    「・・・音楽というより音、声で人を癒す
    ヴォイス・ヒーリングをして行く、って言ってますよ」


    言っている、これはつまり

    僕のハイアーセルフからの情報を伝えているということです。

    ・・・でもね、正直ちょっと複雑だったのです、当時は。


    「自分は、音楽でやって来た」


    という自負が残っていましたから。



    あれから 16、7年。

    時代の大きな流れ、うねりの中で

    確かに、あの時 云って頂いたことへと

    シフトしているように感じます。


    「声がいい」


    僕の歌を聴いて下さった方からの感想で

    最も多いのが、これです。

    曲、詩がいい、というご意見も多く頂きますが・・・

    どうやら僕の天命は


    「声による癒し」


    にあるようです。


    その声を音楽に乗せて


    「最大限に生かせる表現方法」


    それが僕にとっての


    「弾き語り」


    なのです。


    ということで

    僕は現在、弾き語り以外を演ろうとは思っておりません。

    そして、そのような理由から

    CDによる音源も


    「一発録り」


    という、一切、被せ・つなぎ無し

    の手法を採り入れているというわけです。




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「それは傷付ける言葉だ、と云い諭すのじゃなくて
    そう伝えるしか出来なかった君を 僕だけは解ってあげたい」
    【オリジナル曲 / 憂いの かたわらに たたずむ人 より】


    ・・・白か黒かに選り分けるだけで

    何故、解決したと思えるのでしょうか。

    監視体制を強化すること、法律を改正することで

    何故、事件を未然に防げると思えるのでしょうか。


    「彼は何故、白でよかったものを
    敢えて黒く塗り替えたのか?」

    「彼女は何故、あなたの真心に対し
    憎まれ口や暴言でしか返さないのか?」


    ”自分のしていることが自分で判らない ”

    この「無意識領域」に支配され操られている状態を

    仏教では「無明・むみょう」と云いますが

    僕等が生きる、この3次元の世界とは逆に

    「観えない世界の法則」の中では

    この無明という状態が最も罪深いものとなるのです。


    ”事件当時、正常な判断能力に欠けていた ”


    ・・・つまり


    ”自分が何をやったのか判っていない ”


    司法の中で、このように判断されれば


    ”情状酌量の余地あり ”


    となるのが、この世の倣いかもしれませんが


    「宇宙から観れば、それは真逆」


    なのです。


    この世では


    ”知ってて、わざとやった ”


    これが最も罪深いと見なされ、許し難い行為でしょう。

    されど・・・


    「真理は逆」


    なのです。


    もし僕が、あなたと面と向かって話をしながら

    あなたの足を踏んでいたとします。

    あなたは とっても優しい方なので


    「・・・ちょっと痛いけど
    わざと踏んでるわけじゃないんだからいいか~」


    と、僕にそのことを指摘することなく

    その後も笑顔で相手をしてくれます。

    でも僕は、あなたの足を踏んでいることに


    ”気付いていないので ”


    「いつまでも踏み続ける」


    のです。


    ”これが残虐で凄惨な事件ならどうなるか?”



    「悪いと判っていて、わざとやっている」


    ・・・人間感情として、このような状況を

    どう逆立ちしても受け入れられないことは

    百も承知で申し上げますが


    ”悪いことをしていると気付いている ”


    この状態は、云わば


    「改善の余地がある」


    ということなのです。


    ”気付いてさえいれば、そこに切り込む余地がある ”


    ということなのです。


    そこで、我が国に於ける浄土真宗の開祖


    「親鸞聖人」


    が唱えた


    「悪人正機 ※説明が長くなるのでまた別の機会に」


    という概念が深く関わって来ます。




    ・・・白か黒かに選り分けて解決とするだけならば

    それは


    ”人間理解のインスタント ”


    と云わざるを得ないのではないでしょか。


    「彼は何故、白でよかったものを
    敢えて黒く塗り替えたのか?」

    「彼女は何故、あなたの真心に対し
    憎まれ口や暴言でしか返さないのか?」


    「それは傷付ける言葉だ と云い諭すのじゃなくて
    そう伝えるしか出来なかった君を 僕だけは解ってあげたい」


    ・・・せめて、あなただけは

    この世で たったひとり、あなただけは

    解ってあげて欲しいのです。


    「彼女が彼が、何故そう伝えるしか出来なかったのか?
    その心を聴いてあげて欲しいのです」


    でなければ、繰り返されてしまうのです。


    ”正義は、愛の前では全く問題になりません ”




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「淋しさは愛するためにある」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 08/26/15--03:19: 悪人こそ救われる
  • 「悪人こそ救われる」


    ・・・って、こんなこと云われても

    素直に頷けるわけないですよね。

    でもね、これこそが


    「真理」


    なのです。

    前回 記事の中で触れた、親鸞聖人の


    「悪人正機・あくにんしょうき」


    の心なのです。


    本日は、この悪人正機について

    幾つか、ご質問を頂いたので

    甚だ私見ではありますが

    なるべくシンプルに解り易く

    お話してみたく存じます。


    『善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや』


    おそらく、この件が

    悪人正機の中で最もよく知られ


    「悪人こそ救われる」


    を顕している部分だと思います。

    現代語に訳せば、こんな感じでしょうか。


    『善人が救われるなら、悪人が救われるのは当然だ』


    ・・・益々、解らないかもしれませんね(汗)

    実は、これには ちょっと


    ”読み解き方 ”


    があるのです。


    ところで、善人とは

    ”何を以て善人 ”とするのでしょうか?

    また、悪人とは

    ”何を以て悪人 ”とするのでしょうか?

    ひとつ、例を挙げてみたく思います。

    まずは ”善人バージョン ”です。


    今あなたは、満員電車のシートに座っているとします。

    すると次の駅で、お腹の大きな妊婦さんが乗って来たとします。

    でも誰一人、席を譲ろうとはしません。

    暫く考えた後、あなたが席を譲りました。


    「・・・誰一人、席を譲らない中で
    俺だけが、私だけが席を譲ったんだ
    誰も出来なかった”良いこと ”をしたんだ」


    妊婦さんからお礼を云われ

    周囲の人々からの視線も浴びて、あなたは得意気です。


    「俺みたいな、私みたいな善人はいない」


    あなたは、こう信じて疑いません。


    では続いて ”悪人バージョン ”です。


    今あなたは、満員電車のシートに座っているとします。

    すると次の駅で、お腹の大きな妊婦さんが乗って来たとします。

    でも誰一人、席を譲ろうとはしません。

    暫く考えましたが、あなたは寝たふりをしてしまいました。


    「・・・お腹が大きくて苦しそうなのに
    どうして俺は、私は席を譲れないんだ
    それにも増して、寝たふりをして
    気付かないふりをするなんて、人間として最低だ」


    そうこうしているうちに

    あなたの隣に座っていた方が席を譲りました。

    あなたは自責の念でいっぱいになってしまいました。


    「俺みたいな、私みたいな悪人はいない」


    あなたは、こう信じて疑いません。



    ・・・あなたは、どのように感じたでしょうか?


    悪人正機の中で云われる善人とは、即ち


    『自分のやった善行にしがみ付き
    ”自分は善人だ ”と得意気になっている人』


    を云うのです。


    では、悪人とは?


    『自分は悪いことをしてしまった、と”気付いている人”』


    を云うのです。


    このような善人が救われるなら

    悪人こそ救われると思いませんか?

    だって


    ”気付いているからこそ顧みることが出来る ”


    のですから。


    でもね、本当は席を譲るも譲らぬも

    救われるも救われぬも


    『僕等が決めているのではない』


    のです。


    法然さん、親鸞さんの ”浄土門 ”に於いては


    『阿弥陀様が させて下さる、救って下さる』


    と解釈するのです。


    ・・・手前味噌で恐縮ですが

    当ブログの中で、くどいほど書いて来た


    『他力』


    『自力では何も出来ない』


    と意味を同じくします。



    人は


    『本心』





    『業(ごう)・エゴ』


    の部分を、しっかり見極めていないと

    訳のわからない生き物になってしまいます。


    「この善行は、私がやったんだ」


    「この悪行は、私がやったんだ」


    ”そうじゃないのです ”


    甚だ くどくて恐縮ですが


    『そんな私は渡してしまうのです』


    ・・・何処へ?


    『阿弥陀仏の中へ、宇宙へ』


    そんな善行も悪行も


    ”あなたの本心がやったのではないのです ”


    ”あなたの業がやったことなのです ”


    ”業は、あなたの本心じゃありません ”


    故に、そんな私は渡してしまうのです。


    「悪いことをしてしまった」


    と”気付いているあなた ”は、同時にそのことで


    ”とっても傷付いている人 ”です。

    優し過ぎる故に、いつも涙を流しているのです。


    『南無阿弥陀仏』


    と唱えるのも勿論、よろしいかと存じますが


    『世界人類が平和でありますように』


    このように祈る時、私たちはそれと同時に


    ”ちっぽけな私を渡してしまっている ”


    のです。

    だって、この祈りは


    『人類個人同時成道』


    なのですから。




    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 08/28/15--14:14: PR: ボルボ V50 CLASSIC
  • モダン・スカンジナビアン・デザインが際立つベストサイズ・エステート。

    0 0

    【お知らせ】
    ライヴ再開と同時に、今年最後のライヴです!

    夫婦二人だけで開催している手作りライヴの為
    定員20名(完全予約制)とさせて頂きました。
    ご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。





    【 小林洋一 無料ワンマンライヴ in 柏 】

    開催日 2015年 9月 26日 (土) ※今年最後のライヴです
    開場 14:00(準備が整い次第 早めに開場します)
    ライヴ 14:00~15:00(多少前後します)
    閉場 16:00(お客様ご退場後、機材撤収)

    定員 20名(先着順 完全予約制)
    入場無料

    ・ご予約の確認の為、入場時に「ブログネーム」をお伺い致します。
    ・ご来場できなくなった場合は「キャンセルのご連絡」をお願い致します


    ご予約はこちらから
    ・2名以上でお越しの方は、人数をお知らせ下さい。
    ・リクエスト曲がある方はお伝え下さい。(お応え出来ない場合もあります)


    ~ アメブロをお持ちで無い方は、こちらからご予約下さい ~




    ・入場料などの料金は一切かかりません。
    ・会場をお借りしている時間の都合上、開場後すぐにライヴスタートとなります。
    ・夫婦二人による手作りライヴの為、何かと行き届かない点もあるかと思いますが、何卒ご了承下さい。

    【 実際にあった、ライヴに関する Q & A 】



    $小林洋一 ~詩は祈り~

    場所 アミュゼ柏 1階
     (玄関を入り そのまま直進 1階の奥に会場入口があります)
    電話 04-7164-4552
    住所 千葉県柏市柏6丁目2-22
    交通 柏駅東口から徒歩7分
    地図 PDF



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一


    0 0

    昨日、8月30日(日)の19時頃

    アメブロ外から、ライヴのご予約を頂いた【 はな 様】

    その後、何度かお返事を差し上げているのですが

    その都度、戻って来てしまいます。

    大変、お手数をお掛けしてしまい恐縮ですが

    もし、この記事をご覧になられておりましたら

    今一度、下記の内容をご確認の上

    再度、ご予約のメールを頂けたら幸いです。

    何卒、宜しくお願い致します。

    ------------------------------------------

    アメブロをお持ちでない方は

    メールフォームからご予約頂いておりますが

    こちらからの返信メールが届かない例が多発しております。

    携帯メールでご予約頂いた方は、大変お手数ですが

    今一度、ご記入されたメールアドレスをご確認頂き

    こちらのアドレスを受信許可に設定の上

    再度ご予約頂ければ幸いです。

    何卒、宜しくお願い致します。


    無限なる感謝を込めて


    < ライヴのご予約はこちらから >










    0 0

    【 はな 】様

    先程は、ご連絡を賜り

    真に、有り難うございます。

    お教え頂いた 2つのアドレスに

    返信メールを送らせて頂きましたが

    何等かの理由で、送信が叶わない模様です。


    ライヴのご予約ですが

    確かに承りましたので

    どうぞ、ご安心下さい。

    では、当日お目にかかれる時を

    心待ちにしております。

    何卒、お気をつけてお越し下さいませ。

    大変、お手数をお掛けしてしまい

    申し訳ございませんでした。

    どうぞ宜しくお願い致します。


    無限なる感謝を込めて

    小林洋一


    0 0

    「・・・貴方は今、こんな私を観て
    一体、どんな風に思うのでしょう
    哀しいけれど、私は最早、こんなにも汚れてしまった
    至るところ ほころびて傷だらけ
    貴方と出逢った頃の輝きなど
    もう何処にも見当たらないことでしょう」


    「貴女が日々、どんなに頑張っているか
    どんなに涙を流して来たか
    これでも僕は、誰よりも解っているつもりだよ
    貴女は本当に、命がけで頑張って来たものね」


    「”袖擦りあうも多生の縁 ”
    貴女は、もう忘れてしまったのだろうか
    幾つもの幾つもの、生まれ変わり死に変わりの中で
    僕は、いつも貴女の傍にいて、誰よりも近くで
    貴女のことを観続けて来たんだよ
    だから僕は、誰よりも貴女を識っているんだよ
    たとえ今 貴女が濁った水のように観えていたとしても
    それは、この世界を、この世界の哀しみを
    洗い浄めて来たから、そのように観えているだけのこと
    幾生に亘って、幾つもの時代の中を
    一緒に平和のために生きて来たのだからね
    ”真実の貴女は、澄み浄よまった水そのもの ”
    僕は、今の貴女だけを観て来たわけじゃないんだよ」


    「これはね ”貴女の天命 ”なんだよ」


    ・・・今も今までも

    本当に沢山の方々から


    『世界人類が平和でありますように』


    この歌を聴いて下さった ご感想

    または、ご質問を賜っております。


    『世界人類が平和でありますように』


    この祈り言は、全人類の悲願であり

    大眼目であることに、異論を唱える方は居られないでしょう。

    それは勿論、僕にとっても同じ想いです。

    ただ僕は、この歌の中に


    ”幾つもの想い ”


    を込めて創らせて頂いたつもりでおります。

    その中のひとつが、冒頭に挙げた男女の遣り取り。

    ・・・この歌は、既にめぐり逢っている

    もしくは、これからめぐり逢うであろう

    この世界の何処かに必ず存在している


    ”貴女の貴方の、ツインソウルからのメッセージ ”


    でもあるのです。


    『世界人類が平和でありますように』


    この歌は、次回ライヴでもリクエストを賜っているので

    真心を込めて、唄わせて頂きます!

    ライヴのご予約はこちら


    無限なる感謝を込めて





    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「土曜日は、どうしても仕事を休めません
    なるべくライヴは、日曜日にして頂けると助かります」


    今回は結構、皆様から このようなご意見がありました。

    私共も、ライヴ会場を予約する際は


    ”日曜日を優先的に ”


    と努めては居りますが、予約状況により

    どうしても土曜日となる場合もございます。

    何卒、ご了承下さいませ。


    さて、今回のライヴご予約に於ける お客様定員が


    ”残りわずか ”


    となっております。


    「行ってもいいかな~」


    と興味をお持ち下さっておられる方は

    再度、ご検討を賜れば幸いです。

    また、リクエスト曲の受付でございますが

    お蔭様をもちまして、前回の名古屋ライヴ同様


    ”今回も全曲リクエスト曲によるライヴ ”


    となります。


    「リクエストを下さった皆様
    心より、有り難うございます!!」



    私共のライヴは


    ”音楽ライヴ ”


    であると同時に


    ”ヴォイス・ヒーリング ”


    の要素を備えたものとなっております。

    故に、毎回リクエストを賜る際


    ”バラード曲にリクエストが集中する ”


    という、そのような傾向にあります。

    今回も真さに、そのような感じになっております。


    どうぞ皆様、私共のライヴをお聴き下さる際には


    ”音楽を楽しむ ”


    と同時に


    ”日頃抱えておられるストレスや哀しみ、不安 ”


    などの


    ”心の荷物 ”


    をおろしに、吐き出しに、リリースしにいらして下さい。

    私共のライヴには、毎回そのような方が

    割合多く、ご来場下さる傾向にあります。


    「皆様のご来場、心よりお待ち致しております」

    ライヴのご予約はこちら


    無限なる感謝を込めて






    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    お蔭様をもちまして、9月26日(土)の

    アミュゼ柏ワンマンライヴご予約が


    ”満員御礼 ”


    となりました。

    お申込み下さった皆様


    「心より有り難うございます!!」


    また、いつも応援下さっている皆様


    「ライヴには行けないけど」


    と、CDをご購入下さった皆様


    「心より有り難うございます!!」


    そして、当ブログ


    ”詩は祈り ”


    とお付き合い下さっている皆様


    いつも変わらぬ細やかなるお心遣い


    「真に有り難うございます!!」



    無限なる感謝を込めて






    ペタしてね


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







older | 1 | .... | 20 | 21 | (Page 22) | 23 | 24 | .... | 62 | newer