Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

小林洋一 ~詩は祈り~

older | 1 | .... | 21 | 22 | (Page 23) | 24 | 25 | .... | 62 | newer

    0 0

    「小林さんのライヴは、涙活(るいかつ)です
    泣かせてナンボと思って下さい
    逆に、泣かせられなければ
    そのライヴは失敗と思った方がいいです」


    ・・・あなた、初対面の割には云うじゃない~。

    正直、その時は ちょっと


    「カチン」


    と来ました。

    でも今は・・・


    「面白いことを云ってもらったな」


    と思っています。


    それにしても


    ”涙活 ”


    なんて言葉、僕はその時 初めて聞きました。


    私共のライヴでは、勿論 常連のお客様もお越しになられますが

    毎回、殆どのお客様が入れ替わります。

    そのような中で、ライヴが始まってから間もなく

    結構な割合のお客様が、泣き始めるのです。



    「僕の歌が、そんなに感動的で涙を誘うのでしょうか?」


    ・・・哀しいかな、違うと思います。

    と、完全否定してしまっても情けなくなるので


    「ほんのちょっとは、あるかな?」


    くらいに、ここではちょっと大目に自分を観ておきます(汗)


    ただ、それより何より


    ”泣きたがっている ”


    のです。


    「隙あらば泣きたい」


    顕在的にも潜在的にも


    「自分が泣くことを赦してあげたい」


    そんな風に感じている方が沢山おられるのです。

    されど、日常の中では

    中々、そうすることが儘ならないことでしょう。


    ”そんな弱い自分を変えたい ”


    とか


    ”もっと頑張らなきゃ ”


    とか


    ”自分がシッカリしなきゃ家族を守れない ”


    とか


    ”本当は、これから先 自分がどうなってしまうのか考えると
    怖くて淋しくて仕方がない”


    とか・・・






    ”自分にしか解らない孤独 ”


    を抱えて生きているのです。

    でも皆


    「解って欲しい」


    のです。

    それと同時に、そんな自分を


    ”解放したい ”


    ”リリースしたい ”


    のです。

    故に


    ”涙活 ”


    なんて言葉が生まれるのです。


    ・・・僕は


    ”人が人を変えよう ”


    なんて、おこがましい。

    それは、思い上がりだと思っています。


    ”変わらなければならないものならば
    大いなる力に導かれて勝手に変わる ”


    のだと思っています。

    故に、私共のライヴにお越し下さっても

    人生が変わったりはしません。

    ・・・ただ


    「あなたが涙と共に、今までずっと一人で頑張って抱え続けて来た
    背負い続けて来た心の荷物を下ろすことが出来たなら」


    あなたの中に本来、備わっていた


    ”神の DNA ”


    にスイッチが入り


    ”あなたは、真実のあなた ”


    を生き始めることでしょう。

    そう・・・


    ”変わらなければならないものならば
    大いなる力に導かれて勝手に変わる ”


    のです。

    だって、あなたは それほどの光を宿した


    ”気高く愛に満ちた魂 ”


    なのですから。


    どうぞ、その涙と共に


    ”いつも頑張っている、頑張り過ぎている あなた ”


    をリリース(解放)しに、いらして下さい。


    ”私たちが決して逃げずに、自らの孤独を想う時
    全人類の孤独は必ず繋がる ”


    そう信じて止みません。


    「あなたのご来場、心より お待ち致しております」

    ライヴのご予約はこちら


    無限なる感謝を込めて



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ”泣きのツボを確認し合える ”


    つまりは、このポイントが

    婚活への壁を大きく飛び越える要素となり得るということ。


    ・・・って、何の話か?と云えば


    ”最近の婚活パーティーでは涙活を巧みに採り入れている ”


    というお話。

    ある日のパーティーでは

    次のようなプログラムのもとに進んでいったそうな。


    ① 噺家さんの泣ける話を聴く

    ② プロデューサーさんが集めた選りすぐりの泣ける動画を観る

    ③ シンガーソングライターさんの唄う
      泣ける歌のライヴを聴く


    そして皆さん、想い想いに心行くまで泣いた後

    予め渡されていたシートに


    ”何が一番泣けたか ”


    を書いて、泣人(なこうど、と読むそうです)さんに渡すそうな。

    で、その後、皆さん泣き終わった


    ”そのままの素顔で ”


    トークタイムに突入するらしいのです。

    つまりは、この時既に


    ”普段なら固く覆っている殻 ”


    を互いに外した状態で会話が始められるわけです。

    このメリットは大きいでしょうね。

    また、予め記入しておいた


    ”何が一番泣けたかシート ”


    をもとに


    ”互いの泣きのツボを確認し合える ”


    わけですから、従来の婚活パーティーより


    ”相性を確認しやすい ”


    わけです。

    このような点が功を奏し

    結婚へと至る確率がアップしているようです。


    ”涙活から婚活、そして結婚へ ”


    というわけですね。


    ・・・でも、だからと云ってですね

    当たり前ですが、私共のライヴで これはやりません。

    やりませんが


    ”涙活から婚活、そして結婚へ ”


    という、この一連の流れに導いて頂けたなら

    どんなに素晴らしいだろうと思うのです。


    ・・・ちょっと話は逸れますが、1998年か99年頃

    僕は初めて


    ”フラワーエッセンス ”


    というものと出合いました。

    フラワーエッセンスとは、一言で云ってしまえば


    ”花の持つエネルギーや情報を水に転写した波動水 ”


    です。

    それぞれの花(花以外のものもあります)や

    それを転写させる人により

    そのエネルギーやメッセージは様々なのですが

    僕は、その時ある一本のボトルに導かれるように

    それを手にしていたのです。

    そこには、こう記されていました。


    ”スピリチュアル・マリッジ ”


    フィンドホーンというところのエッセンスなのですが

    直訳すれば


    ”霊的な結婚 ”


    ということになります。



    閑話休題。


    ・・・結局、何が云いたいのかというと


    ”真実の結婚 ”


    とは


    ”霊的な結婚 ”


    を意味するのだと思うのです。

    この世では、男と女が出逢って籍を入れれば結婚ですが

    僕は、その前に


    ”結婚とは、自分自身とするもの ”


    だと思うのです。


    ”業(ごう / あらゆる苦しみ、否定的な想念)
    の部分を切り捨てるのではなく
    己の本体・本心に気付くことにより、両者が統合される ”


    つまりは、それが


    ”スピリチュアル・マリッジ / 霊的な結婚 ”


    なのだと思うのです。

    でも、そうなるにはまず

    その本体・本心に圧し掛かっている


    ”心の荷物 (苦しみ)”


    を一旦下ろさないことには

    本心を観つめることなんて出来ませんよね。


    ”だから我慢しないで泣いちゃって下さい ”


    なのです。

    きっと、思う存分納得行くまで泣けたなら


    ”あなたの中に内在する大いなる力が
    あなたをあなたの本体・本心へと導く ”


    はずです。

    そして、スピリチュアル・マリッジ。


    ”あなたはあなたの本体・本心と統合される ”


    はずです。



    あなたは今まで

    頑張って頑張って頑張り続けて来ました。

    そして今この瞬間も、頑張っていますね。

    ・・・なのに、中々そこに気付いてはもらえません。

    そんな時、あなたは きっと

    余りの淋しさに押し潰されそうになることでしょう。


    「よく頑張ったね」


    「偉いね」


    「ありがとう」


    「いつもご苦労様」


    この一言で、どれだけ報われるか知れないのに。


    ”もし、あなたが我慢しているのなら
    どうぞ、泣きにいらして下さい ”


    そのための


    ”涙活ライヴ ”


    です。


    あなたのご来場、心より お待ち致しております。

    涙活ライヴのご予約はこちら
    (現在、若干名の余裕がございます)




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    Q 「なぜ入場料が無料なのですか?」

    A 私共は ”世界人類が平和でありますように”と、いつ如何なる時も願い続けております。そして、この祈り事をより多くの方にお届けしたいとの想いでライヴを続けております。そのような中で、日々様々なことに我慢することを余儀なくされている方が沢山おられることを知り、ライヴ中に心行くまで泣かれることで、最後はスッキリされてお帰りになられるお客様の姿を目の当たりにして来ました。ほんの一時でも、この涙活ライヴで涙と共に心の荷物を下ろして頂けたら幸いです。そのような経緯から、どなた様でもお越しになりやすいように入場料を無料とさせて頂いております。



    Q 「宗教に勧誘されませんか?」

    A ”世界人類が平和でありますように”という言葉が人によっては宗教を連想させてしまうようですが、これはただ単に私共の”切なる願い”であり、当方は如何なる組織・団体にも属してはおりません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「無理にCDや物などを買わされませんか?」

    A そのようなことは決してございません。CDに関しては、是非 欲しいと思われた方だけがご購入下さっております。CD以外に販売している物はございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「ライヴはいつ開催されるのですか?」

    A 不定期の開催となります。最新のライヴ情報は こちら に掲載いたしております。



    Q「まだ行けるか分かりませんが、予約出来ますか?」

    A もし当日ご都合によりキャンセルとなっても、キャンセル料等は一切掛かりません。どうぞ、ご安心してご予約下さい。



    Q 「初めてですが、私でも予約して大丈夫ですか?」

    A 私共のライヴにお越し下さるお客様のほとんどは”アメブロ”からのお客様です。そして毎回、初めての方が多いです。所謂”いつも同じ顔ぶれで、身内同士で盛り上がっている”というようなことはございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「駅から会場までたどり着けるか心配です。」

    A 今まで実際、迷われた方は居られましたが、辿り着けなかったという方の例はございません。恐れ入りますが、もし迷われた際は会場までお電話下されば幸いです。



    Q 「開始時刻に間に合わないかもしれません。」

    A 会場をお借りしている時間の都合上、定刻通りスタートさせて頂きますが、勿論、途中入場も出来ますので、どうぞ気兼ねなくいつでもお越し下さい。



    Q「ライヴ中に体調が悪くなるかもしれません。」

    A 会場には、常時スタッフが在中しておりますので、そのような場合は、どうぞご遠慮無くお知らせ下さい。



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】




    上記以外のご質問は、こちらからお問い合わせ下さい

    アメブロをお持ちで無い方はこちらから



    「約束」 作詩作曲:小林洋一


    0 0

    プロポーズの場所・・・

    それは、横浜。




    ・・・今を遡ること7年前の冬。

    それはそれは、とっても寒い夜のことでした。

    当時の僕は、主にライヴハウスで歌を唄っていて

    その夜は、地元柏市の隣に位置する

    松戸市でライヴがありました。

    その日は僕のワンマンライヴ。

    されど当時は、昼間の仕事が終わってから

    夜ライヴに駆けつける、というのが常でしたので

    その日も当然の如く、ライヴハウス到着後

    すぐに唄い始める、という感じで

    これまた、いつもの如く

    リハーサルなんて、やっている時間はありません。


    「よぅ、お疲れ~、用意出来たらいつでもいいよ
    お客さん来てっから」


    地下への階段を急いで降りて

    いつもの重い扉を開けると

    そんな馴染みの店長の声。

    薄暗い店内に目を凝らすと

    カウンター脇の席にポツンと一人だけ

    その人は座っていました。


    ・・・ワンマンライヴなのに、お客様が一人だけ?


    当時の僕のライヴでは、然して珍しいことではありません。

    兎に角、時間がないので

    その、たった一人だけのお客様に軽く会釈を済ませると

    僕は、そのままステージに向かいケースからギターを取り出し

    おもむろに唄い始めました。

    通常のレギュラー・ライヴなら、持ち時間は45分。
    (いつも軽く1時間は唄っていましたが 汗)

    でも、その日はワンマンだったので

    2時間は唄ったでしょうか。


    ~お前のもとに今、帰ろうとして
    今夜、俺は旅を始める
    クリスマスツリーに明かりが灯り
    みんなの笑い声が聞こえる頃
    安奈、お前に会いたい~


    ”甲斐バンドの安奈 ”


    珍しく、こんな歌もカバーして唄った気がします。


    ~寒い夜だった、辛く哀しい
    ひとりきりの長い夜だった~


    ・・・そう、寒い夜だったのです。

    店内には、その方と店長と僕の3人だけ。

    そんな夜だったのです。


    「・・・あの方は、何処のどなたなんだろう?」


    唄いながらも、幾度となく頭を過っていたこの疑問。

    ライヴ終了後、僕は その方にお礼を済ませるやいなや訊ねてみました。


    「どちらから、お越しになられたのですか?
    あ、差し支えなければで結構ですので」


    「横浜からです」


    「え~、そんな遠くから!」


    「はい、ずっと小林さんのライヴを聴いてみたかったので」


    「あの~、もしかしてアメブロからのお客様ですか?」


    「はい、そうです」


    見るからに お若いその方は

    聞けば、社会人1年生とのこと。

    その夜は、時間の許す限り

    いろいろとお話しさせて頂きました。


    その当時 僕は、様々な場所でライヴを演っておりました。

    東京、埼玉、千葉、栃木・・・

    その後も有り難いことに、その方はその都度

    ライヴに足を運んで下さるようになったのです。

    でも・・・

    2,3年前くらいからでしょうか

    その方は、めっきり

    ライヴに姿を見せて下さることは無くなりました。

    ブログの更新も途絶えたままです。


    ところが・・・


    今年4月のライヴの際


    「お久しぶりです、ライヴの予約をお願いします」


    とのメッセージが、その方から届きました。


    ・・・ビックリしましたね~。

    でも、ビックリするのは その後なのです。

    何故なら、そのメッセージには

    このようにも記されていたからです。


    「この度、結婚することになりました
    当日は、彼女と二人でお伺いします」


    ・・・ここまで読んで下さった方の中には

    もしかしたら、僕とカミさんの馴れ初め話

    と思って読み進めて下さった方も居られたでしょうか?

    だとしたら、僕はお詫びをせねばなりません。


    「紛らわしい書き方をしてしまい
    申し訳ございません」


    僕は当時、既に結婚しておりましたので(汗)


    でもね、ここからが本題

    実に感動的なお話なのです。


    そのメッセージには、こうも綴られていました。


    「当日、出来ることならば
    祈り ”と ”オリオン ”をリクエストしたいのですが
    唄って頂けますか?
    この2曲は、彼女も大好きな曲で
    プロポーズする際、僕に力を貸してくれた曲なのです」


    祈り ”と ”オリオン ”の2曲は

    僕の3枚目のアルバムに収録されている曲です。

    ・・・自分で云うのも何ですが

    彼は、本当に僕の曲を熱心に聴いて下さる方で

    過去3枚のアルバムを全て購入して下さったことは勿論

    その後も同じアルバムを何枚も購入して

    お友達やご両親、親類の方にまで

    プレゼントなさっておられたのです。

    ・・・まぁ、それはさて置き。


    ここで気になるのは、この2曲が


    ”プロポーズする際、僕に力を貸してくれた曲なのです ”


    という件です。

    ・・・一体、何が力を貸してくれたのか?

    僕は、思い切って訊ねてみました。

    すると、このような答えが

    彼から返信されて来たのです。


    ~それは、去年のクリスマス・イヴのことです。

    僕は、彼女と二人で

    横浜のマリンタワーに行きました。

    プロポーズをするなら

    そこで夜景を観ながら、と決めていたからです。

    でも、中々勇気が出ません。

    僕は その日、小林さんの CD をポケットに忍ばせていました。

    だから、勇気を貸してもらえるように、と

    マリンタワーの方にお願いして

    祈り」と「オリオン」を BGM でかけてもらったのです。

    そしてその中で、僕は彼女にプロポーズをし

    指輪を渡すことが出来ました~


    と、このような内容のことが書かれていたのです。


    僕の肉体は、勿論その場に立ち会ったわけではありませんが

    彼の人生に於いての

    恐らく一世一代の大舞台の瞬間に

    僕の曲たちを立ち会わせて頂けたということが

    光栄至極なことであり

    何より、彼の幸せが嬉しい限りでした。

    そして、それと同時に


    「マリンタワーって、そんなサービスもやってるんだ!」


    という事実に驚かされました。


    今年4月のライヴ、1曲目は


    祈り


    彼からのリクエスト曲です。


    「彼女をビックリさせたい」


    とのことでしたので


    ”何故、この歌を選んだか? ”


    そこには触れずに唄わせて頂きました。



    ・・・当ブログ ~詩は祈り~ を開設して

    足掛け8年になります。

    その間に、本当に様々な素晴らしき出会いがありました。

    この出来事も、その中の一つ。

    ブログを続けていると

    こんな素敵な出来事もあるのですね。


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    既に満員御礼とさせて頂いておりました

    9月26日(日) 14時~ のライヴですが

    先日、お客様からキャンセルのご連絡がございましたので

    現在、定員に空きがございます。


    「迷っていたら満員になっちゃった~」


    または


    「つい最近知ったから遅かったぁ」


    というような方が居られましたら

    どうぞ、今一度ご検討下さいませ。


    『皆様のお越し、心よりお待ち致しております!!』

    涙活ライヴのご予約はこちら


    無限なる感謝を込めて





    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    キャンセルに伴います

    お客様の再募集をさせて頂きましたところ

    大変有り難いことに

    沢山の方々からのご予約を賜りましたので

    定員数を20名様から30名様に変更させて頂きました。

    つきましては

    もう若干名様の募集をさせて頂きたく存じます。

    どうぞ宜しくお願い致します。


    ※尚、当日はライヴ会場特価にて、CDの販売をさせて頂きます。

    涙活ライヴの詳細 ご予約はこちら


    無限なる感謝を込めて





    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「創世生」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「あっ、この香り・・・」


    毎年この時期

    初めて この香りにめぐり会う瞬間のトキメキは

    まるで、故郷に残した恋人からの便りを受け取った時のよう。

    そう、昨日 今年初めての金木犀の香りが

    僕のもとに届きました。


    さて、明日はレコーディング後半です。

    ということで、昨日は動画を録って来ました。

    ・・・って、意味が解りませんよね(汗)

    つまりは、こういうことなのです。


    今回の NEW アルバムには、歌詩カードの他に


    ”ライナーノート ”
    (このアルバムへの想いを私本人が執筆)

    が付属します。

    そのライナーノート最後の部分に

    今回録った動画の URL を掲載致します。

    で、この動画は


    ”限定公開 ”
    (URLを知っている方のみ視聴できる動画)


    になります。

    ・・・結局どういうことかと申しますと


    ”今回の NEW アルバムには
    限定公開動画の特典が付く ”


    ということなのです。

    そして、この動画で唄われている曲は


    ”今後ライヴで唄うことのない歌 ”


    になります。



    使用ギターは、ギブソン J-160E 。

    倍音豊かで華やかな響きのマーティンとは正反対の

    貧相で粗い音がストローク弾きで目茶目茶映えています。


    ”Fasting Song ”


    の動画と同様、車の中での撮影ですので

    歌声もよりリアルで、生々しい感じに仕上がっております。


    ↑ 限定公開動画の画像


    ということで



    「乞うご期待です!!」





    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「Fasting Song」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    レコーディングが終わった打ち上げ、ではないけど

    今日は 久々に、カミさんと二人で近所の公園へ

    パンを食べに行って来ました。

    珈琲は、家から水筒に入れて

    パンは、公園の横にある

    お気に入りのパン屋さんで調達し

    いつものように


    「ボサ~」


    っとしながら、レコーディングまでの道のりを

    レコーディング当日の出来事を

    また、これからのライヴのことなどを

    パンを食べながら、ずっと話していました。



    レコーディング後半は、前半同様ほぼ一発

    ファーストテイクで OK でした。

    ・・・ただ、時折 声がデカ過ぎて

    録音レベルを振り切ってしまったので

    2回目を録って聴き比べ、良い方を選んだという感じ。

    前半同様、今回もカミさんは歌詩を見ながら


    ”一言半句、唄い違いをした箇所が無いか?”


    をチェックしていました。

    因みに僕は、レコーディングであれライヴであれ

    一切、歌詩を見ながら唄うということをしません。

    ・・・ということは


    ”僕は本番に強いのでしょうか? ”


    「強いといえば強い、弱いといえば弱い」


    です。


    「絶対、上手くやるんだ!」


    「必ずライヴを成功させるんだ!」


    「絶対、いいアルバムを創るんだ!」


    「必ず、いい曲を創るんだ!」


    ・・・正直 僕は


    ”このような僕を、あまり信用していません ”


    毎度くどいようですが


    「自分が!自分が!」


    という、自分がの


    ”が ”は、= ”我 ”であり


    今までの音楽生活の中で

    嫌というほど、足元をすくわれて来ました。


    ”我の想い ”


    で行動して、上手く行った例がありません。

    そして、それと同時に僕は

    ライヴとかレコーディングだとかが


    「正直云って、重過ぎる」


    のです。

    このことは、過去記事にも書きました。

    されど僕は、そのことが返って

    僕自身には幸いしていると感じています。

    だって・・・


    「あとは、お任せするしかない」


    のですから。


    ”何に? ”


    ・・・毎度同じことを申しますが


    「宇宙に、神に」


    この絶対の存在には


    ”我は存在しないんですもの ”


    故に


    ”お任せ出来れば、必ず上手く行く ”


    のです。

    練習も大切ですし、納得行くまで遣りますが

    それに比べれば、気休め程度かもしれません。


    レコーディングやライヴだけに限らず

    僕の人生に於ける全ては


    ”大いなる力にお任せ出来れば全て OK ”


    なのだと感じます。

    それには


    ”日々、どれだけ精神をクリアーに導いて頂けるか ”


    それだけのような気がします。


    勿論、応援して下さる皆様や

    いつも蔭になって支え続けてくれる

    カミさんの働きあってのことは云うまでもなく。


    「皆様のお蔭で、無事レコーディングが終了致しました。
    その無限なる お力添えに心より感謝致しております!!」


    ”どうも有り難うございました!!”


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「プレゼント」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ・・・何処へ行くかって?

    何も僕は、ライヴ後のお客様の動向を

    逐一 追跡調査してるわけじゃありませんが(汗)


    アメブロを初めて7年と数カ月

    その時から


    ”お越し下さるお客様の9割はアメブロガー ”


    という状況の中で

    後日、お客様から頂いたご報告を振り返ってみるに

    ある一つの特徴が見えて参りました。

    ということで本日は


    ”ライヴ終了後、お客様よ何処へ行く?”


    と題してお贈り致したく存じます。

    ・・・と云いましても

    本日は、その中でも最も多い例を一つだけ。

    皆さん、何だと思われますか?


    ”お家へ帰る ”


    以外でです(汗)

    実は、以下のようなことなのです。



    「ライヴを聴いた後、どうしても自分も唄いたくなって
    その足でカラオケに行っちゃいました!」


    と、このようなお客様が多いのです。

    それは所謂 ”ヒトカラ ”であったり

    または、ご家族で行かれたりと千差万別のようですが

    中には・・・


    「ライヴ会場で仲良くなった方と帰りの路線が同じだったので
    一緒にカラオケに行って熱唱して来ました!」


    なんて方々も、それなりにいらっしゃいます。

    そしてその中には


    ”今でも、その仲が続いている ”


    という方も居られるようですよ。


    ・・・因みに僕は、前回の名古屋ライヴ終了後は

    お腹が空いていたので、最初のパーキングで


    ”きしめん ”


    を食べようと楽しみにしていたのですが

    大の甘党の僕は、その時真っ先に目に入った


    ”丸太のように太い生クリームてんこ盛りのクレープ ”
    (嘗て、生クリームはバスタブ一杯分食べたい、と
    変な喩えをしていた芸能人がいましたが
    その気持ちは、よく解ります)


    を先に食べてしまい、その後気持ち悪くなって

    あれほど楽しみにしていた きしめんが

    麺類の中で最も好きな きしめんが

    平べったい麺は他にもあるが

    あの食感と喉越しに勝るものがあるのか?

    というくらい好きな きしめんが

    平べったい、という意味では

    山梨名物 ”ほうとう ”も大好きだが

    それを上回るくらい好きな きしめんが

     
    ”ライヴ終了後に食べられなかった ”


    という断腸の思いを未だに引きずっているので


    「今夜は、きしめん!!」


    です~。

    ・・・と申しましても

    名古屋にいるわけではありません。


    以上、お客様のことではなく

    己の欲望で〆てしまいましたが(汗)


    ”ライヴ終了後、お客様よ何処へ行く?”


    の、第一回を終了させて頂きたく存じます。

    ・・・第二回はあるのか?(汗)




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「Fasting Song」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ~失うことを恐れることなく

    輝いてた日々を今は忘れて

    高く高く信じるままに

    秋の空のように

    誇りある道を歩いてく

    どんな時も

    やがていつか

    ひとりだけになってしまうとしても~


    ・・・ずっとずっと大好きだったこの歌。

    冒頭に挙げた、この言葉たちは


    ”小田和正さんの 風のように ”


    という歌の一節。


    本当に、ずっと好きだった歌なのですが

    僕には唄うことが出来ませんでした。

    彼が紡ぎ唄う、この詩の心境があまりに高過ぎて

    それ故に、美し過ぎて

    僕は、その聖域に触れることさえ出来ませんでした。


    されど、今年 1月1日の初日と共に

    ある重大な決断に踏み切れたことを境に

    長年、唄えなかったこの歌が唄えるようになりました。

    この歌の


    ”真意 ”


    が解ったからです。

    すると、そこからまた新たに

    僕を取り巻く世界が急展開し始めました。


    今 僕は、子供の頃から夢見た音楽の世界で

    ギリギリだけど

    何とか生活が成り立つ状況になりました。

    これも ひとえに

    CD をご購入下さった皆様のお蔭です。

    ライヴに足を運んで下さった皆様のお蔭です。

    ブログを通し、応援下さった皆様のお蔭です。

    そして、いつもいつの時も

    蔭に徹してサポートし続けてくれるカミさんのお蔭です。


    CD が売れない、と云われるこの世の中で

    お蔭様で現在、2ndアルバム

    ”SOLD OUT ”

    となっております。


    1stアルバムに於いては

    現在 ”残り 1枚 ”

    という状況です。


    そしてなんと!3rdアルバムは、現在 Amazon にて

    一時的に ”大幅割引 ”

    販売中です!


    このような状況を与えて頂けたのは

    本当に本当に、いつもお世話になっている皆様のお蔭と

    深く深く感謝している次第です。


    『皆様、いつも心より有り難うございます』


    どうぞ今後共、宜しくお願い致します。


    無限なる感謝を込めて


    小林洋一




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ”FM 水まんじゅう ”


    をお聴きの皆様


    「おはようございます!」


    朝っぱらからお腹が空いている

    パーソナリティーの小林洋一です。


    だってね、毎度唐突に話し始めますけど

    僕 昨日の晩御飯は、なしだったんですよ。

    本当に


    ”梨 ”


    だけだったんです。

    というのも、先日買って来た今が旬の


    ”新高っていう品種の梨 ”
    (何となく、この新高という梨
    僕が子供の頃ポピュラーだった
    長十郎という梨に似ていて、甘くて食感がバリバリです
    長十郎をご存知の方は、きっと昭和40年代生まれか
    もっと先輩の方でしょう、どうでもいいかもしれませんが 汗)


    「子供の頭くらいデッカイんだもの~」


    お腹一杯になっちゃいましたよ。

    因みに、ここ千葉県は

    日本一の梨の生産地だからねぇ。

    でも、だからってわけじゃないけど

    アメブロのプロフィール欄の


    ”嫌いな食べ物は?”


    のところに


    ”なし ”


    と書いたとしても、それは僕の場合


    ”果物の梨じゃありませんよ ”


    そして、ここからが大事な部分

    所謂、本題なんですけど


    「もう、明日のライヴの席は ”無し ”ですか?」


    という


    ”ラジオネーム・長十郎さん ”


    からの お便りですが


    「とんでもありません
    譬え あなたが長十郎さんという”梨 ”であったとしても
    席は ”有り ”ですよ!」


    (お借りして来ました 汗)

    実は、予てよりご予約頂いていたお客様が

    事情により、お越しになれなくなりましたので


    ”このラジオで、若干名様の募集をさせて頂きたいのです ”


    「流石に、もう今からじゃ無理だろうなぁ~」


    とか


    「行きたいけど、ギリギリにならないと判んない」


    とか


    「予約も何も、今知ったんだから!」


    とか


    「当日の状況が変わって、行けるんだけど大丈夫かなぁ」


    とか・・・

    兎に角


    ”まだ間に合いますので
    ご予約お待ち致しておりま~す!!”

    涙活ライヴの詳細 ご予約はこちら

    それじゃあね、ここで明日ライヴだという

    僕と同姓同名の小林洋一さんの曲で


    約束


    行ってみましょう~!


    「では皆さん、今日も元気に行ってらっしゃい!!」





    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ・・・その男性は、僕等の前に立ちつくし

    人目もはばからず泣き始めました。

    当ブログの読者となって下さっておられる方の中には

    ご記憶にある方も居られるかと存じますが

    9月10日に掲載済みの

    プロポーズ、そして結婚へ

    という記事の中に登場した男性です。

    彼は、20代のシステム・エンジニア。

    予てより仕事の忙しかった彼は

    ここ近年、それに輪をかけて忙しさが増し

    日々残業に次ぐ残業、寝る間も無く働き続ける中で

    ここ数カ月は、一日の休みも無いと云います。

    真さに、会社に忙殺され兼ねない状況の中で

    この日、彼には会社から呼び出しが来ていたようです。

    それでも彼は、ライヴを選んで下さいました。

    もうギリギリ、限界を超えていたのでしょう。

    間もなく結婚を控えている彼の横には

    しきりに目をやりながら気遣う恋人の方が

    しっかりと彼の手を握っていました。

    だからこそ彼は、そんな彼女を守るために

    歯を食い縛って頑張っていたのでしょう。

    男とはいえ、彼だって泣きたかったのです。


    そして、もう一方。

    その女性は、ご自身でカフェを経営なさっておられます。

    そして夜間は、他にもう一つお仕事をされているようです。

    過去に幾つもの大病と入院手術を経験されて来た その女性は

    まだ十分に治り切らぬ そのお身体で

    随分と無理を重ねて来られたのでしょう。

    職場では、言葉の暴力のみならず

    実際に手をあげられたりもしていたようです。

    もう肉体面のダメージだけでは収まり切らず

    遂には、精神面にも支障を余儀なくされてしまいました。

    ”誰にも解ってもらえない ”

    そのような想いの中、ひとりぼっちで

    どれほどの夜を涙で濡らして来られたことでしょう。

    でも帰り際、その女性は

    「歌を聴かせて頂きながら
    今まで、どんな想いで主人が息子が、そして家族が
    私に相対してくれていたか・・・
    その気持ちが解りました」

    と泣きながら、何度もお礼の言葉を

    私共にお伝え下さいました。

    ・・・それは、あなたが日々

    ご主人やお子さん、ご家族を愛して来られた結果

    それ以外にありませんよね。


    「私、ここから歩いて10分の所に住んでるんです」

    そう話して下さった、その女性は

    これだけ近くに住んでいながら

    今まで、どうしてもタイミングが合わず

    ライヴにお越しになれなかったその悔しさを

    涙ながらに伝えて下さいました。

    続けてお話を伺うと、その方には

    現在24歳になる息子さんが居られるとのこと。

    そして、そのお子さんは

    もうずっと長い間、自閉症で

    部屋から一歩も出られない状態とのこと。

    ・・・ご心労は如何ばかりか。

    そのような中で、今度はご主人が体調を崩され

    近々手術をなさるとのこと。

    「私はこれから、一人の夜を耐えて行かなければなりません」

    そうお話して下さった彼女は、だからこそ

    これからのひとりぼっちの夜を乗り越えるために

    その孤独と闘うために

    「今日聴かせて頂いた曲が入っている CD が欲しい」

    と仰って下さいました。

    ・・・されど、残念ながらご用意出来なかったのです。

    何故なら それは、今度リリースされる

    NEW アルバムに収録されているから。

    それでも現在リリースされている

    全てのアルバムをご購入下さった その女性は

    「次回のライヴも必ず聴きに来ます!」

    との言葉をお伝え下さり

    お帰りの際には、最高の笑顔に戻られていました。


    今お話しさせて頂いた 3名のお客様の例は

    ライヴ終了後、ご挨拶の際での出来事です。

    ・・・きっと、泣き足りないのでしょう。

    それほどに皆さん、苛烈な日々を過ごしておられるのです。


    何度も申し上げますが、私共のライヴには

    肉体的にも精神的にも

    大変大きなダメージを受けた方が多くご来場なさいます。

    この日も・・・


    前夫から執拗に DV を受け続け

    何とか命からがら、その魔の手から

    逃れられたのはいいものの

    結果、PTSD を発症してしまい

    今、懸命にそれと闘いながら

    二人の幼いお子さんを育てているシングルマザーの方。

    ご自身の克服だけでも気が遠くなる想いの中で

    お子さんを抱えながらの現状は

    将来に、どれほどの不安を連想されているでしょうか。


    去年の 8月に心の病を発症された その男性は

    ”まさか自分が ”と、青天の霹靂だったようです。

    一家の大黒柱である彼が

    ある日突然、働けなくなってしまったこと・・・

    来る日も来る日も、そのような日々の連続の中で

    お子さんや奥様の姿を見ていることは

    どれだけ辛かったことでしょう。

    ライヴ終了後、涙ぐみながら話して下さった

    彼のその姿が、今も忘れられません。


    他にも様々な境遇の方が居られます。

    とてもここには書き切れません。


    そして、私共のライヴにお越し下さるお客様の

    もう一つの特徴なのですが

    それは ”プロのカウンセラー ”の方が

    毎回数名、ご来場下さるということ。

    この日も、4,5名のカウンセラーの方が

    それぞれ、ご来場下さいました。

    ・・・そもそも、カウンセラーという道を志され

    選ばれるということは、皆さん過去にそれぞれ

    心の問題に突き当たり

    それを克服された経緯があるものです。

    それ故に、同じ境遇の方の気持ちが解り

    クライアントさんの手助けが出来るのです。

    今回お越し下さったカウンセラーの方々も

    過去に、肉体的・精神的に

    かなり壮絶な苦痛との闘いを余儀なくされ

    それを克服されて来たご様子です。

    ご挨拶の際には、その温かさ

    そして、その懐の深さに

    私共は自然と包まれておりました。


    そのような方同士が一堂に会する私共のライヴです。

    自然な流れの中で、お互いに善きご縁が結ばれたら

    と思うこともしばしばだったりします。



    今回のライヴでも

    沢山の方々が泣いてお帰りになられました。

    ”もう、一曲目のイントロを弾いたと同時に ”

    というくらい。

    ・・・こう申し上げては何ですが

    お客様によっては、それよりも前

    ”少々、フライング気味なくらいに ”

    泣き始める方も居られました。


    ”果たして、これは何を意味するのか? ”


    最早、僕の歌がイイとか悪いとか

    そのような次元は

    とうに超えていると感じざるを得ないのです。


    『泣ける場所があるなら泣きたい』


    顕在的にも潜在的にも

    皆さん、それが本音なのかもしれません。

    それほどに苛烈で孤独で


    ”どんなに頑張ってみても報われない ”


    ”辛くて苦しい気持ちを解ってもらえない ”


    という軋轢の中で、日々を送っているのでしょう。

    ・・・貴重な休日を

    お家でゆっくりなさりたい気持ちを抑えてでも

    私共の涙活ライヴにお越し下さるのには

    そのような想いがあるのでしょう。

    故に・・・

    これは、ライヴ終了後


    ”必ずと云ってよいほど、訪れる瞬間 ”


    なのですが

    始めは、多少なりとも緊張の面持ちで

    ご来場下さったお客様が、お帰りの際には


    ”何か憑き物でも取れたかのように
    非常に清々しい笑顔でお帰りになられるのです ”


    そんな瞬間に何度も遭遇して参りました。

    故に私共は、そんな


    ”戦士の休息 ”


    をとられている皆様に


    ”少しでも泣き易い場 ”


    をご提供出来るような環境創りと

    エゴを超越した歌をお届け出来たらと思っております。



    【セットリスト・今回は全曲リクエストによるものです】
    1、プレゼント 2、僕の願い 
    3、世界人類が平和だりますように
    4、通過儀礼 5、約束 6、あなたに逢えてよかった
    7、おかげさまの涙

    さて今回もアメブロから、そしてそれ以外からも

    沢山の方々がご来場下さいました。

    僕が把握しているだけでも

    東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城

    そしてもっと遠方からは

    岐阜、大阪。

    その中でも岐阜からお越しのお客様は

    もう常連の粋です。

    もう頭が下がりっぱなしです。

    そのような中で今回は

    幼い頃に大きな交通事故に遭われ頭部を強打し

    大手術の末に無事生還なされ

    現在は、その為に生じてしまった

    様々な問題を克服なさろうと

    ”自転車レース ”というものに挑んでおられる

    ある女性の方もお越し下さいました。

    彼女は、ずっと電車に乗れずにいました。

    されど、私共のライヴにお越し下さるためには

    電車に乗らずにはお越しになれないのです。

    でも彼女は見事、その難関を突破しました。

    ・・・どれほど恐かったことでしょう。

    私共のライヴには、そのような想いをしてまでも

    お越し下さる方が居られるのです。

    幾ら感謝しても足りない想いです。


    『皆様、心より有り難うございます!!』


    そして今回もブログを通し、実に沢山の方々が

    応援のメッセージを下さいました。

    また、ご自身のブログにて

    僕等のライヴのインフォメーションをして下さった方々

    CD販売に関する記事をアップして下さった方々

    動画を貼り付けて記事をアップして下さった方々等

    ライヴには行けないから、と

    CDをご購入下さった方々。

    CDを聴いて、その曲についての感想

    聴いて下さった方の”想い”を綴って下さった方々。

    いつも「いいね」を下さる方々。

    弛みない「ぺた」を下さる方々。

    当ブログ「詩は祈り」に訪れて下さった全ての方々。

    それはそれは沢山の方々が

    僕等のライヴを蔭から支えて下さいました。


    また今回は、お仕事や体調不良により

    急遽、お越しになれなくなったお客様が多数おられました。

    その後、お加減は如何でしょうか・・・

    ご縁がある者同士は

    必ず逢わずにはおれないことになっております。

    どうぞ、これに懲りずに

    またのご予約を、心よりお待ち致しております!!


    『皆様、心より有り難うございます』


    そして毎回、命を削るが如く

    頑張ってくれるカミさんに

    その無私の精神に、無限なる感謝を込めて。




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「自分は、こうありたい」


    と、そこにしがみ付くのではなく


    「お客様が、多少なりとも僕の歌に
    望んで下さるものがあるなら
    僕は、それにお応えしながら唄って行こう」


    そのように決断出来てからというもの

    私共のライヴは、急激に変わって行きました。


    僕の音楽活動の始まりは

    ハードロックバンドのギタリストというもの。

    そこから徐々に、ヴォーカルへと移行し

    それなりに他のジャンルのバンドを経て

    弾き語りへと転向しました。

    ・・・今思えば、はじめはライヴをしながら


    「自分の魂は ROCK だ!」


    とでも云わんばかりに

    大したこともないギター・テクを見せつけるような

    そんなライヴをしながら

    自ら悦に入っていたように思います。

    でも、30歳を過ぎた辺りからでしょうか

    そのような音楽表現に疲れを感じ始めたのは。

    やがて、それが臨界点に達した時

    僕は、ライヴハウスという場を離れていました。

    そして、ガットギターの柔らかい響きに救われるように

    アコギからガットに持ち替え

    カミさんと二人、現在のような形で

    小さなホールを借りて

    ワンマンでライヴをするようになりました。

    2012年のことです。


    ・・・するとどうでしょう。

    元々、私共のライヴには、そのような傾向がありましたが

    心身に問題を抱えた方々が、ライヴを重ねる毎に

    多くご来場下さるようになって行ったのです。

    また、それに伴って


    ”ライヴで泣くことでスッキリされるお客様 ”


    が、そこかしこで見られるようになって行ったのです。

    ・・・これとて、元々あった傾向ではありましたが

    ライヴハウスで唄っていた頃の比ではありません。




    「・・・僕の歌に ROCK は求められていない」


    勿論、これは極論です。

    ロックな曲、ファンクっぽい曲

    フュージョンテイストな16ビートの曲・・・

    これらの曲調のものを好んで下さる方もおられます。

    されど、圧倒的に私共のライヴ、或は CD の中で

    気に入って下さるもの、求めて下さるものは


    ”優しいバラード ”


    なのです。

    また、こうして足掛け8年ブログを続ける中で

    日々ご訪問下さる方々のご意見と照らし合わせてみても

    圧倒的にバラードを好んで下さるようです。

    そして・・・


    ”ギターよりヴォーカル ”


    ”詩やメロディーもいいけど、それより声 ”


    というように、好んで下さるものとのコントラストが

    非常にハッキリしているのです。


    ”僕の歌に ROCK は求められていない ”


    ・・・不思議なもので、そう感じれば感じるほど

    また演りたくなったりするものです。

    ロックに疲れているとはいえ、僕は悩みました。

    拘りや自負もありましたから。

    でも、そのような中で

    とりあえず、ロックを封印してライヴを重ねて行くと

    お越し下さるお客様の傾向と反応が

    如実に変わって行ったのです。


    「自分がやりたいことをやるのではなく
    求められていることを、ただやっていればいいんだ」
    (※これは、あくまで僕個人の感じ方です)

    その時、僕の中から もう迷いは消えていました。

    それが私共の


    ”涙活ライヴのスタート ”


    です。



    つい先日のライヴも、その前の名古屋ライヴも

    全ての曲が、お客様からのリクエストという形で

    構成されたライヴでした。

    そのような中で、特に今回は


    ”1曲を抜かして全てがバラード ”


    というものでした。

    これもまた


    ”何が求められているか ”


    を如実に浮き彫りにするものでした。


    ・・・ただ、それとは別に


    リクエストを頂けるということは

    シンガーとして、この上もなく嬉しいことなのですが

    それは結果的に


    ”あるお客様のリクエストにはお応えして
    それ以外のお客様のリクエストにはお応え出来ない ”


    という矛盾が生じるということに気付きました。


    私共のライヴは、持ち時間が約1時間ほどです。

    僕の歌では5曲、多くてせいぜい6曲が限界です。

    ということは、それ以上リクエスト頂いた場合は

    お応え出来ない、ということになります。

    これには、どうしても不公平感が拭えません。

    先日のライヴでも、その前の名古屋ライヴでも

    やはり、そのような問題が生じました。

    色々考えた末、私共は一つの答えに至りました。


    ”今後のライヴに於いて
    リクエストを集うことはやめよう ”


    そして今後は


    ”より一層、お客様に泣いて頂きやすい環境と
    それに見合った、求められている音楽だけをご提供しよう ”


    今は、このように考えている次第です。


    『泣ける場所さえあれば泣きたい』


    私共は、そんなお客様のご要望にお応え出来る

    そんな


    ”涙活ライヴ ”


    を、より一層深めながら ご提供したい。

    そのような想いで

    今後もライヴに臨んで行く所存です。


    『皆様、どうぞ今後共よろしくお願い申し上げます』


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    僕は


    ”チョコフレーク ”






    ”リカちゃん人形 ”



    が発売された年に生まれました。


    僕は、車の大好きな子供でした。

    当時、最も好きだった車は


    ”フェアレディー Z 432 ”



    です。

    そんな子供ですから、小学生の頃に巻き起こった


    ”スーパーカー・ブーム ”



    に見事にはまり


    ”漫画、サーキットの狼 ”



    をバイブルのように愛している子供でした。

    故に、未だに僕の中の世界一の名車は


    ”フェラーリ512BB ”



    です。


    そして、その頃聴いた


    ”西城秀樹さんの 炎 ”



    が大好きになり、本気で西城秀樹さんになろうとし

    その後聴いた


    ”アリス の 涙の誓い ”



    でバンドを演るのが夢となり


    ”オフコースの音楽 ”



    に出会い、己の職業をミュージシャンに定めました。


    中学生になり、ロックに目覚めると


    ”TOTO のファーストアルバムでスティーヴ・ルカサーのギター ”





    を聴いて、ギタリストになると決め

    受験勉強の真っ只中


    ”グレコのレスポールカスタム ”



    を質流れのような店で手に入れ

    弾き始めました。


    高校生になり


    ”ジャパン・へヴィーメタル・ムーヴメント ”



    が巻き起こると、もう手が付けられなくなり

    金髪まがいの頭をした僕は


    「みっともないから昼間は外に出るな」


    的なことを親から云われ

    朝の弱い僕は、これ幸いと朝寝に耽り

    夜になると徘徊するという

    不健康極まりない人間と化するのです。


    ところが、そのような中


    ”1986年、チェルノブイリ原発事故 ”


    が発生し、僕の中の世界観が崩壊します。


    ”広瀬隆 著 の 危険な話 ”



    などを読み漁り、原子力というものについて

    初めて考え始め、大きな意味で

    平和について想いを巡らせ始めます。

    そして、その頃から僕は


    ”平和へのメッセージを音楽に乗せて伝える ”



    ということに、初めてフォーカスしたのだと思います。


    僕は、そんな


    ”1967年生まれ ”


    ”昭和42年生まれ ”





    ”48歳 ”


    です。


    『皆様、今後共どうぞ宜しくお願い致します』


    無限なる感謝を込めて

    小林洋一




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「小林君は、MC をもっと勉強した方がいいよねぇ
    他はいいから」


    「その歌と話のギャップは何なの?
    歌はいいから、話、何とかならないの?」


    僕のライヴにお越し下さった方なら既にお解りと思いますが


    ”僕は、ライヴの合間に話す MC トークが下手です ”


    実に、たどたどしく、ボソボソと話します。


    「話が苦手なら極力短く話すか、話さなきゃいいじゃん」


    ・・・仰る通りですよね。


    ”でも、それは無理なんです ”


    ”僕の話は、とっても長いのです ”


    バンドから弾き語りに転向したばかりの頃

    僕はライヴをする度に

    冒頭に挙げたようなことを、よく指摘されたものです。

    ・・・と申しますか

    指摘される前から自分でも判っておりました。


    ”自分はトークが下手なのだ ”


    ということは。

    故に悩みに悩み抜きました。

    始めはライヴで話すことを予め決めておき

    それを全てレポート用紙に書き出して暗記し

    鏡の前で不自然な笑顔を作りながら

    無理矢理 抑揚を付けながら練習しました。

    車の中でもお風呂の中でもトイレの中でも

    布団の中でも食事中でも仕事の合間でも

    兎に角、練習しました。

    噺家さんや漫才師の方、講演会などで引っ張りだこの


    ”所謂、話のプロ ”


    と呼ばれる方々のトークも随分と勉強したつもりでした。

    ・・・されど、その反応は?と云えば


    「上方の漫才師になれって云ってんじゃないんだから
    あれはないだろう ハハハ」


    もう僕は、お手上げでした。

    でも、そんな矢先のことです。


    ”あの一言 ”


    に出合ったのは。


    それは僕がまだ、東京でライヴをしてた

    20代後半の頃のことです。

    僕は いつものように、ライヴが終わると

    お越し下さったお客様と一緒に近くの居酒屋へ

    打ち上げに行きました。

    するとやっぱり


    ”あの話題 ”


    になるのです。


    「小林君は、MC をもっと勉強した方がいいよねぇ
    他は全部いいから」


    「私もそう思う」


    ・・・そうだよねぇ、そうだよねぇ
    話が上手い方が楽しいもんねぇ。


    その頃になるとショックではあるけど

    もう特別、驚いたりはしません。

    でも、そのような中、ある友達が

    このようなことを云ってくれたのです。


    「洋一は、あの話がいいんじゃん
    これで話が上手くなっちゃったら俺、もう聴きに来ないよ」


    ・・・嬉しいというより(勿論、目茶目茶 嬉しいのです)

    まず先に、ビックリしてしまいましたね。


    ”そんな風に感じてくれる人がいるんだ ”


    というのが正直なところです。

    何せ、初めてのことでしたから。


    それからです、僕が このたどたどしく

    ボソボソと話す話し方でも

    胸を張ってライヴに臨めるようになったのは。

    そして不思議なことに

    今では、こんなことを云ってくれる人もいるのです。


    「そのトークは、あなたの最大の武器だから
    絶対、変えちゃダメだよ」


    と。


    それが僕のカミさんです。



    ”幸せになりたかったら、まず あなたが変わることです ”


    ”あなたが変われば、愛されることなど簡単なことです ”


    ・・・間もなく世紀末という頃

    僕は、様々なセミナー、ワークショップの中で

    はたまた、アセンション、チャネリング

    ニューエイジ精神世界の書籍の中で

    声高に謳う このような言葉を沢山耳にし

    目にしたものです。

    されど、このような言葉に出合う度に


    ”胡散臭い ”


    と感じて来ました。

    何故なら、そこには必ず


    ”あなたが変われば ”


    という


    ”条件 ”


    が付随するからです。


    幸せになるにも、愛されるにも


    ”あるがまま ではダメ ”


    なのです。


    ”宇宙や神の懐って、そんなに狭くて浅いのか?”


    と疑問に思わずにはおれませんでした。

    ・・・だって


    「お前は泣き虫だから愛してあげない
    泣き虫をやめたら愛してあげる」


    なんて、そんなこと云うお母さんはいないでしょう?



    ~ただ、あるがままの自分を受け入れよう
    それは諦めることなんかじゃ決してないから~
    オリジナル曲・あるがままに


    自分でも受け入れ難い


    ”欠点と呼ばれる部分を持ったままで
    無条件で愛された時 ”


    僕等は初めて


    ”あるがままの自分を受け入れることが出来る ”


    のではないでしょうか。

    そしてそれ故に


    ”相手の あるがままの姿を愛することが出来る ”

    のではないでしょうか。


    ~自分を好きになれない心優しき友たちよ
    もう一歩も先へは進めないと思った時こそ僕等は耳を澄ませて
    命からの語り掛けを聴いてみる~
    オリジナル曲・あるがままに



    ・・・ところで、アメブロのプロフィール欄の


    ”ここだけの話 ”


    という欄に


    ”僕はトークが下手ですよ! ”


    と書いたことがあるのですが

    その瞬間から見事に


    ”ここだけの話ではなくなりました ”


    ・・・当たり前か(汗)




    ペタしてね


    【 小林洋一 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「プレゼント」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録









    0 0

    ・・・それが、もし


    ”包帯で ぐるぐる巻きだったなら ”


    人は同情してくれるのだろうか?

    はたまた


    ”見るからに血だらけ、痣だらけだったなら ”


    人は


    「大丈夫、どうしたの?」


    と声をかけてくれるのだろうか?


    ”心の病 ”


    は外からは観えない。

    故に、中々人からは同情されない。

    それどころか反対に


    ”怠けている ”


    と人の目には映りがちだ。


    「否、否、ちょっと待って下さい!」


    ”それはトンデモナイことです ”


    決して怠けているわけじゃないんだ。


    ”動きが速過ぎて止まって見える ”


    というやつなんだよ。


    「そんなことないだろう?
    現にただ座ってるだけじゃないか、寝てるだけじゃないか?」


    ・・・目いっぱい体を使って、よく働く人からは

    このように云われてしまいます。

    でもね、ただ黙って座ってるだけ

    寝てるだけに見えても


    「心の中では、瞬々刻々 生きるか死ぬかのせめぎ合いで
    観えない敵と闘っているんだよ
    命まで獲られそうな自分を必死で守ってるんだよ」


    そのエネルギーの消耗たるや

    健康な人の比ではないかもしれないね。


    「動きが速すぎるから止まって観えるだけなんだよ」


    そしてそれは何も、心の病を持った人だけではないよね。


    ”外から見れば一見、何の障害も無さそうでも
    大変な病気と闘っておられる人が居ます ”


    そして、そのような方も同じく


    「心の中では、瞬々刻々 生きるか死ぬかのせめぎ合いで
    観えない敵と闘っているんだよ
    命まで獲られそうな自分を必死で守ってるんだよ」



    私共のライヴには

    このように日々を送っておられる方が

    沢山、お越しになります。

    記事を拝見させて頂き、ライヴで歌を聴いて頂き

    ご入場時ご退場時に


    ”ほんの束の間のお話 ”


    ”ほんの束の間の心の交流 ”


    をさせて頂いているに過ぎない関係かもしれませんが

    私共からすれば、それはそれは


    ”この上なく濃密な時間 ”


    そして


    ”お付き合い ”


    なのです。



    「何故、涙活ライヴなるものをやっているのですか?」


    時折、このようなご質問を賜ることがあります。

    それはまず、嘗て僕自身が心の病で苦しんだ経緯があるから。

    そして・・・


    ”今も、誰よりも辛く苦しい状況の中で
    闘い続けている人を識っているから ”


    です。


    ~どれほど命を削ったら君を守れるだろう
    泣きじゃくる君を抱きしめてるだけで
    両手はもう ふさがってる~
    【オリジナル曲・憂いの かたわらに たたずむ人 より】


    僕は、いつもいつの時にも その人の


    ”憂いの かたわらに たたずむ人 ”


    ”憂いの かたわらに よりそう人 ”


    でありたいと決めたのです。

    故に僕は、強くなるより


    ”優しくありたい ”


    と願ったのです。
    (強さと優しさは表裏一体、同じです)

    そして同じように僕は

    歌を聴いて下さる人、ライヴにお越し下さる人の

    憂いの傍らに佇み、寄り添うことが出来たなら

    もうそれで本望なのです。

    それが私共にとっての


    ”最後のご奉公 ”


    だと思っております。


    「皆様の天命が完うされますように」


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「離れてしまっても心は ひとつだよね
    僕達は幾つも時代、いくつもの輪廻の中で
    いつだって、こう誓って来たものね」


    「オレンジに空が染まる頃、私は その光の粒子となって
    必ず あなたに逢いに来る、だから心は夕焼けても
    決して黄昏たりなんかしないよ」



    時が止まりそうなほど美しい夕陽を観た時

    あなたが その感動を真っ先に伝えたい人は誰ですか?


    雨上がりに出合った大きな虹の奇跡を

    あなたが真っ先に伝えたい人は誰ですか?


    ~たとえば、それがとても些細な喜びでも
    誰よりも一番に伝えたいのは君なんだよ~
    オリジナル曲・約束 より】


    お蔭様をもちまして

    YOU TUBE にアップしている動画


    【約束】


    の再生回数が


    ”40,000 回 ”


    を突破致しました。


    この ”約束 ”は、当ブログを日々訪れて下さる方が


    今でも


    「一番好き!」


    と仰って下さる歌です。


    ・・・それは一体、何故なのでしょうか?


    ~必ず見つけるからと約束した時
    僕等が決めた目印は哀しみだったね~
    ~眼下に青い地球を望んで舞い降りてから
    互いの半分を探す旅が始まったのだろう~
    オリジナル曲・HALF より】


    僕等がまだ、この地球に誕生する前

    今まさに、誕生しようとする前の ほんの束の間


    「必ず私を見つけて」


    「必ず あなたを見つけるから」


    眼下に青い地球を望みながら

    あなたには、このように ”約束 ”した相手が居たはずです。


    時が止まりそうなほど美しい夕陽を観た時

    あなたが その感動を真っ先に伝えたい人は誰ですか?


    雨上がりに出合った大きな虹の奇跡を

    あなたが真っ先に伝えたい人は誰ですか?


    その人とは、もうめぐり逢っていますか?

    その人は今も、あなたの近くにいますか?


    幾つもの時代を超えて、幾つもの輪廻を超えて

    誰もが必ずめぐり逢うことを約束をしている相手がいます。


    「たとえ、どんなに離れてしまっても
    心は ひとつだよね」


    と誓い合った人がいます。


    ”ツイン・ソウル ”


    と呼ばれる魂です。


    勿論、あなたにもいます。


    この ”約束 ”は


    ”誰もが、そのこと、その存在を
    心の奥底で識っている ”


    からこそ、今でも皆さんが


    『一番好き』


    と仰って下さるのだと感じます。


    ”この 約束 は、あなたの物語 ”

    なのです。


    『皆様、心より有り難うございます』


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「約束」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ・・・愛して愛して、尚 愛しても

    それでも全く相手に通じない時

    それどころか、全身全霊をかけて愛した相手から


    「こうなったのは全部、お前のせいなんだよ!」
    (・・・尤も、このような言葉は本心からのものではありません
    解っていても、その言葉を選ぶしか選択肢がないのですから)

    なんて、あまりにも心無い言葉を浴びせかけられたら

    あなたなら、どうしますか?


    ・・・夕食作りのキッチンの片隅で

    はたまた、夜、布団を頭からすっぽりと被って

    声を殺して泣いたこと数知れず・・・


    そんな方、この記事を読んで下さっている方の中にも

    きっと居られることと思います。


    『報われない』


    それが正直な気持ちかもしれませんね。


    ~苦しいんだよね、どうしようもないんだよね
    誰もわかってくれない、でも僕にはわかるよ
    淋しいんだよね、どうしようもないんだよね
    君もひとりぼっちかい?
    僕もひとりぼっちさ
    【オリジナル曲・僕の願い より】


    でも、それでも

    愛して愛して、尚 愛するしかないんです。

    大袈裟でもなんでもなく


    ”命がけで愛するしかないんです ”


    そして、いつも決まって、その扉が開く時は


    ”闇が最も極まった時 ”


    辛いかな、苦しいかな


    ”その時 ”


    は、その最後の1秒まで訪れてはくれません。


    それは、並大抵の苦しさではないでしょう。

    故に、諦めてしまったとしても

    誰も、その人を責められません。

    ・・・ただ

    あなたにとって、その方が


    ”愛するに値する人 ”


    であるなら、今一度、愛することを選んでみませんか?

    くどいようですが


    ”愛する人がいなければ、愛される人はいない ”


    のです。


    ・・・願わくば


    ”まず、愛することの出来る、あなたから ”


    愛を伝えて下さい。



    最後に、全身全霊で愛することを選んだ

    今真さに選ぼうとしている


    ”気高き愛の魂の皆様へ ”


    ずっと僕が心の支えにし続けている

    この詩を捧げます。



    【愛することは】


    愛することが哀しい時があっても

    友よ 愛しつづけてゆかなければいけない

    あなたの愛がたとえ地上に燃える 焔(ほのお)であっても

    神はあなたの愛が天上界のものであることを知っている

    愛は神のみ心そして地上の光明

    愛することは深い喜び

    愛することは深い哀しみ

    この世のいのちの流れの中で

    縁(えにし)美しく花開くは

    人と人との愛の交わり


    国と国とが愛し合えない非哀の時代にあっても

    せめて人と人とは愛し合わなければいけない

    人はみな神のいのちに分れ

    本来一つのもの

    私とあなたは一つのいのち

    私たちの愛の心が

    光明となって国に充つる時

    それは世界の平和を導き出してゆくことになるのだ


    友よ

    愛して心哀しい時があっても

    愛しつづけていなければいけない

    その愛はやがて

    輝かな喜びとなってあなたにかえってくるに違いない

    神があなたを愛していてくださるように

    あなたの愛も相手を柔かく包んでいるに違いないのだから


    【五井昌久 詩集 『いのり』 より】


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ・・・それは


    ”ゲストブック = 通称ゲスブ ”


    という機能が無くなる時も同じでした。


    「淋しいなぁ・・・」



    当ブログは、現在で7年半ほど運営させて頂いているのですが

    大体、時を同じくしてアメブロを始められた方は

    この、ゲスブの存在を知っておられることと思います。


    「コメントをさせて頂くほどの時間はないけど
    ペタだけ残させて頂くには淋し過ぎる」


    そのような時、現在で云えば


    ”プロフィール・ページ ”


    にあたるページ内に、記事コメントより入力文字数は少ないけど


    ”訪問させて頂いた証としての一言 ”


    を残すことの出来るメッセージ機能が存在したのです。

    もう彼是、6年くらい前に廃止になったのですが。

    なのに来月・・・


    「今度はペタ機能まで廃止になるというではないですか!」


    ・・・何だか、どんどん人と人との繋がりが

    希薄になるようで淋しいですね。

    でも、それより


    毎日毎日、来る日も来る日も

    7年半、弛み無くペタをさせて頂いていると

    実に様々な想いが蘇って参ります。

    そして、毎日毎日、来る日も来る日も

    7年半、弛み無くペタを下さった皆様へ

    最早、言葉では足りないほどの

    感謝の想いが溢れて参ります。


    『7年半という、実に長きに亘りペタを下さった皆様
    心より心より、有り難うございます』



    ”ペタが終了する ”


    という報を受けてからというもの

    暫し茫然自失でフリーズしていた時期もありましたが


    ”絶対他力 ”


    を常として参りました当ブログとしましては

    それを前向きに受け入れるより他ありません。

    つまり、それは


    ”ペタ ”から ”いいね ”


    に移行するということになると思います。

    ・・・ただ

    そこには少々、問題が無いわけではありません。


    僕はスマホを持ってはおりませんが

    パソコンはあります。

    故に「いいね!」が出来るのですが

    所謂ガラケーで記事を書かれていた方は

    今後どうすればいいのでしょうか・・・


    また、ペタ終了後は「いいね!」

    を使って交流させて頂きたいと存じますが

    ペタの時のような頻度で伺う事は難しくなりそうです。


    そこで考えました。

    現在 皆様のブログへは、ペタ帳の履歴から

    日々、訪問させて頂いております。

    しかし今後は「いいね!」の履歴から伺う事となりますので

    真に勝手ながら「いいね!」を残して下さると

    また伺えるので嬉しく思います。

    ペタの時の様な頻度で「いいね!」を付ける事は難しいですが

    今後も変わりなく、皆様の記事を楽しみに

    訪問・閲覧させて頂けたら幸いに存じます。


    『皆様、今後共どうぞ変わらぬご愛顧
    宜しくお願い申し上げます』


    ここで、相も変わらずの手前味噌で恐縮ですが

    当ブログ ~詩は祈り~ に張り付けてある動画より

    この一節を皆様にお贈りしたく存じます。


    ~離れてしまっても 心はひとつだよね~
    【オリジナル曲 ・約束 より】


    これは長きに亘り、皆様と真心の交流をさせて頂いた中で

    改めて感じさせて頂いた想いと見事に重なる一節なのです。


    ”この世界で時空を超越するものは人の心だけ ”


    それを私共は、ブログを通して

    また、ライヴを通して

    全国津々浦々の皆様と繋いで頂けたことで

    全国津々浦々の皆様がライヴにお越し下さったことで

    教えて頂いた気がしてなりません。


    『皆様、本当に今まで有り難うございました』


    これからも、いつまでも、ずっとずっと

    皆様のご武運・ご多幸

    そして、その天命が完うされることを

    心より、お祈りしております。


    無限なる感謝を込めて

    小林洋一
      



    追伸

    只今 NEW アルバムを制作中ですが

    完成後、amazon にて販売を開始する前に

    先行販売会を開催出来たらと考えております。

    つきましては その際


    ”同時にライヴが出来ないだろうか?”


    とも考えております。

    このことに関しましては、ハッキリしたことが決まり次第

    再度、インフォメーションさせて頂きたく存じます。

    どうぞ、宜しくお願い致します。




    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「約束」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    夢、とか、希望、とか、勇気、とか

    はたまた

    輝こう、とか、頑張ろう、とか・・・

    余りにも綺麗で真っ直ぐな言葉たちを

    奇を衒わずに表現しているものと出合ってしまうと


    「さむい」


    とか


    「恥ずかしい」


    とか

    そんな風に感じている自分に気付く時があります。

    そしてその後、決まってこう思うのです。


    「・・・随分と汚れたもんだなぁ」


    と。


    今回リリースする NEW アルバムには

    僕がまだ、10代だった頃の歌も収録されます。

    それはそれは、ひたむきでキラキラしていて


    ”我が心に一点の曇りもない歌 ”


    なのです。

    ただそれ故に、その表現を


    「陳腐だな」


    と思ってしまったり


    「恥ずかしい」


    と感じてしまったりして

    それこそ 20年も 30年も放置しっぱなしでした。

    アルバムを創る度に


    「この歌、すごく好きだから次のアルバムに入れてよ」


    と云って下さる方の

    この上無き有り難いお言葉にも聴こえない振りをして

    正面から見据えることを避けていたのです。


    「随分と汚れたんだなぁ」


    最も このように感じるのは僕の場合

    もしかしたら、歌と向き合う時なのかもしれません。


    音楽であれ、文学であれ、絵画であれ


    ”相手に伝わらない難解な表現 ”


    をしているだけなら、そこには


    ”愛はない ”


    と感じます。

    それは、ただ単に


    ”自我表現の満足のため ”


    の創作であり


    ”己の殻からは一歩も出ていない ”


    気がするのです。

    愛とは即ち


    ”互いの部屋から一歩出て、その「間」に創るもの ”


    だと思うのです。

    故に


    ”相手に解り易く表現する ”


    ということが「愛の基本」であり


    ”芸術とは人を愛に導くためにある ”


    と云われる所以だと思うのです。

    ・・・尤も、これは

    殊、芸術だけに限ることではありませんが。


    つまり


    夢、とか、希望、とか、勇気、とか

    はたまた

    輝こう、とか、頑張ろう、とか・・・

    綺麗で真っ直ぐな言葉たちに出合った時


    「さむい」


    とか


    「恥ずかしい」


    とか

    そんな風にしか感じることの出来ない己の心には

    既に愛は無く、それだけ汚れてしまっている

    そんな気がするのです。


    僕は今回のレコーディングに於いて

    改めて、そのことを痛感しました。



    ”汚れちまった哀しみに ”


    哀しいことも、嬉しいことも


    それそのものに


    ”良いも悪いもない ”


    と感じます。

    殊、スピリチュアルなことを好む方には兎角


    ”ポジティヴなものばかりを尊ぶ ”


    そんな風潮が目立ちますが

    哀しいも嬉しいも


    ”宇宙から観れば、どちらも同じ感情 ”


    なのです。

    故に


    ”哀しいことは、哀しんでこそ純粋 ”


    なのです。

    それを はじめから真っ直ぐに見ようとせず

    寄り添うことをせず、斜に構えることで

    馬鹿にすることで乗り越えてしまうと

    哀しみだって汚れてしまう気がするのです。


    ”己の魂の力で乗り越えること ”


    ”サムシング・グレイトと繋がることで乗り越えること ”


    僕等は皆、そのように乗り越えることが出来るのだと感じます。


    僕は今回、そのことを自分自身の歌で再認識することが出来

    また


    ”この歌 ”


    によっても、同様のことを感じました。


    この歌は、僕が昔から大好きな歌なのですが

    心が汚れてしまうと聴けなくなってしまう歌なのです。

    ただ、それとは別に、この歌は僕にとって


    ”たとえ言葉が解らなくとも素晴らしい歌 ”


    なのですが。


    では本日は最後に、一曲お届けします。


    この歌は確か 90年代に我が国の

    トレンディードラマの主題歌になったり

    ディズニー映画の主題歌にもなったので

    聴き憶えのある方も多いかと思います。

    ですが、この歌がリリースされたのは

    実は、80年代。


    ”僕の中の、洋楽史に残る名曲中の名曲 ”



    ダイアナ・ロス If We Hold On Together


    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







older | 1 | .... | 21 | 22 | (Page 23) | 24 | 25 | .... | 62 | newer