Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

小林洋一 ~詩は祈り~

older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21) | 22 | 23 | .... | 62 | newer

    0 0

    Q 「料金は本当に一切無料ですか?飲食代などは?」

    A 正真正銘の無料ライヴです、一切 料金は頂きません。また、会場が公共施設であるため、飲食物の販売はございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「宗教に勧誘されませんか?」

    A ”世界人類が平和でありますように”という言葉が人によっては宗教を連想させてしまうようですが、これはただ単に私共の”切なる願い”であり、当方は如何なる組織・団体にも属してはおりません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「無理にCDや物などを買わされませんか?」

    A そのようなことは決してございません。CDに関しては、是非 欲しいと思われた方だけがご購入下さっております。CD以外に販売している物はございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「ライヴはいつ開催されるのですか?」

    A 不定期の開催となります。最新のライヴ情報は こちら に掲載いたしております。



    Q 「いつも大体、どのくらいのお客さんが来てるのですか?」

    A その都度、ばらつきがありますが、平均して10数名の方がご来場下さっております。”100人、200人くらい来てるのかと思った”と仰って下さるお客様も居られますが、そのようなことはございません。会場は”小さいホール”という感じです。



    Q「まだ行けるか分かりませんが、予約出来ますか?」

    A 大歓迎です!是非ご予約下さい。もし当日、ご都合によりキャンセルとなっても、キャンセル料等は一切掛かりません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「初めてですが、私でも予約して大丈夫ですか?」

    A 私共のライヴにお越し下さるお客様のほとんどは”アメブロ”からのお客様です。そして毎回、初めての方が多いです。所謂”いつも同じ顔ぶれで、身内同士で盛り上がっている”というようなことはございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「ライヴハウスでのライヴは無いのですか?」

    A 私共も以前は、ライヴハウスにてライヴを行って参りましたが、実際にお越し下さったお客様からの”生の声”として”ライヴハウスは初めてで、来るのにかなり勇気が要りました”というものが多数ございました。また”もっと静かな環境でライヴを聴きたい”というご意見も。そのような経緯から現在では公共施設内の小さなホールをお借りしてライヴを行っている次第です。



    Q 「駅から会場までたどり着けるか心配です。」

    A 今まで実際、迷われた方は居られましたが、辿り着けなかったという方の例はございません。恐れ入りますが、もし迷われた際は速やかにこちらにお電話下されば幸いです。
    アミュゼ柏 04-7164-4552



    Q 「開始時刻に間に合わないかもしれません。」

    A 会場をお借りしている時間の都合上、定刻通りスタートさせて頂きますが、勿論、途中入場も出来ますので、どうぞ気兼ねなくいつでもお越し下さい。



    Q「ライヴ中に体調が悪くなるかもしれません。」

    A 会場には、常時スタッフが在中しておりますので、そのような場合は、どうぞご遠慮無くお知らせ下さい。



    Q 「ライヴ当日に予約は出来ますか?」

    A はい、大歓迎です!!是非ご予約下さい。お目にかかれる時を、心待ちにしております!



    Q 「お話が出来る時間はあるのですか?」

    A ライヴ終了後、約30分ほどの時間がございます。お急ぎでない方は、お時間の許す限り、ごゆっくりお過ごしになって下さい。



    「皆様のお越しを、心よりお待ち致しております!!」
    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】




    上記以外のご質問は、こちらからお問い合わせ下さい

    アメブロをお持ちで無い方はこちらから






    0 0

    僕が、最も沢山の人を前に唄った時の

    お客様の人数は、約 1万人。

    ・・・尤も これは、とても大きなイベント”祈りの祭典 ”に

    歌のゲストとして招いて頂いた時のことで

    当たり前で、僕のライヴではありません。


    「緊張したでしょう~?」


    って、その時 主催者の方やスタッフの方に訊かれたのですが

    意外と緊張しなかったのです。


    「それは何故か?」


    「キャパを超えてしまうから」


    なのです。


    皆さんは、このような話を聞いたことはありませんか?

    例えば、ある一軒のお屋敷に ”幽霊が出る ”

    という噂が立ったとします。

    そして、それを聞いた一人の子供が


    「みんなで見に行こう!」


    と提案します。

    ところが みんな ”幽霊なんていない ”と信じているのに

    恐がって、誰一人としてノッて来ません。

    その時、一人の子が言い出しっぺの子に こう質問します。


    「君は幽霊が恐くないの?」


    すると、言い出しっぺの子が こう答えます。


    「見たことがないのに恐がりようがないじゃないか?」


    ・・・同じなんです。

    ”1万人 ”という人数を体験したことの無い僕には

    ”緊張の仕方もわからなかった”のです。

    では・・・


    「シンガーとして、最も緊張する場面とは?」


    僕は ”即答 ”します。


    「たった一人の前で唄う時です」


    と。


    それが ”今回のライヴ ”だったのです。


    ・・・例えば、こういうことです。


    あなたがカラオケで、みんなの前で歌を唄う時と

    ”たった一人の恋人 ”を前に唄う時

    どちらが緊張しますか?

    たった一人を前に唄う時って

    その人の ”息遣い ”や ”鼓動 ”まで

    聴こえて来るようじゃないですか?


    ・・・ライヴが これに当てはまるわけではありませんが

    似てると思います。

    でもね、それは2曲目の途中まででした~。

    ご予約頂いていた、もう一人のお客様が

    無事、到着されたのです。


    ということで、今回のライヴは

    ”2名 ”の お客様のもと、開催されました。


    【セットリスト】
    1、あるがままに 2、神化の法則 
    3、世界人類が平和でありますように
    4、通り雨 5、残照 6、愛だけを見つめて 7、約束

    ”通り雨 ”は、ずっと都内でライヴを演っていた頃

    よく聴きに来てくれていたミュージシャンの友達が

    この曲を気に入ってくれていて

    直前に、こんなメールをくれたので唄ってみました。


    「今日は昼間だから仕事で行けないけど
    洋一の雨の名曲は何と言っても「通り雨」だよね
    今でも突然の雨に遭遇すると頭の中で勝手に曲が流れます」


    何年も会っていない友から

    突然、このようなメールが届くと胸が熱くなり

    当時の場面へとフラッシュバックします。

    そして今でも日々、彼の風景の中で

    この曲を育んでくれているような気がして

    有り難い想いでいっぱいになるのです。


    今回は、他にも沢山の方々からブログを通して


    「伺うことが出来ないのは残念ですが
    心は会場に行っています」


    というようなメッセージを頂いております。

    そういった真実の意味に於いては

    ”満員御礼 ” ”立ち見 OK でも間に合わない ”

    そんなライヴだったと感じております。

    ・・・だって ”皆さんの魂は大きく無限大 ”ですから!


    そして、ラストは ”約束 ”

    お蔭様で この曲は、国内ラジオ放送のみならず

    海外のラジオ放送でもオンエアして頂いた曲です。

    また、当ブログを訪れて下さった方が

    最も気に入って下さることの多い曲でもあり

    今まで本当に沢山の方々が

    この曲を、ご自身の記事にて採り上げて下さり

    動画を貼り付けてご紹介下さっています。

    その中でも この曲を ”アカペラ ”で唄い

    動画でアップして下さった方が、過去 2名ほど居られました。

    その内の お一人の方が、今回のライヴにお越し下さったので

    この日のラストに、この ”約束 ”を唄わせて頂きました。


    ~逢えない この淋しさの中でこそ多くを君と語ってる
    この祈りが届くようにと~


    ・・・ここ千葉県だけではなく

    今までライヴにお越し下さった皆さんの街へ

    メッセージにて、記事にて、応援下さった皆さんの街へ


    「今すぐにでも唄いに行きたい!」


    と、いつも思います。

    ・・・されど、今は それが叶いません。

    故に僕等は、ここ千葉県柏市から

    ~この祈りが届くように~と

    ”ライヴの中で唄いながら、皆さんと多くを語っています ”


    ライヴ終了後は、2人のお客様とカミさんと僕の4人で

    輪になっての談笑の時間となりました。

    これは、お客様が 2名という人数だったからこそ

    可能となったシチュエーションと云えるでしょう。

    ブログの中だけでは伺うことの出来ないお話しや

    ちょっとした笑い話などを交えながら

    あっという間の ひとときでした。


    東京からお越しの M 様。

    難病を抱えながらも、先月に引き続きライヴにお越し下さり

    心より、有り難うございました。

    一度、このような機会があれば、と思っておりましたので

    それが叶い、いろいろとお話を伺うことが出来

    大変嬉しく思いました。


    千葉県からお越しの Y 様。

    先月、先々月に引き続きライヴにお越し下さり

    心より、有り難うございました。

    やはり、ご病気を抱えながらのお越し

    でも、お目にかかる毎にお元気になられてるご様子

    嬉しく思っております。



    そして今回もブログを通し、実に沢山の方々が

    応援のメッセージを下さいました。

    また、ご自身のブログにて

    僕等のライヴのインフォメーションをして下さった方々

    CD販売に関する記事をアップして下さった方々

    動画を貼り付けて記事をアップして下さった方々等

    ライヴには行けないから、と

    CDをご購入下さった方々。

    CDを聴いて、その曲についての感想

    聴いて下さった方の”想い”を綴って下さった方々。

    いつも「いいね」を下さる方々。

    弛みない「ぺた」を下さる方々。

    当ブログ「詩は祈り」に訪れて下さった全ての方々。

    それはそれは沢山の方々が

    僕等のライヴを蔭から支えて下さいました。


    「いつの日か、必ず あなたの街へ!」


    ”時空を超越するものは、人の心だけ ”


    僕等は、この夢を抱きながら今日も唄い始めます。


    『皆様、心より有り難うございます』


    無限なる感謝を込めて



    そして、いつも共に孤独と闘っているカミさんに

    無限なる愛を込めて





    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 05/23/15--23:31:
  • ・・・死んではなりませぬ。

    死んだら「痛い」です。

    そして、死んだら「遺体」です。

    ・・・不謹慎かもしれませんが、本当です。

    ”人間の死亡率は 100% ”

    天命が完うされれば、嫌でもあちらへ逝くのです。

    焦らなくたって、誰にだって「その時」は やって来ます。


    ”命に勝るもの ”など、この世にありませんもの。



    「自分は、何のために生まれて来たのか?」


    人はたとえ この世に生まれては来ても

    この ”問い ”に辿り着かぬうちは

    ”命を得た ”ことにはならぬのではないだろうか?

    何故なら、この ”究極の問い ”こそが

    僕等にとって ”根 ”を成す部分と思うからだ。

    つまりは ”生命線 ”である。


    そして、この 問いは


    「もう一歩も先へは進めない・・・」


    このような逆境と共に ”内なる声 ”として

    僕等に語り掛けて来る。


    根の無い草に、果たして ”花 ”が咲くだろうか?

    根の無い樹に ”枝葉 ”が茂るだろうか?




    「人は、何のために生まれて来たのか?」


    質問者様

    もし、あなたが今 ”この問い ”に立っているのだとしたら

    ほんの少しでいいから、耳を傾けて下さいませんか?


    「必ず答えを見つけなければならない?」


    そんなことないと思うのです。

    この究極の問いに立ったならば

    人は既に 根無し草なんかじゃないと思うのです。

    だってもう 大地に根を張ったのですから。

    宙ぶらりん なんかじゃありません。

    だから、この問いを大切に大切に

    逆境ごと、その胸に抱えたままで

    毎日 繰り返し繰り返し

    ”水 ”をあげれば OK ではないでしょうか。

    だって ”根の無い草に花は咲かない ”のですから。


    ~自分を好きになれない、心優しき友たちよ~
    【オリジナル曲・あるがままに より】


    「いつの日か、あなた という大輪の花が咲きますように」


    ~そして今あなたから こぼれ落ちた涙が
    大地を伝い宙へ昇り雲となり
    再び雨となって あなたへと還る時
    懐かしく想い出し笑えますように
    そんな日が来ますように~
    【オリジナル曲・おかげさまの涙 より】


    「そんな日もあったね」


    と、笑えますように。


    世界人類が平和でありますように



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ・・・YOU TUBE って、アップされた動画が

    ものの見事に消されて行きますよね。

    まぁ、至極当然のことなのですが。

    とはいえ「聴きたくて聴きたくて、やっと見つけた!」

    そんなアーティストの動画が

    「翌日には消されて無くなってた」

    という瞬間は、かなり意気消沈します(涙)

    ということで、消えてしまう前に

    本日も記事の最後のところで

    「見つけたてホヤホヤの曲」をご紹介致したく思います。

    でもまぁ、僕 このレコード持ってるからいいけど・・・

    って、レコードプレイヤーなんて もうとっくに無いんだから

    やっぱり聴けないじゃん(涙)


    ということで、本日のお題は「レコード」

    その中でも Bサイド、つまり「B面」にスポットを当てます。

    ・・・この お題、もう何回目だっけ(汗)


    「レコードの B面」・・・

    この、あまりにも魅惑的で DEEP な世界は

    とてもとても、一記事の中では顕せないのですが

    強いて今「僕の中の B サイド・ライフ」を振り返れば

    この 2枚のアルバムに辿り着きます。

    まず1枚目は・・・



    THE ROLLING STONES / TATOO YOU・刺青の男

    これは、僕がリアルタイムで聴いた

    初めてのストーンズのアルバム。

    A面とB面で、見事にコントラストがハッキリした作品で

    A面のR&Rに対し、B面はピアノ中心のバラッド。

    で、勿論僕はB面派。

    中学時代、部活でクタクタになった夜の

    子守唄だったアルバム。


    そして、もう1枚が・・・



    JOE JACKSON / NIGHT & DAY

    このアルバムも、中学時代の僕の子守唄なのですが

    楽曲が、とってもお洒落で

    レコード盤もAサイドBサイドと表示されているのではなく

    「DAY SIDE」「NIGHT SIDE」という分け方がなされていました。


    これら 2枚のアルバムを含め

    洋楽のアルバムは「輸入盤で買う」というのが

    当時の僕の鉄則。

    そうすることで、国内盤より300円~500円くらい

    安く手に入れられたのです。

    ただ、その代わり、ジャケットも中身も

    国内盤より、ずっとお粗末でしたが(涙)

    でもね、このとってもファジーな感じと

    真空パックされたレコードジャケットのビニールを

    爪で開け放った瞬間の

    「あのツーンと来る特有の匂い」に

    僕は、マクドナルド・ハンバーガーや

    リーバイス501を はじめて知った時と同じく

    「強烈なアメリカ」を感じたんだなぁ。


    そして、このレコードは当然、直接聴くのではなく

    「カセットテープにダビングして」聴くのです。

    レコードとレコード針の劣化を防ぐためにね。

    ということで・・・

    ここで、もう一つの「Bサイド・ライフ」が登場します。

    「カセット・テープ」です。


    「46分テープ」に録音して、B面に まだ余裕があれば

    一番好きな曲を、今一度 入れたりして。

    或いは、無差別でもよし、テーマを決めるもよしで

    「自分の好きな曲だけを集めたオリジナルテープ」

    を作れるのもいいところでした。




    レコードからCDに移行した時

    僕は、とっても淋しかったことを憶えています。

    それは、ジャケットが小さくなったことも

    見開きジャケットが無くなってしまったことも

    音質に暖かみが無くなってしまったことも

    また、聴き始め聴き終わりの「儀式」

    が無くなってしまったことも

    淋しさの理由であることは確かですが

    一番の理由は何と云っても

    「B面が消えてしまったこと」と云えます。


    『A面からB面へ移る際の ひと呼吸』


    この、ひと呼吸、間、というものが失われたことは

    実に、このスピード社会を象徴している気がしませんか?

    ひと呼吸出来なければ、風穴が開かなければ

    僕等は窒息してしまいます。

    音も言葉も「間」で感じ、味わうものです。




    レコードには、LP盤 つまりアルバムと

    EP盤 つまりシングルがあります。

    シングル盤を「ドーナツ盤」なんて云い方もしました。

    それがCDに変わった時、シングルB面の曲は

    「カップリング曲」なんて云い方がなされました。


    「カップリング・・・何ですかぁ~?」


    って感じの僕なのですが(汗)

    本日ご紹介したい この曲もカップリング曲であり

    レコード時代ならば当然「B面」です。



    尤も僕 この曲は、このアルバムで聴いていたのですが。



    で、この達郎さんの「ONLY WITH YOU」ですが

    実にユニークなエピソードがあるので

    ここで、ご紹介しますね。

    達郎さんと云えば、知る人ぞ知る

    マニアックなレコード・コレクター。

    この時も、あるレコード店にて物色していたらしいのです。

    お目当ては「BRUCE & TERRY ( BRUCE JOHNSTON & TERRY MELCHER ) が

    1966年にリリースした「DON'T RUN AWAY」 というシングル盤。



    現在はCD化されているので 手軽に音を聴くことが出来ますが

    それまでは、ウン万円もするレア盤だったようです。

    で、それが遂に見付かった という瞬間

    タッチの差で、目の前で買われたしまったらしいのです。

    超落胆した達郎さんは

    「手に入らないんだったら自分で もっといい曲を創ろう」

    と思い直し、この「ONLY WITH YOU」を書いたとのこと。

    僕は両方聴いたけど、確かにソックリ(汗)

    でも僕は「ONLY WITH YOU」の方が遥かに好きだなぁ~。


    ・・・この曲には想い出があって

    もう好きで好きで、昔ライヴでカバーもしたんだけど

    同じ頃、夏休みを利用して東北から北陸

    日本一の夕陽が観たくて

    能登半島から佐渡ヶ島、福井まで

    車で一人旅に出掛けたことがあったのです。

    タバコと毛布とギターをバックシートに積んで
    (浜省さんの DADDY'S TOWN の歌詩と同じように)

    勿論、寝泊りは当時の愛車・スプリンターカリブの中。

    曲を創りながら、気が向けば路上ライヴも演りつつ。

    で、そんな旅の途中

    新潟県糸魚川の親不知に差し掛かった時

    ・・・日本海ひすいラインっていうのかなぁ?

    兎に角、凄く美しい海岸線を走りながら

    水面が黄金色に輝いた瞬間

    カーステから、この曲が流れたんだよね。

    故に今も、この曲を聴くと瞬時に「あの頃」へと

    フラッシュバックしてしまうんだなぁ。

    そして今も時折、明日のことなど考えずに

    あの時と同じように

    「バックミラーに映った夕陽を追いかけて」

    ステアリングを反対車線へと切りたくなったりするのです。

    そう、まるで「Bサイド」へ いざなわれるように。


    ということで「僕の中のBサイド・ライフ」

    名曲中の名曲は、この曲。

    ・・・達郎さんには申し訳ないけど

    暫く消されないで欲しいなぁ。



    山下達郎 - Only With You



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「この 6弦の野太さは何だ!」

    「のっけから、この単音カッティングの嵐は何だ!」

    「おまけに、単音ではなく
    イントロのマイナー 9th コードにヴィブラートをかけるなんて
    この玄人派だしのニクイ技は何だ!」


    ・・・と、挙げだしたらキリが無いほど

    突っ込みどころ満載のブッ飛びギターを弾きこなす彼女は

    まだ あどけない表情を隠せない

    ”22歳のブルーズ・ウーマン ”

    ちょっと前なら確実に

    「可愛い過ぎる ○○」

    という感じで採り上げられていたことでしょう。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ~彼女の名は ”Rei ”

    父親の仕事の都合で、ずっと海外で暮らしていたらしく

    幼い頃から、ブルーズに傾倒していたらしい~


    ・・・と、僕の持っている

    何処かのアコギ・マガジンに書いてありました。

    その時から

    「一度、聴いてみたいなぁ」

    と思っていたのです。

    そんな折、以前ずっと同じライヴハウスで

    ライヴを演っていた先輩のアーティストの方が

    ご自身のブログ記事にて

    彼女の動画をアップしているではないですか!

    早速 聴いてみたら

    ”想像を遥かに超越したギターと声のギャップ ”に

    久々に我が意識は ”遠~くへ行ってしまいました! ”

    ライヴが終わってシールド抜いて

    ステージから去るところなんて

    何とも”キョトン ”とした佇まいで

    「これが今、あの凄まじいギターを弾いてた娘なの?」

    と疑いたくなるほど

    僕は、その堂に入ったギタープレイとのギャップに

    ”痛快この上ない !”という感じでした。


    因みに、使っているギターは

    ”1950年代のギブソン LG ”に間違いないでしょう。

    ピックアップと後ろにあるアンプとの相性でしょうけど

    ”もの凄いドライヴ感 ”ではないでしょうか!


    当ブログをご覧下さっておられる方の中には

    きっと、ブルーズ、ブルーズロックが大好きな方

    そして、そんなギターを弾きつつ

    腕に覚えのある方もおられることでしょう。

    この動画をご覧になられたら

    きっと ”血が滾る ”のではないでしょうか?



    ・・・ところで

    毎日毎日、哀しいニュースが舞い込んで来ます。

    なのに、更に追い討ちをかけるように

    「これでもか!」とばかりに

    来る日も来る日も辛い事が襲い掛かって来る方もおります。

    そんな時・・・

    「明るい歌を聴いて元気出せよ!」

    なんて云われたって

    「無理に決まってるだろ!」

    と吐き捨てたくなる時もあるでしょう。

    故に僕は、そんな時 明るい歌は聴きません。


    そう、今日 僕の心の霧を祓ってくれたのは

    ”彼女のブルーズ ”だったのです。


    ・・・きっと、ジョニー・ウィンターも

    あちらの世界で終始ご満悦だろうなぁ。


    暫く、彼女のブルーズから目が離せません!



    【Rei】PLAYS... Johnny Winter / Illustrated Woman (Live)



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    SOLD OUT ・・・

    えごま油、ココナッツ・オイルの話じゃありません(汗)

    お蔭様をもちまして、現在 2枚目の CD が売り切れ

    SOLD OUT でございます!

    お買い求め下さった皆様


    「心より、有り難うございます!!」


    ということで本日は、この 2枚目の CD について

    少々、お話させて頂きたく思います。


    この 2枚目のアルバムは

    2000年 レコーディングの、2000年 リリース。

    彼是、15年前の音源です。

    収録曲も、アルバムに向けて書き下ろしたものや

    もう彼是、30年くらい前に書いたものなど

    様々な曲が織り込まれております。

    小林洋一 ~詩は祈り~

    ジャケットになっている

    「地球さん ありがとう」

    というイラストのようなものについて

    時折、ご質問を頂くことがありますが

    これは「地球世界感謝マンダラ」と云って

    直径 42センチ、2ミリ幅 105週の円の中に

    文字底辺を円中心に向かって

    自分の思い付く限りの

    「地球に対する感謝の言葉」

    を書き綴ったものです。

    例えば・・・

    ・水さん、ありがとう

    ・海さん、ありがとう

    ・山さん、ありがとう

    ・花さん、ありがとう

    ・食物さん、ありがとう

    などなど、自分が この地球で生き、生かされる中で

    日々、地球に感謝している言葉を文字に託し

    0.3ミリのカラーボールペンを使い分け

    イラスト風に描いてみたのです。

    つまり、言葉で絵を描いた、という感じです。

    描いている間は

    「呼吸へのフォーカスと感謝」を込めて

    息を止めながら描きます。

    因みに、1枚目のアルバムも書いている内容は違いますが

    同じようなコンセプトのもとに書いたマンダラです。

    小林洋一 ~詩は祈り~

    「これ、切り株ですか?」


    なんて時折、ご質問を頂くことがありますが(笑)


    さて、あと一週間ほどで

    ”上半期ラストのライヴ ”です!

    セットリストが、まだ2曲ほど決まってないのですが

    この 2枚目の中から選曲するか思案中です。

    ただ今回は、夏にライヴが出来ないため

    ”夏の曲 ”を前倒しで数曲、唄うつもりです。

    くどいようですが、上半期のラストライヴです。



    「お時間のある方は、是非 遊びにいらして下さい」


    皆様のお越しを、心よりお待ち致しております!!


    無限なる感謝を込めて



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    6月6日(土)

    アミュゼ柏でのライヴが

    上半期ラストライヴの筈でしたが

    アメブロにて、お付き合いをさせて頂いている

    ブロガーの方のご尽力により

    急遽 ”6月21日(日)の昼間 ”

    ”愛知県 名古屋市 ”でのライヴが決定致しました!!

    「こちらの方ではライヴ演らないのですか?」

    今まで、このような御問い合わせに対し

    断腸の想いでお断りするしかありませんでしたが

    東海・近畿・中国地方、その他の地域の皆様

    お時間がありましたら

    是非、名古屋でのライヴに遊びにいらして下さい。

    「皆様のお越しを、心よりお待ち致しております!!」

    尚、詳細は後日、改めてインフォメーションさせて頂きます。

    取り急ぎ、ご報告まで!!

    無限なる感謝を込めて






    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    お蔭様をもちまして

    2ndアルバムに続き、3rdアルバムも SOLD OUT !!

    小林洋一 ~詩は祈り~

    お買い求め下さいました皆様

    心より、有り難うございます!!


    この 3rdアルバムは、アメブロを始めた

    2008年にレコーディング・リリースしたものです。



    その時のレコーディング風景です。



    エンジニアの豊原さん。



    当時は、このポンコツ K-CAR に乗って、河川敷まで行き

    ライヴやレコーディングのリハをしていました。

    穿いているジーンズも、頑なにベルボトムでした。

    ・・・もう、とっくに穿いてないけど(汗)


    この 3rdアルバムも、2nd も 1st も

    大体 2時間くらいで一気にレコーディングしたのです。

    その中でも特に、この時のレコーディングは

    精も根も使い果たすが如き集中力で臨んだもので

    終了後、帰宅したら その場で倒れ込むように

    眠ってしまったことを憶えております。

    「一発録り」は、遣り直したりせぬからこそ一発録り。

    「一筆書き」は、途中で止めたりせぬからこそ一筆書き。

    同じようなものと心得ます。



    ・・・アメブロを始めて今月で丸 7年。

    この 3rdアルバムをレコーディング・リリースして同じく 7年。

    本当に、いろいろなことがあり

    ライヴを通して

    アメブロからのお客様が沢山お越し下さいました。

    沢山の沢山の出会いがありました。

    そして、私達は これからも

    「まだ見ぬ あなたを夢見て」

    また「今までご縁を頂いた方との再会を夢見て」

    ライヴ及びレコーディングに

    励んで行きたいと思っております。

    皆様、今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。


    無限なる感謝を込めて




    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 06/02/15--14:00: 君とスニーカーの頃
  • ~「今日で1年になるのよ」と
    君が嬉しそうに云った時
    「二人の歴史を見よう」と
    すり減らせた靴底を二人なぞったね~

    ~今も瞳を閉じれば 19の君と あの夏
    アルバムの中のジーンズも今は褪せたインディゴ~
    【オリジナル曲 / 君とスニーカーの頃】


    ・・・付き合って間もなく

    二人でお揃いのスニーカーを買ったんだ。

    それはそれは、お気に入りの一足で

    僕等は、何処に行く時にも それを履いていたね。

    そして、夏が終わる頃には もう

    「僕は、君でなければ」

    「君は、僕でなければ」と

    互いが互いを、そんな風に必要と感じてたんだ。

    そう、このスニーカーのようにね。



    冒頭に挙げたものは

    「君とスニーカーの頃」という

    オリジナル曲の一節。

    これも古い曲で、もう彼是 30年近く前に書いた曲。

    このくらい古くなると

    もう当時とは、気持ちに変化があったり

    作風が変わったりで

    ライヴでは唄わない曲が大半なんだけど

    何故か、この曲と もう1曲【宙の記憶】

    という曲だけは、唄っています。

    それはきっと・・・

    まだまだ幼い恋しか出来なかった頃の歌なれど

    直向に、一瞬のキラメキの中を

    生きていた頃の歌だからだと思います。




    ・・・僕は昔から

    「使って使って味が出るもの」

    「大事に使い込んで本物になるもの」

    そんなものが大好き。

    例えば、ギターであったり、ジーンズであったり

    革ジャンであったり、T シャツであったり

    ずっと今もお守りのように身に付けている

    ターコイズのバングルであったり

    そして、スニーカーであったり。





    で「何故、このような物が好きなのか?」


    それは、創り手側が それを手にした側に


    「最後に魂を入れるのは君だよ」

    「その物と付き合って、最終的に完成させるのは君だよ」


    と『委ねている部分』に

    もの凄く、ロマンを感じるからなのです。


    だって、僕の歌もそうだもの。

    例えば、冒頭に挙げた一節を

    あなたが読んで下さったとしたら

    きっと あなたはあなたの中の

    「恋の物語」へとフラッシュバックすることでしょう。

    そう、これは・・・

    「あなたの恋の物語」

    なのです。

    つまり、この「君とスニーカーの頃」は

    「あなたに聴いて頂いてはじめて、魂が入る」

    のです。

    「あなたに聴いて頂いてはじめて、本物になる」

    のです。

    歌とは、そういうものだと僕は思っています。


    この「君とスニーカーの頃」は季節ものです。

    故に、夏限定として唄っている歌です。

    今年は夏にライヴが出来ないため

    上半期最後の 6月6日のライヴでしか唄いません。

    ・・・一応、お断りしておきたく存じますが

    「虹とスニーカーの頃」ではありませんので

    もし当日、お越し下さった際

    「約束が違うじゃねーか!」

    と怒らないで下さいね(涙)


    『皆様のご来場、心よりお待ち致しております』


    無限なる感謝を込めて




    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ~あの夏の夕陽 想えば時間が止まる
    この胸は この心は だから たそがれたまま~
    【オリジナル曲 / たそがれ】

     
    ・・・あなたは

    ”人生を変えてしまうほど美しい夕陽 ”

    を観たことがあるでしょうか?

    僕は、あるんです。

    で、その時 想ったのです。

    夕陽が沈む頃を ”たそがれ時 ”なんて云うけど


    「こんなに美しいんじゃ、たそがれたままでもしょうがない」


    って。

    だって、あの夕陽を観た瞬間

    僕の中では、本当に時間が止まってしまったんだもの。


    ・・・夕陽は、その日一日を通して

    世界中の人々の喜びも哀しみも

    ”清濁併せ呑んだ末に生まれた色 ”だから

    あんなに深い色をしてるんだね。


    明後日 6月6日は、アミュゼ柏での

    上半期ラスト・ライヴです。

    冒頭に挙げた「たそがれ」も唄う予定です。

    「やがて訪れる たそがれ に想いを馳せながら
    皆さんの心の色 を重ねてみませんか?」


    『ご来場、心よりお待ち致しております』


    無限なる感謝を込めて

    【 6月6日 無料ライヴのご予約はこちら 】






    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 06/06/15--03:48: PR: ボルボ V50 CLASSIC
  • モダン・スカンジナビアン・デザインが際立つベストサイズ・エステート。

    0 0

    ・・・あの時は、考えてもみませんでした。

    私共のライヴが、このように様変わりするとは!



    この日、僕等は朝 9時から会場入りしておりました。

    新たなモニター・システムを導入するため。





    そして、ギターのピックアップを 2系統で出力するため。



    8時間通しの作業は、僕よりカミさんの方が

    疲労困憊したことと思います。

    毎回ライヴの度に、自らの壁を乗り越え

    本当に、よく頑張ってると感心します。


    それは、さて置き。

    今回のライヴでは 1曲を抜かし

    ”他は全てリクエスト曲 ”というライヴでした。

    そして何と、次回 名古屋でのライヴは

    ”全曲リクエスト曲 ”で構成されるライヴです。

    歌唄いにとって、ライヴ時にリクエストを頂き

    それにお応え出来るということは

    この上無き幸せなことです。


    「リクエスト下さった皆様、心より有り難うございます!!」


    で、そのような中で

    私共は最近 ”ある変化 ”に気付いたのです。

    それは・・・


    ”毎回、よりメッセージ色の強い
    バラード曲が大半で構成されるライヴに成りつつある ”


    ということ。

    そして、変化は もうひとつ・・・


    私共のライヴには予てより

    ”心や体に不調和を抱えておられるお客様 ”が比較的多く

    ご来場下さる傾向にありました。

    それが、殊今年に入り

    ライヴを再開した途端に、より顕著になって来たのです。

    勿論、その時々で人数は前後致しますが

    多い時で、約 9割のお客様が

    それら何らかの問題を抱えておられるお客様なのです。


    そのような中で

    ライブ時にリクエストを頂くことが増えはじめると同時に

    上記のような特色

    ”毎回、よりメッセージ色の強い
    バラード曲が大半で構成されるライヴに成りつつある ”

    が浮かび上がって参った次第なのです。

    ・・・今回は「夏にライヴが出来ない」と

    公言しておりましたためか、1曲を抜かし

    ”他は全て夏の曲 ”にリクエストが集中致しましたが。


    【セット・リスト】1、喜びの言葉を交わそう
    2、君とスニーカーの頃 3、たそがれ 4、銀紙の指輪
    5、宙(そら)の記憶 6、おかげさまの涙


    私共は嘗て、過去記事

    及び ”実際にあったライヴに関する Q&A ”の中で

    このように書かせて頂いたことがあります。


    Q 「ライヴハウスでのライヴは無いのですか?」

    A 私共も以前は、ライヴハウスにてライヴを行って参りましたが、実際にお越し下さったお客様からの”生の声”として”ライヴハウスは初めてで、来るのにかなり勇気が要りました”というものが多数ございました。また”もっと静かな環境でライヴを聴きたい”というご意見も。そのような経緯から現在では公共施設内の小さなホールをお借りしてライヴを行っている次第です。


    現在のようなスタイルで

    ライヴを行うようになったのが、2013年。

    ・・・あの時は、考えてもみませんでした。

    私共のライヴが、このように様変わりするとは!


    先程も触れましたが、私共のライヴには

    様々な境遇の方がお越し下さいます。

    心の不調和を持たれる方、身体の不調和を持たれる方

    或いは、お子様が何らかの障害をお持ちのご両親であったり

    また、難病で治療法すら見付かっていない方

    中には、行政や医療から見放された方もおられるのです。

    そのような、ただでさえ生きるだけで精一杯な中で

    ”観えない時間を沢山使って ”

    ライヴにお越し下さるのです。

    千葉県からは程遠い、愛知県から杖を突きながら

    お越し下さったお客様もおられました。

    もう本当に、感謝の言葉も見付かりません。


    そして今、私共は思うのです。


    「あの時、ライヴハウスを離れ
    自分たちだけでライヴを始めたのは間違いではなかった」


    と。


    ・・・実は僕、唄っている間は

    スポットライトの眩しさから

    お客様の様子は、ほぼ何も見えません。

    されど、大体の雰囲気は解ります。


    最近のライヴでは特に

    ”日常の中では出さない、出してはいけない
    と思っている感情をリリース(開放・解放)”

    しながら聴いて下さるお客様が多いです。


    それ故に思うのです。


    「ライヴハウスではなく、このようなホールに移って
    静かな環境でライヴをはじめたからこそ
    お客様が心の荷物を置いて、手放して聴いて下さるのだ」


    と。


    ・・・あの時は、考えてもみませんでした。

    私共のライヴが、このように様変わりするとは!


    されど、これが今

    僕等に訪れている ”流れ ”なのです。


    ”流れには乗ってみる ”


    僕等は これからも


    ”導かれるままに ”


    流されてみたく思います。



    さて、今回もアメブロから沢山のお客様がお越し下さいました。


    【千葉県からお越しの D 様】

    ライヴハウス出演時から、ここアミュゼでのライヴまで
    一貫してお越し下さった D 様。
    何と今は、お孫さんが居られるとのこと!
    「その若さと美しさの秘訣は?」とお訊きしたところ
    「孫と柴ワンコに夢中だからかも」というご回答を頂きました。
    次回は、もっと詳しくその辺りをご伝授下さい。
    心より、有り難うございました!!


    【千葉県からお越しの T 様】

    今回のライヴご予約・一番乗り
    真に有り難うございました!!
    そして「おかげさまの涙」のリクエストを賜り
    心より、有り難うございました!!
    この歌は、僕にとっても特別中の特別の歌で
    リクエスト頂けたことを光栄至極に感じております。
    お帰りの際、束の間でしたお話させて頂けて嬉しかったです。


    【千葉県からお越しの Y 様】

    「君とスニーカーの頃」「たそがれ」
    「銀紙の指輪」「宙の記憶」の、夏の歌 4曲
    リクエストを賜り、心より有り難うございました!!
    私共のライヴには、もう筋金入りの常連様の Y さん。
    Yさんより、これらのリクエストを頂くと
    「あぁ、夏が来たな~」と毎年思います。
    来年も是非、夏を呼び込んで下さいませ!!


    【千葉県からお越しの Y 様】

    お目にかかる度に、確実に元気になられている Y さん。
    いつもいろいろと、細やかなるお心遣いを賜り
    心より、有り難うございます!!
    あの時は、お訊きするのを忘れてしまったのですが
    最近はギターは弾かれているのでしょうか?
    オリジナル曲・題一号の完成が楽しみですね!!
    完成した暁には、是非動画でアップを!!


    【神奈川県からお越しの F 様】

    4月のライヴにお越し下さった H さんのお友達で
    その H さんからのご縁で
    私共のライヴにお越し下さった F さん。
    予め、CDをお買い求め下さり
    その上で、ライヴにお越し下さったとのこと
    大変嬉しく思っております。
    レオンラッセル、クラプトン、プロコルハルムなど
    そうそうたる顔ぶれのアーティストが好みとのこと。
    また、お話聞かせて下さい、心より、有り難うございました!!


    【東京都よりお越しの N 様】

    お仕事が終わって、お家でお酒を飲みながら
    歌を聴いて下さっているという N さん。
    そのお話、とっても嬉しかったです!!
    お帰りの際、ほんの束の間しかお話出来ませんでしたが
    記事にて書かれているようなお話など
    また、お聞かせ下されば幸いです。
    今回は、お目にかかれて光栄でした!!
    心より、有り難うございます!!


    【東京都よりお越しの C 様】

    4月のライヴにお越し頂いていながらも
    ご挨拶が出来ず終いだったこと
    ずっと気に掛かっておりましたが
    今回は、しっかりお目にかかることが出来
    束の間ではありましたが
    お話させて頂くことが叶い、大変嬉しく思っております。
    「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」
    やはり C さんは、イメージ通りの方でした!!
    心より、有り難うございました!!


    【埼玉県からお越しの S 様、東京都よりお越しの彼氏様】

    ライヴハウス出演時より、ご常連の S 様。
    そして、ここアミュゼにも何度かお越し下さった彼氏様。
    今回も非常に仲睦まじい お二人の佇まいに
    こちらまで「いい気分」になってしまいました!!
    Sさんの明るさと、彼氏さんのサポート振りが絶妙で
    いつお目にかかっても、こちらまで幸せになります。
    また、お二人で遊びにいらして下さいね!!
    心より、有り難うございます!!


    【?からお越しの U 様、お母様】

    この度は、体調が優れぬ中お越し下さり
    また、お仕事まで休ませてしまい
    何と申してよいやら、痛み入ります。
    でも本当に U さんの笑顔は元気そのもので
    体調が優れないなど、今でも?というくらい
    そのくらい、明るく朗らかな波動を感じました!!
    「宙の記憶」気に入って頂けて光栄です。
    そしてそれはきっと U さんが「木星」のような天命
    働きをされているからだと感じます。
    お目にかかれて光栄でした!!
    お母様にも、どうぞ宜しくお伝え下さい。
    U さんと繋げて下さった S さんに感謝です!!
    お越し下さり、心より有り難うございます!!


    【?からお越しの ? 様】

    このようにしか記すことが出来ず恐縮至極です。
    他のお客様とお話させて頂いている最中に
    その後ろから会釈をされてお帰りになられたお客様。
    ご挨拶も出来ずに大変失礼致しました。
    もし、またご縁を頂けたならば
    その時は是非、今回のご無礼と
    束の間でも、お話をさせて頂けたら幸いです。
    お越し下さり、心より有り難うございました!!


    そして今回もブログを通し、実に沢山の方々が

    応援のメッセージを下さいました。

    また、ご自身のブログにて

    僕等のライヴのインフォメーションをして下さった方々

    CD販売に関する記事をアップして下さった方々

    動画を貼り付けて記事をアップして下さった方々等

    ライヴには行けないから、と

    CDをご購入下さった方々。

    CDを聴いて、その曲についての感想

    聴いて下さった方の”想い”を綴って下さった方々。

    いつも「いいね」を下さる方々。

    弛みない「ぺた」を下さる方々。

    当ブログ「詩は祈り」に訪れて下さった全ての方々。

    それはそれは沢山の方々が

    僕等のライヴを蔭から支えて下さいました。


    「心は会場に飛んでいます!!」


    どれほど沢山の方が

    このようなメッセージを下さったことか!!


    そして本当に「皆さんが、ここにお越し下さっている」


    ということを感じるのです。

    でなければ、あんな風に唄えませんもの!!

    導いて貰えませんもの!!


    『皆様、心より有り難うございます』


    無限なる感謝を込めて



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    次回、6月21日(日)の

    ”名古屋市・音楽プラザ ”に於けるリハーサルは

    ”公開リハーサル ”という形になります。


    公開リハ・・・野外イベントなどでは

    必然的に、そのような形になりますが

    私共のワンマン・ライヴに於いては

    初めての試みとなります。


    ・・・と申しますか

    「公開せざるを得ない」

    というのが、正直なところです。


    つまり、どういうことかと申しますと

    会場である音楽プラザさんの設計上

    ステージ及び客席となるスペースが

    1階ロビーのようなスペースとなっているため

    何処にも仕切りが無いのです。

    なるべく判り易い画像をアップ致しますので

    ご覧になってみて下さい。



    判り難いかもしれませんが

    この画像の左右、両サイドには出入り口があり

    常に、人の往来が可能となっております。

    広々とした、明るいオープン・スペース

    という感じでしょうか。

    まだ伺ってはおりませんが

    とても開放的な、綺麗な空間という気が致します。


    ・・・公開リハ、何だか楽しみです!!



    そのような中で、13時~14時がリハーサル

    14時~15時がライヴ本番となっておりますが

    今回リクエスト頂いた曲を全て網羅した場合
    (勿論、全て演奏させて頂くのですが 笑)

    ”14時~15時の1時間では足りない ”のです。

    何故なら、ライヴ演奏の合間には

    僕の拙い、ぎこちないトークも含むからです(汗)


    ということから・・・

    ・・・大きな声では申し上げられませんが

    「本来、ライヴ本番で唄わせて頂く曲を
    リハの時間帯に前倒しで唄わせて頂くことになりそうです」

    ですので、まことに恐縮ですが

    リハ前半のサウンドチェックが終わり次第

    ”本番さながらに演奏を始めます ”ので

    「特に今回、リクエストを賜りましたお客様につきましては
    13時頃のご来場をお願いしたく思っております」


    では皆様、6月21日(日)

    名古屋市・音楽プラザにて お待ち致しております。

    「どうぞ、遊びにいらして下さい!!」


    無限なる感謝を込めて




    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「うわっ!何だこれ、コワ~」


    ・・・そう云いながらも、その店を後にした僕の手には

    ”これ ”が携えられていました。



    ”第 1 期 フリート・ウッド・マックの名盤 / イングリッシュ・ローズ ”

    1969年リリースの、日本デビュー盤です。

    後に ”サンタナ ”がカバーして大ヒットさせた

    ”ブラック・マジック・ウーマン ”の原曲が

    収録されたアルバムとしても有名。


    ね、恐いでしょう~?

    でもね、このアルバムは

    「ブリティッシュ・ブルースの真髄を識るなら
    このアルバムを聴かずして何とする!」

    というくらいの傑作なのですよ。

    ・・・ただ当時の僕には、何がイイのか

    さっぱり解りませんでしたね。


    ならば何故 買ったのか?


    ”ジャケ買い ”です。


    つまり、そのアーティストも曲も知らないのに

    ジャケットのインパクトだけで買ってしまったってこと。

    ・・・もし、これが CD だったら

    買わなかったんじゃないかなぁ~。

    当時、中古レコード屋を物色していると

    そんなことが度々あったものです。

    中学時代のお話です。


    因みに、この第 1 期 フリート・ウッド・マックの

    伝説のギタリスト ”ピーター・グリーン ”が弾いていた

    ”レスポール 1959年バースト ”は



    後に ”ゲイリー・ムーア ”の手に渡ったことで有名。



    で、更にその後 それを聞いた ”カルロス・サンタナ ”が

    地団駄を踏んで悔しがったという話は恐らく無名。


    以上、余談でした(汗)


    ・・・”イントロの超長いプログレ ”を

    無理矢理お聴かせしてしまったような

    そんなお話から始めてしまい恐縮ですが

    本題は ここから!

    今日のお題は ”CD ”です。

    たとえ小さくなっても、ジャケットがあるだけ

    今となっては有り難いことです。



    お蔭様をもちまして、ここのところ

    CD アルバムの ”SOLD OUT ”が続いております。


    「お買い求め下さった皆様、心より有り難うございます!」


    そのような中で最近

    このような ご質問を頂くことが多くなりました。


    「買いたいんだけど売り切れでした
    いつ入荷するのですか?」


    ”お問い合わせ下さった皆様、心より有り難うございます!”


    本日は、そのカラクリについて

    ご説明させて頂きたく存じます。

    つまりは、こういうことなのです。


    「常時、入荷はしておりますが
    予約注文を頂いたお客様を優先に発送させて頂いているため
    入荷即売り切れ、また、在庫品薄の状態が続いている次第です」


    ”ご迷惑をお掛け致しまして、まことに申し訳ございません ”

    小林洋一 ~詩は祈り~

    そして、理由は もうひとつ。


    「この CD は、CD ショップでは扱っておりません」


    ということからなのです。


    因みに次回 ”名古屋ライヴ ”に於きましては


    ”CD の販売が禁止 ”となっておりますので

    何卒、ご了承下さい。

    【 CDのご注文はこちらから 】


    以上、皆様の暖かいご支援により

    こうして本日も生かされております。


    「皆様、いつも心より有り難うございます!」


    ”今後共、どうぞ宜しくお願い致します ”


    無限なる感謝を込めて




    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「Fasting Song」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「・・・一体、この人は何なんだ!?」


    これが ”この方 ”を知った時の第一声

    ”僕等の偽らざる声 ”でした。

    その方は、愛知県にお住まいの ”ある詩人 ”の方のご友人で

    僕等は、その詩人の方と出会ったことを切欠に

    ”必然的に ”この方をも知ることとなったのです。


    ・・・彼等を、この映し世の言葉で云い顕せるのだとしたら

    一体、どのような言葉でなら相応しいのだろうか?


    「愛する者を守るために命を賭けて戦う戦士」


    ・・・何か、アニメのサブタイトルみたいになっちゃったけど

    これ以外、どうしても見付からないんだなぁ・・・

    だって彼等は「本物」だから!


    それから僕等は日々、彼等について識れば識るほど

    時に胸が熱くなり、時に涙しました。

    そしていつしか ”共に闘っている ”

    ような気になっていました。

    ・・・されど、それは

    ”彼等の一番外側を包み込んでいる表皮を垣間見た ”

    ただそれだけに過ぎないことでしょう。

    故に僕等は ”確かめたかった ”のです。


    「彼等に、どうしても会いたかった」


    のです。


    それこそが今回 「名古屋に行こう!」

    と思った切欠なのです。





    彼等は お二人共、心の病を持っておられます。

    ・・・心の病?

    何だか今ひとつ、否それ以上に

    云い得ていない気が致します。


    ”心に非常に深い傷を負っている ”


    まだ、この方が適当かもしれません。


    まず、詩人である「W さん(以後このように記させて頂きます)」は

    ご家族のみならず、行政や医療からも

    見放された方なのです。

    愛知県内で、彼を受け入れてくれる医療機関は

    1箇所たりとも無いといいます。

    まさに天涯孤独、故に彼は一人では生きて行けません。


    「ならば、どうやって生活しているのか?」


    冒頭にて登場した「R さん(以後このように記させて頂きます)が

    保護する形で、共同生活をしているのです。


    ・・・先程も申し上げましたが

    R さんも同様に、心に深い傷を負った方なのですよ。

    更に彼の場合は、ご家族のみならず

    親類一同からも追放・絶縁され

    愛する お子さんからも引き離され

    長年 勤め上げた銀行員としての職も追われました。
    (現在は、作業所でのお仕事をされています)

    ・・・このことについては、また後ほど。


    W さんは主に「人格分離」及び「自殺企図」

    という症状を発生させます。

    つまり、幾つもの人格が W さんの中を

    代わる代わる支配してしまうのです。

    そして、その間の記憶は一切無いといいます。


    「そのような中で、自殺を企てたらどうなるか!?」


    でもね、当たり前で W さんは

    好きで別人格になっているわけじゃないんです。

    彼は何一つ悪くない。

    されど、そのことに対し

    彼は、もの凄く自責の念を持っている。


    ・・・先日 僕は W さんから

    このようなメールを頂きました。


    「僕は、詩を書くことで R さんや
    お世話になった皆※に恩返しがしたい」と。
    ※ R さん W さんの周りには、同じような境遇を持った方々が沢山居られ 皆、運命共同体として闘っています。


    そう彼は、自分のためでなく

    自分を救ってくれている仲間のために詩を書き

    その恩返しをしたいがために

    それを世に出したいと願っているのです。

    そんな W さんが書かれる詩は

    ”常に死と背中合わせ ”だからこそ

    まるで ”天使 ”のような言葉を紡ぐのです。


    そのような中で R さんは

    そんな W さんの運命も想いも全て受け入れ

    24時間体制で W さんを保護し

    共に生活するという決断に至ったようです。

    つまり R さんは、ご自身の病だけでなく

    W さんの病・人生をも背負い

    ”その他大勢の仲間・愛の戦士 ”の病・人生をも背負い
    (先程ご紹介した、同じような境遇を持つ運命共同体の方々)

    日々 24時間体制で ”何百件 ”という案件を抱え

    戦い、解決へと導いているのです。

    ・・・恐らく彼は、毎日殆ど寝ていないでしょう。

    だって、そんな時間ありませんもの。


    R さんの元には、毎日もの凄い数の案件が

    舞い込んで来ます。

    それは、ご自身、W さんをはじめ

    愛の戦士の皆さん、更に その皆さんとご縁がある方々が

    日々 直面する、行政・医療・各公的機関の諸問題から

    日常生活に関する細々とした問題

    はたまた恋愛問題に至るまで、実に多種多様

    果てしなく多岐に亘っており、それは さながら

    ”法律相談事務所+便利屋+何でもやる課+etc・・・”

    という感じで、もう僕には何が何だか訳がわかりません。


    そのようなことを毎日毎日、瞬々刻々


    「特別 誰に賞賛されることも無く」


    「闇に葬られる問題ばかりを」


    「決して陽の当たらない場所で」


    「自らの命を削りながら」


    「愛する者を守るために」


    『戦い・闘い続けている男がいる』


    その ”真実 ”を、ほんの少しでもいいので

    皆さんにも識って頂きたかったのです。


    彼は、彼等は

    本当に ”命ギリギリ ”のところで闘っています。

    まさに”満身創痍 ”なのです。


    されど僕は ”彼等の命が尽きることは無い ”

    と信じております。

    何故なら・・・


    『天命尽きぬ者の命を
    決して宇宙は召し上げたりしない』


    からです。


    そしてこれは、あに彼等だけに当て嵌まることではなく

    ”現在、過酷な状況にある全ての人 ”

    に当て嵌まることと存じます。


    『天命あらば、人はたとえ毒を盛られても生きる』


    『天命尽きれば、人は豆腐の角にぶつかっても死す』


    そのように心得ます。



    兎にも角にも僕等は


    『そんな彼等に会いたくて会いたくて』


    名古屋行きを決めたのです。


    それが、6月21日・名古屋ライヴを実現に導いた切欠です。



    追伸

    名古屋・音楽プラザに於ける現地手続き等は
    全て R さんを中心に W さん、I さんが行って下さいました。
    また、音楽プラザ以外のライヴ会場も
    愛の戦士の皆さんのネットワークにより
    沢山、探して下さいました。

    甚だ簡単ではありますが、この場をお借りし

    厚く御礼申し上げます。

    愛の戦士の皆様、心より有り難うございました。


    無限なる感謝を込めて





    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    Q 「料金は本当に一切無料ですか?飲食代などは?」

    A 正真正銘の無料ライヴです、一切 料金は頂きません。また、飲食物の販売もございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「宗教に勧誘されませんか?」

    A ”世界人類が平和でありますように”という言葉が人によっては宗教を連想させてしまうようですが、これはただ単に私共の”切なる願い”であり、当方は如何なる組織・団体にも属してはおりません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「なぜ無料なのですか?」

    A 繰り返しになりますが、私共は ”世界人類が平和でありますように”と、いつ如何なる時も願い続けております。故に、この同タイトル曲を1時間ずっと唄い続けていてもよいのですが
    それでは余りにも、お客様が不憫と申しますか、悲劇であります。私共としましても出来ることならば、それは避けたく思っております。何れにしましても ”世界人類が平和でありますように”という、この祈り事を皆様の心にお届け出来れば、それでよいとの想いでライヴを続けております。そしてそれは、一人でも多くの方に。それ故の無料ライヴです。



    Q 「無理にCDや物などを買わされませんか?」

    A そのようなことは決してございません。CDに関しては、是非 欲しいと思われた方だけがご購入下さっております。CD以外に販売している物はございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「ライヴはいつ開催されるのですか?」

    A 不定期の開催となります。最新のライヴ情報は こちら に掲載いたしております。



    Q 「いつも大体、どのくらいのお客さんが来てるのですか?」

    A その都度、ばらつきがありますが、平均して10数名の方がご来場下さっております。”100人、200人くらい来てるのかと思った”と仰って下さるお客様も居られますが、そのようなことはございません。会場は”小さいホール”という感じです。



    Q「まだ行けるか分かりませんが、予約出来ますか?」

    A 大歓迎です!是非ご予約下さい。もし当日、ご都合によりキャンセルとなっても、キャンセル料等は一切掛かりません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「初めてですが、私でも予約して大丈夫ですか?」

    A 私共のライヴにお越し下さるお客様のほとんどは”アメブロ”からのお客様です。そして毎回、初めての方が多いです。所謂”いつも同じ顔ぶれで、身内同士で盛り上がっている”というようなことはございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「ライヴハウスでのライヴは無いのですか?」

    A 私共も以前は、ライヴハウスにてライヴを行って参りましたが、実際にお越し下さったお客様からの”生の声”として”ライヴハウスは初めてで、来るのにかなり勇気が要りました”というものが多数ございました。また”もっと静かな環境でライヴを聴きたい”というご意見も。そのような経緯から現在では公共施設内の小さなホールをお借りしてライヴを行っている次第です。



    Q 「駅から会場までたどり着けるか心配です。」

    A 今まで実際、迷われた方は居られましたが、辿り着けなかったという方の例はございません。恐れ入りますが、もし迷われた際は会場までお電話下されば幸いです。



    Q 「開始時刻に間に合わないかもしれません。」

    A 会場をお借りしている時間の都合上、定刻通りスタートさせて頂きますが、勿論、途中入場も出来ますので、どうぞ気兼ねなくいつでもお越し下さい。



    Q「ライヴ中に体調が悪くなるかもしれません。」

    A 会場には、常時スタッフが在中しておりますので、そのような場合は、どうぞご遠慮無くお知らせ下さい。



    Q 「ライヴ当日に予約は出来ますか?」

    A はい、大歓迎です!!是非ご予約下さい。お目にかかれる時を、心待ちにしております!



    Q 「お話が出来る時間はあるのですか?」

    A ライヴ終了後、約30分ほどの時間がございます。お急ぎでない方は、お時間の許す限り、ごゆっくりお過ごしになって下さい。



    「皆様のお越しを、心よりお待ち致しております!!」


    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】




    上記以外のご質問は、こちらからお問い合わせ下さい

    アメブロをお持ちで無い方はこちらから






    0 0

    「SOMEONE LIKE YOU・・・
    誰かが あなたを好いている・・・かぁ」


    先日、いつものように YOU TUBE 探検隊をしていると

    とっても懐かしい、当時大好きだった歌と再会しました。


    冒頭に挙げた件は、僕がまだ 19の頃

    一緒にバンドを組んでいたベーシストが

    この曲を聴きながら、ポツンと呟いたこと。


    ・・・音楽は、いつも それを聴いていた

    「あの頃」へと、フラッシュバックさせる力を持っています。


    「・・・好いている?」


    何か、その時とっても新鮮に聴こえたのです。

    僕は、そのようには訳さなかったものだから。




    『袖刷りあうも多生の縁』


    恐らく、誰もが一度は聞いたことのある諺だと思いますが

    この中の「多生」を「多少」だと思っておられる方

    まだ結構、いらっしゃるのではないでしょうか。

    でも「多生」が「多少」だったら

    ちょっと諺としては軽過ぎる帰来がある。


    「まぁ、あんたとこうして会ったのも
    多少、何か縁があったからじゃない?多少ね、多少~」


    みたいな(汗)


    「多生」とは即ち「輪廻」を意味するもので

    つまりは「宿縁」があるということ。

    上記の件の中に当て嵌めるとするなら


    「あなたとこうして めぐり逢えたのも
    過去世からの宿縁があったからに違いないわ
    だって あの時、必ず見つけるって約束してくれたもの」


    みたいな(汗)


    僕等には、数え切れぬほど多くの

    生まれ変わり、死に変わりの中で


    『時空を超えて、めぐり逢い続けている魂』


    というものが存在している。


    ♪離れてしまっても心は ひとつだよね
    僕たちは幾つもの時代を こう誓ったのだろう


    僕は【※ 約束】という歌の中で

    この「時空を超えた愛・多生」を

    表現したつもりです。

    ※ お蔭様をもちまして、この「約束」が収録されている
    サード・アルバムが SOLD OUT となりました。
    お買い求め下さった皆様、心より有り難うございます!




    出会いが無い、とか

    自分を好きになってくれる人なんているわけがない、とか

    職場に異性がいないから、とか

    きっと将来、自分は孤独死だろう、とか・・・


    そんなこと、わかりませんよ。


    『袖刷りあうも多生の縁』


    人に「宿縁」というものが存在する限り


    『僕等は嫌でも めぐり逢ってしまう』


    のですから。



    SOMEONE LIKE YOU・・・今も誰かが


    『誰かが あなたを好いている』



    この歌を唄っていた「彼等」と

    同時代を駆け抜けたシンガーの中に

    「尾崎豊」さんがいました。

    尾崎豊さん・・・

    そう云えば、今まで どれほどの方に


    「尾崎豊さんに似てる」


    と云われたことでしょう。

    勿論、勿体無いほど嬉しいことです。

    ・・・ただ、僕の中では「尾崎」と云ったら

    「紀世彦」なのです。

    くどいようですが(汗)



    尾崎豊さん、実は殆ど聴いたことがありません。

    もし似ているとしたら

    彼がリスペクトしていたという

    ブルース・スプリングスティーン

    浜田省吾さん、佐野元春さんの音楽を

    僕も夢中になって聴いていた時代があった

    ということかもしれません。


    ・・・おっと、閑話休題。


    つまり何が云いたかったか、というと

    世間で尾崎さんの曲が持て囃されていた頃

    僕は「彼・彼等」の歌に夢中だったのです。



    「彼=辻仁成」さんが、まだ作家デビューする以前

    芥川賞を受賞する、ずっと以前

    中山美保さんと・・・やめましょう(汗)


    そんな、1980年代中頃の歌です。



    SOMEONE LIKE YOU


    誰かが あなたを好いている




    ECHOESーSomeone Like You



    「約束」 作詩作曲:小林洋一

    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 06/14/15--23:42: 時間旅行
  • 『愛とは、ゆとり』


    これは、予ねてよりの僕の口癖。


    「じゃぁ、あなたの心は
    いつも ゆとりに溢れているの?」


    ・・・とんでもない。

    本当に「ゆとり ある者」ならば

    このようなところで、声高に謳ったりはしない。

    「心ひそやかに」ただ平和を祈りながら

    目立たぬように生きていることだろう。

    つまり僕は「出来ない」からこそ

    憧れているのだ。




    先日の土日は、我が家好例の

    「行き当たりバッ旅」の週末だった。

    いつものように「スケジュール帳は真っ白なまま」

    心の赴くままにハンドルを切る旅。

    ・・・旅?

    ちょっと違うかな。

    でも、他に云い様もないので旅にしよう(汗)


    「特別、これが食べたい」


    というようなものが無い僕とカミさんは

    故に、食費が掛からない。

    それは旅に出た時も同様で

    だから、僕等の行き着く先は大概


    「美味いパン屋と出会った場所」


    ということになる。


    そしてそれは、今回も変わらなかった。


    「芳醇な小麦の香り」


    がしそうな、趣のあるパン屋に出会ったら

    ゆっくり店内を見て廻った後


    「バゲットとフルーツ入りライ麦パン」


    をトレーに乗せる。

    それをその場でカットして貰い

    外のテーブルで戴くのだ。


    バゲットは言わずもがな

    フルーツ入りライ麦パンは

    何処のパン屋にもあるけど


    「オレンジ・ピール」


    これが入ってないと僕の場合、かなり落胆する。

    で、今回の それは「最高得点」

    今までで「一番の出来!」

    真さに「オレンジ色の香気が立つ出来栄え也」


    ・・・僕等は、ふた月に一度くらいの割合で

    このような、行き当たりバッ旅に出掛けているだろうか。

    日々の忙しさから自分を取り戻す為

    パソコン・インターネットの世界から

    一時、完全に切り離す為に

    僕等は風穴を開ける旅に出掛けるのだ。

    そして、パン屋に引っ掛かったら最後

    その日を、そこで終えてしまう。

    持参したコーヒーを飲みながら

    お気に入りのパンをかじりながら

    自分たちが出逢う前のこと

    出逢った時のこと、出逢ってからのこと

    ライヴのこと、魂のこと、これからのこと・・・

    飽きることなく、ずっと話している。

    そして、ゆっくりとゆっくりと僕等は


    「自分の時間」


    を取り戻して行くのだ。


    「ゆとり」


    を取り戻して行くのだ。



    皆さんは「モモ」という物語をご存知だろうか?

    そこには「愛」が「ゆとり」であることが

    実に端的に描かれている。

    ご存知の方にも、そうでない方にも

    ここに、その あらすじを記してみたく思う。

    こんな お話だ。


    とある村はずれに、ひとつの廃墟があり

    その中の半ば壊れかけた建物に

    ある日、みすぼらしい一人の少女が

    どこからともなく現れ住みついた。

    名前をモモという。

    ところで、村人たちの生活は、モモが来てからというもの

    見違えるほど明るくなった。

    何故ならモモは、相手の話を聞くことがたいそう上手で

    訪れる村人たちの悩み、愚痴などを

    時間を惜しまず聞いてやり

    また、子供たちとも遊んでやったからだ。

    ところが、その町に灰色の装いをした

    「時間どろぼう」がやって来て、村人の一人一人に

    時間を節約して余った時間を

    「時間貯蓄銀行」に預けるようにと勧め始めたのである。

    やがて村は一変した。

    今まで世間話をしながら、たっぷり一時間をかけて

    丁寧にお客の髪を刈っていた理髪屋のオヤジは

    むっつり押し黙って三十分で仕上げてしまうようになった。

    残りの三十分は、勿論 時間銀行に預けるのだ。

    村人の憩いの場であった居酒屋の主人は

    如何に客の回転を速くして儲けるか

    そのことにしか心血を注がなくなった。

    靴屋も洋服屋も皆「忙しい人」に変わった。

    そして親たちは、子供の世話をする時間も節約して

    儲けた金で高価な玩具をあてがうようになる。

    始めはそれに飛びついていた子供たちも

    次から次へと新しい玩具を求める頃には

    その眼から生気が消え失せ

    空想を働かせて遊ぶ力は無くなっていた。

    モモのところには、もう誰も話しに来ない。

    何故なら「時間の浪費」だから。

    村人たちは、しこたま時間を貯め込んで

    分厚い「預時通帳」を持つことにはなったが

    その顔付きは険しくなり、動作に落ち着きが無くなり

    村には喧嘩が絶えなくなった。

    「これではいけない」とモモは時間どろぼうと一戦を交え

    時間銀行の分厚い鉄の壁を壊し

    中に閉じ込められていた時間を

    再び村人たちに取り戻してやる。

    そして村には以前のように

    笑顔と平和が戻って来た。



    ・・・長くなったが、こんなお話である。


    「忙しい」とは文字通り


    「心を亡くす」ことである。


    心を亡くした者に

    どうして人を愛せようか?

    心を亡くすと同時に

    僕等は「愛を亡くしている」


    『人は二つの耳と、一つの口を持ち
    この地上に生まれ来る
    そこに宿された深い意味を識ろう
    自分が話した言葉の二倍聴いてあげられるように
    その愛がなければ、愛とは愛すること』
    【オリジナル曲 / バース・ヴィジョン】


    ・・・手前味噌で恐縮だが

    モモが、村を村人を明るく変えたのも

    時間どろぼうから皆の時間を取り戻せたのも

    この「そこに宿された深い意味」の成せる業だろう。


    『愛とは、ゆとり』


    僕等は「名古屋ライヴ」を前に

    もう一度、この真理にフォーカスしたかったのだ。



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~








    0 0

    「心意気は本番さながら
    されど表向きはリハーサル」


    6月21日の名古屋ライヴは

    こんな感じでスタートすると思われます。


    会場である「音楽プラザ」さんの規定としましては


    「13:00~14:00 がリハーサル」

    「14:00~15:00 がライヴ」


    ということになっております。

    されど14:00~では、今回頂いた

    全てのリクエストにお応えすることは不可能

    と思われます。

    故に、私共はこのようなスケジュールを考案致しました。


    「13:00~13:10 音出し」

    「13:10~13:30 実際に曲を演奏しながらサウンドチェック」

    「13:30~15:00 ライヴ本番」


    と、このような青写真を描いているのですが

    初めての会場で

    自前の機材を持ち込んでのライヴとなるので

    果たして、青写真通りに再現出来るかは

    甚だ未知数です。

    因みにPA(音響)は、カミさんが担当です。


    とはいえ、まず余程のことがない限り

    13:30~ ライヴはスタート出来ると思います。

    つまり、規定より30分前倒してスタートするわけですが
    (13:10~ のサウンドチェック時にも
    本番さながらに唄います)

    これを世間では・・・


    「フライング」


    と云います(汗)


    故に、もしかしたら音楽プラザの職員の方に


    「ライヴは14:00~ とお願いしてあるはずですが?」


    と、止められる可能性がゼロではありません。

    とはいえ、そのような場合 私共としましては


    「これは あくまで本番さながらの真剣なリハです」


    と、食い下がるつもりです。

    されど・・・


    「どうしてもダメ!」


    となった場合は申し訳ございませんが

    一旦ステージから下がり、14:00 を待って

    ライヴをスタートさせて頂きたく思います。

    早くからお越しになられたお客様には

    大変、申し訳ないことなのですが


    「万が一、このようなこともある」


    ということを

    心の片隅に留め置いて下されば幸いです。

    勝手なことばかり書き連ねてしまい

    真に申し訳ございません。


    それと、ご予約頂いたお客様から

    このようなご質問を頂いておりますので

    今一度、こちらでもお答えさせて頂きたく存じます。


    「ライヴというものに初めて伺います。
    チケットや受付は、どのようになっているのでしょうか?」


    今回のライヴには(いつも同じなのですが)

    チケットも受付もございません。

    音楽プラザさんの1階ロビーのような場所が

    ライヴ会場となっており

    そのステージの左右両脇が出入り口となっているようです。

    故に、常に人の往来が可能という感じになっております。



    写真を拝見させて頂くに

    ガラス張りの壁を巡らせ

    屋外からの採光を生かした

    明るくオープンな環境という感じです。



    さて、いよいよ名古屋ライヴが

    十分な射程距離に入って参りました。

    更に本腰を入れて、ライヴに臨みたく思います。


    ・・・因みに

    まだまだライヴのご予約

    承っております!!


    「皆様のご来場、心よりお待ち致しております」


    無限なる感謝を込めて





    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 06/17/15--22:20: ユダの涙
  • 「綺麗だなぁ」

    と思う方には、結構たくさん出会います。

    されど・・・

    『美しいなぁ』

    と思う方には、中々お目に掛からないかもしれません。



    ・・・相変わらず、唐突に話を始めますが

    自分を棚に上げて書いております(汗)


    僕は昔、フェイシャル・セラピスト

    という仕事をしていた時期があります。

    やはり、美顔・小顔というものを謳ってはいたのですが

    あくまで、その真髄は

    『人相を良くする』

    ということにフォーカスしたものでした。

    故に、その成り立ちは世間一般に云う

    「エステ」とは一線を画したものでした。

    そのような経緯から、僕は今でも

    綺麗と美しいの間には

    「広くて深い河」

    が流れているように感じるのかもしれません。


    ・・・因みに、僕とカミさんの出逢いは この時。

    僕が知り合いの先生のスタッフの方に

    フェイシャルを教えに行っていた時

    とあるエステ・サロンの店長だったカミさんが

    そのモデルとして現れたのです。

    僕の生涯の中で「これ以上無い」

    というくらい「極貧」の時代でした(汗)



    何故、このような話をしているか?

    というと・・・

    つい先日、昔読んだ本を改めて読み返したところ

    実に印象深い件があったからなのです。

    ・・・確かに読んだはずなのに

    結構、忘れてしまうものなのですねぇ。

    こんなお話です。



    イタリアはミラノに

    サンタ・マリア・デル・グラチエ

    と呼ばれる比較的小さな教会があって

    「ダヴィンチの描いた、最後の晩さん」

    の絵で有名なのだそうです。

    この絵を描くにあたってダヴィンチは

    まず、絵の中央に位置する

    キリストの姿から着手したと云われています。

    その後、次々に十一人の弟子を描き終え

    最後に食卓の端に居て、やがてキリストを裏切るユダ

    を書くところまで描き進んだ時のことです。

    いつもの通りダヴィンチは

    モデルとなる人物を求めて往来を物色するうちに

    ユダのイメージにピッタリの人物を見つけたそうです。

    流石にダヴィンチとしても頼み難かったであろう

    それでも理由を話し、モデルを依頼すると

    その男は急に、ハラハラと涙を流し

    ダヴィンチに、こう話したといいます。

    「お見忘れですか?かくいう私は、以前
    同じ あなたに頼まれて、キリストのモデルとなった者です
    ここ暫く自分の生活が乱れ、人を騙し、裏切り
    悪事を重ねて参りましたが、まさか今
    ユダのモデルに、と頼まれるとは・・・」

    こう云って絶句したといいます。



    「顔の筋肉は、とっても変わりやすいもの」

    です。

    そういった意味に於いても美顔・小顔は

    比較的 簡単に手に入るかもしれません。

    そこへ、最新のモードでも着こなせば

    「綺麗」も同様に手に入ることでしょう。


    されど『美しい』は次元が違います。

    「綺麗」が人工的に生み出せるものと仮定したなら

    『美しい』は『神の領域』と感じます。

    故に「付け焼刃」など到底まかり通らぬ世界。


    ~「いつも にっこり笑うこと
    他人(ひと)の身になって思うこと
    自分の みにくさ を恥じないこと」
    この三つのことを来る日も来る日も守ってごらん
    お前は きっと美しい子になれる~
    【真山美保 / 泥かぶら】より


    ・・・この件は、いつも竹の棒を振り回し

    囃し立てる村の悪童どもを追っていた「泥かぶら」が

    ある日、旅の老人に云われたこと。


    一つ目、二つ目までは

    己の努力により実現可能かもしれません。

    されど「三つ目」はどうでしょうか?

    「みにくさ」とは何も容姿のことばかりではありません。

    それよりも遥かに

    「目を背けてしまいたいほどの見つめ難きもの」

    は「己の心」にこそ、あるのだと感じます。


    『ならば、どうすれば そこから目を背けず
    真っ直ぐに見つめることが出来るのか?
    受け入れることが出来るのか?』


    ・・・それは


    『ひたすら愛されること』


    によって可能となるのではないでしょうか?


    どんなに自分を卑下してみても

    「自分の此処が醜い」と叫んでみても


    『どんな部分も あなたを創ってくれている大事な要素
    その全てを私は愛しているよ』


    もし、こんな風に云われたとしたらどうでしょう?

    反論出来るでしょうか?


    「もう、お手上げ」


    ではないでしょうか?


    ・・・当たり前の話ですが


    『愛する人が居なければ愛される人は居ない』


    のです。


    故に、まず


    『愛することの出来る あなたから!』


    そして


    『この世界を美しく平和な世界へ』


    と導いて下さい。


    世界人類が平和でありますように



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21) | 22 | 23 | .... | 62 | newer