Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

小林洋一 ~詩は祈り~

older | 1 | .... | 18 | 19 | (Page 20) | 21 | 22 | .... | 62 | newer

    0 0

    ♪お茶けは熱めの 柿茶がいい
    肴は炙ったイカ・・・じゃなくて

    「おはぎ」にしてくれませんかー!?


    ・・・えぇ、桜を眺める時は「おはぎ」に限ります!

    ここ千葉県柏市では、桜も満開を少し過ぎ(4/2 現在)

    少々、散り始めております。

    予報では、今週末は生憎の雨模様ということなので

    本日は、強引に昼休み 時間を作り

    カミさんを誘って、花見をして来ました。

    勿論「おはぎ」を持って。

    僕は、生粋の「おはぎ男子」ですから(笑)


    で、その時 二人で桜を眺めながら

    先日のライヴについて、いろいろ話したのです。

    取り分け今回は

    「ライヴ終了後の お客様とのコミュニケーション」

    について。

    ・・・何せ僕等は、否、僕は

    これが下手ですから(汗)

    でもね、人一倍お客様と

    お話したい気持ちを持っているんですよ。


    で、今回の「お話タイム」ですが

    コミュニケーションが下手であるにも拘わらず

    実に円滑に、且つ和やかに進んで行ったのです。


    ・・・それは何故か?


    『お客様の力』


    なのです。


    毎回そうなのですが

    今回お越し下さったお客様は特に

    社交的な場に於ける立ち居振る舞いに精通した方ばかりで

    お客様が逆に僕等を

    蔭ながらサポートして下さったのです。

    それ故に、自然な形で

    お客様同士が繋がって行ったのです。


    僕等は かねがね

    ライヴにお越し下さったお客様同士が

    繋がって行くかどうかは

    「その時の自然な流れに任せる」

    ということに重きを置いて参りました。

    そして今回は、このような運びになったことが

    自然な流れだったのだと感じます。


    故に、そのように何一つ力むことなく

    自然な流れの中で心配りが出来る

    そんなお客様の姿に

    僕等は改めて勉強させて頂いた想いなのです。


    『皆様、心より有り難うございました』


    でもライヴに於けるサポートは

    これだけではありません。


    僕は、高校時代からバンド活動を初め

    その後、24才くらいから

    弾き語りスタイルに転向しました。

    つまり、もうずっと

    ライヴ三昧の人生を送って参った次第なのです。

    故に、好きなことを好きな時に

    好き勝手にやるのですから

    時に そこに痛みや軋轢が伴うのは

    致し方無いことと思っております。

    されど、カミさんは違います。

    僕と一緒になるまでは

    音楽には全く縁の無い生活を送っておりました。

    特別 音楽が好きなわけでもなく

    だからといって、嫌いでもない。

    また、人前に出たり

    見知らぬ人と話をするなど以ての外の超苦手。

    ・・・勿論、人は大好きなのですが

    それとコミュニケーションが上手ということとは

    必ずしも=ではありません。

    それが今では、音響・照明等の

    オペレーションを一手に担い

    云わば「ライヴハウスのマスター」

    のような働きをするようになってしまいました。

    勿論、お客様への対応もさせて頂いております。

    つまり僕のライヴは

    カミさん抜きでは到底成立しないのです。

    それを想うと、幾ら感謝してもし足りない想いと

    「よくここまで自分を成長させたなぁ」

    と、ちょっと偉そうですが感慨深くなるのです。


    そして、サポートはもう一つ。

    これも毎回そうなのですが

    今回もブログを通し、実に沢山の方々が

    応援のメッセージを下さいました。

    また、ご自身のブログにて

    僕等のライヴのインフォメーションをして下さった方々

    CD販売に関する記事をアップして下さった方々

    動画を貼り付けて記事をアップして下さった方々等

    ライヴには行けないから、と

    CDをご購入下さった方々。

    いつも「いいね」を下さる方々。

    弛みない「ぺた」を下さる方々。

    当ブログ「詩は祈り」に訪れて下さった全ての方々。

    それはそれは沢山の方々が

    僕等のライヴを蔭から支えて下さいました。

    ライヴの成功は等しく

    このように蔭から支えて下さる方々によって

    齎されているのだと改めて感じ入る次第です。

    『皆様、心より有り難うございます』


    では最後に、今回 3月31日のライヴに

    お越し下さったお客様へ、甚だ簡単ではありますが

    この場をお借りして御礼申し上げたく存じます。


    今回のライヴでは、僕等と同じ千葉県からは

    5名の方がご来場下さいました。


    まずは、僕等と同じ柏市からお越しのお客様。

    先日は平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    僅か一言二言しかお話が出来ませんでしたが

    だからこそ、またお話したいという楽しみに繋がりました!


    続いて、お隣の市・野田市からお越しのお客様。

    先日は平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    昨年12月、心臓の大手術を受けられたとお聞きし

    案じておりましたが、以前と変わらず元気な姿で

    お目にかかることが出来、安堵しました!


    続いて、成田空港に程近い

    八街市からお越しのお客様。

    先日は遠い所、また、平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    院長先生のお蔭で再びアコギを持つことが出来

    「死線」のリクエストにもお答えすることが叶いました!


    続いて、船橋市よりお越しのお客様。

    先日は遠い所、また、平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    アメブロをお持ちでないにも拘わらず

    毎回 当ブログを読んでお越し下さっていること感謝です。

    同じアーティストとして、今後もよろしくお願い致します!


    続いて、TDL TDS のある浦安市からお越しのお客様。

    先日は遠い所、また、平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    体調が優れぬ中、倒れる覚悟でお越し下さったこと

    その熱い想いに胸が熱くなりました!


    では今度は、東京からお越しのお客様へと続きます。


    まずは、ご夫婦でお越しのお客様から。

    先日は遠い所、また、平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    お着物姿が凜として美しい奥様、そして

    嘗て、戦闘機にお乗りになっていたとは思えぬほど

    やわらかな波動をお持ちのご主人様。

    当日、様々な場面でのサポートに心より感謝致します!


    続いて、もう常連になって下さっているお客様。

    先日は遠い所、また、平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    いつも、その「ひそやか」且つ「やわらか」な波動で

    お話下さる姿に、こちらまで心が解れます。

    頚椎の具合、良くなられて安堵致しました!


    続いて、もうお一方 常連のお客様。

    先日は遠い所、また、平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    ライヴのご予約・一番乗り、大変嬉しゅうございました。

    また、ステージまで綺麗で大きな花束を届けて下さり感激でした!

    いつも何かと気に掛けて下さり、有り難うございます!


    そして、いよいよ遠方からのお客様に移ります。


    まずは、何と鳥取県からお越しのお客様。

    先日は大変遠い所、また、平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    アメブロからではなく、動画検索から繋がって下さり

    こちらまでお越し下さった想いに、無限の感謝です!

    お目にかかれて光栄至極でした!


    続いては、最後のお客様になりますが

    これまた何と、岐阜県からお越しのお客様です。

    先日は遠い所、また、平日の夜という慌しい中

    ライヴにお越し下さり、真に有り難うございました。

    滞在時間が僅かなスケジュールの中でも

    あのような強行軍でお越し下さった熱意に感激です!

    非常にアーティスティックな雰囲気が

    深く印象に残っております!


    皆様、いつかまたお時間がありましたら

    是非、ライヴに遊びにいらして下さい。

    再会が叶う時を、心待ちにしております。


    無限なる感謝を込めて






    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】




    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~





    0 0

    大変お待たせ致しました!!

    amazon にて販売中のCDアルバムが再入荷されました。

    どうぞ宜しく願い致します。

    無限なる感謝を込めて

    小林洋一

    ※このCDは、amazon 及び
     ライヴ会場のみで販売致しております。
     CDショップ等では販売されておりません。
     何卒、ご了承下さい。


    < 3rd CDアルバム販売 (amazon) >


    < 2nd CDアルバム販売 (amazon) >


    < 1st CDアルバム販売 (amazon) >




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~










    0 0

    先ほど記事にて

    本日入荷をお知らせ致しましたCDですが

    御蔭様をもちまして

    現在一部 SOLD OUT となっております。

    お買い上げ下さった皆様

    心より、有り難うございます。

    次回入荷まで、今暫くお待ち下さい。



    無限なる感謝を込めて

    小林洋一



    ※このCDは、amazon 及び
     ライヴ会場のみで販売致しております。
     CDショップ等では販売されておりません。
     何卒、ご了承下さい。


    < 3rd CDアルバム販売 (amazon) >


    < 2nd CDアルバム販売 (amazon) >


    < 1st CDアルバム販売 (amazon) >




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~









    0 0

    CDアルバムが再入荷されましたが

    お陰様で在庫が残りわずかとなっております。

    お買い上げ下さった皆様

    心より、有り難うございます。

    無限なる感謝を込めて

    小林洋一



    ※このCDは、amazon 及び
     ライヴ会場のみで販売致しております。
     CDショップ等では販売されておりません。
     何卒、ご了承下さい。


    < 3rd CDアルバム販売 (amazon) >


    < 2nd CDアルバム販売 (amazon) >


    < 1st CDアルバム販売 (amazon) >




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~








    0 0

    「・・・正直、最近は観るのが辛くなって来た」


    ”月曜から夜ふかし”という深夜番組が

    以前から結構お気に入りで観ています。

    とはいえ、月曜から夜ふかし出来るほど

    そのまま一週間をキープ出来るほど

    ハイテンションではないので

    決まって録画したものを

    カミさんと一緒に夕食時に観る

    というのが我が家の慣わしなのですが。


    この番組は、今をときめくマツコ・デラックスさんと

    関ジャニの村上信五さんの

    お二方によるトーク形式の番組で

    ”世間で話題となっているさまざまな件に対して
    ちょっとだけ首を突っ込んだり突っ込まなかったりする”

    というコンセプトで構成されているもの。

    ・・・簡単に云ってしまえば

    街頭インタビュー的に録ったVTRを観ながら

    二人で面白おかしく突っ込んでいくというもの。


    マツコさんは ”毒舌”を売りにしているだけあって

    その言葉には ”切れ”があり

    尚且つ、頭の回転も速く博識で

    身体の幅は勿論のことですが

    人間味という ”幅”に於いても

    十分に ”デラックス・サイズ”な方と感じます。

    また反面、毒舌ではありながらも

    要所要所では ”己を引くこと”

    ”相手を立てること”も怠りません。

    僕は彼女(ご本人の意思を尊重し、そう呼ばせて頂きます)の

    そんな ”深み”が好きなのです。


    ・・・ただ、どうなんでしょうねぇ

    殊、最近の彼女から受ける印象は正直

    「ちょっとキツ過ぎる」のです。


    ”毒舌キャラ”というものを売りにしている以上

    まず、本人が更にそこに磨きを掛ける部分

    また、番組制作サイドからの

    「もっとやって!」というプレッシャー

    そして何より、視聴者の方からの期待が大でしょう。

    頭のいい彼女は、その辺のところは

    十分に理解しているはずで

    だからこそ ”毒舌と良心の狭間”で

    ギリギリの綱渡りをしているのかもしれません。

    そう思うと、彼女の心情を理解せざるを得ないのですが。


    でもねぇ、正直あの番組の中で

    村上さんや番組スタッフの方々が

    あそこまで吊るし上げられる状況は

    観ていて気持ちのいいものではありません。


    ”卑下傲慢いずれも命汚すもの”


    この句は、僕が予てより尊敬申し上げている

    平和運動家の ”五井昌久”先生によるものです。


    マツコさんの現在の状況が

    この句に当て嵌まるか否かは判り兼ねますが

    殊、勢いに乗る者は

    すべからく心に刻むものと感じます。





    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「わぁ、今日は大好物の から揚げが入ってる!」


    ・・・どんなに元気の無いお子さんでも

    お弁当箱を開く瞬間は ”目が輝く”といいます。

    ~それは何故でしょうか?~



    「明日は久し振りに恋人に逢えるんだ!」


    ・・・もしそれが ”遠距離恋愛”ならば

    その喜びは、尚更でしょう。

    ~それは何故でしょうか?~



    「このセーター、もしかして手編みじゃないの!?」


    ・・・できあい のセーターより

    手編みのセーターの方が ”あったかい”

    ~それは何故でしょうか?~



    『逢えない この淋しさの中でこそ 多くを君と語ってる
    この祈りが届くようにと』


    手前味噌で恐縮ですが

    これは ”約束”というオリジナル曲の一節。


    お弁当箱を開ける時、その人の目を輝かせるのは

    ”あなたと逢えない、逢っていない時間を あなたのために
    心の中で あなたに語りかけ語り合いながら作られたから”です

    ”元気に今日一日が無事 送れますように”
    という ”この祈りが届くように”と


    遠距離恋愛の恋人に逢える喜びが ひとしおなのは

    ”あなたと逢えない、逢っていない時間を あなたのために
    心の中で あなたに語りかけ語り合いながら過ごしたから”です

    ”元気に今日一日が無事 送れますように”
    という ”この祈りが届くように”と


    手編みのセーターが できあいのセーターより あったかいのは

    ”あなたと逢えない、逢っていない時間を あなたのために
    心の中で あなたに語りかけ語り合いながら編まれたから”です

    ”元気に今日一日が無事 送れますように”
    という ”この祈りが届くように”と


    つまり、お弁当や遠距離恋愛の逢瀬

    手編みのセーターが あなたの心を大きく動かすのは

    ”相手が あなたのために あなたからは決して見えない時間を
    沢山沢山 使ってくれたから”なのです。


    僕が、僕等が、こうしてライヴを続けて来られたのも

    それは ひとえに

    ”僕等からは決して見えない時間を お客様が
    沢山沢山 使って お越し下さるから”なのです。

    ”僕等からは決して見えない時間を ブロガーの方々が
    沢山沢山 使って応援下さるから”なのです。

    それが何より”有り難く嬉しいから”なのです。

    それ故に僕等は、日々 練習を重ねリハーサルをし

    ”お客様から見えない時間を お返しする”のです。


    もし毎日、手作りのお弁当を持って行かれている方は

    明日から、ほんの少しで構いませんので

    お弁当箱を開ける瞬間

    この”見えない時間”に想いを馳せてみて下さい。

    きっと いつもの何倍も 美味しく感じられる筈です。


    ・・・だって そのお弁当は

    ”作って下さった方の『祈り』によって出来ている”

    のですから。





    さて、そろそろ次回ライヴが

    射程距離内に入って参りました。

    練習時間を毎日 確保出来るという状況とは云えぬため

    早め早めに準備を始めたく思います。

    4月29日(水)は、ゴールデンウィーク初日です。


    「旅の始まりをライヴで始めて下されば嬉しいんだけどなぁ~」


    皆様の ご来場 心より お待ち致しております!!


    無限なる感謝を込めて



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ・・・それは、とあるコーヒーショップで

    メニュー表に目をやった時のことだった。


    『ほぼブラジル』


    ムムゥ~・・・

    僕は思わず唸ってしまった。


    これは、過去記事にも書いたことだが

    うちのカミさんは、風呂から上がると

    ”タイガージェットシン”になってしまう。



    洗い髪に巻いたバスタオルが

    まるでタイガージェットシンのターバンのようだからだ。

    ムムゥ~・・・

    僕は思わず唸ってしまう。

    これは、僕に対する”挑戦”か?と。


    「君がタイガージェットシンで来るならば
    僕は上田馬之助しかあるまい!」



    ・・・そうなのだ、きっと僕は誘われているのだ。

    そう感じざるを得ず

    ついつい、上田馬之助に成り切ってしまう。



    って、これ何を云っているか?というと

    ”プロレス”のこと。


    どうも僕の周りを見渡すと

    僕と同じ、昭和40年代生まれの男性諸氏は

    何かにつけて、プロレスネタを披露したがる。

    隙あらば、プロレスネタを捻じ込んで来る。

    これが、現代の”つるっ”とした

    20代の男性諸氏なら有り得ない話だろう。

    因みに うちのカミさんは僕より10歳下なのだが

    どんなに熱くプロレスネタを披露しても

    全く通じない。

    けんもほろろ、ものの見事に撃沈させられる。

    ・・・まぁ当然と云えば当然であるが。


    されど、昭和40年代生まれの僕は

    ”疼いてしまう”のだ。

    彼女との会話の途中でも

    時折”モンゴリアン・チョップをしてしまうのだ。
    (勿論、やる真似です)



    で、その時 僕は思ったのだ。

    「何かにつけてプロレスネタを披露したがるのは
    僕や僕の周りにいる昭和40年代生まれ男の哀しい性なのか?」と。


    ・・・だが

    それは、とあるコーヒーショップで

    メニュー表に目をやった時のことだった。


    『ほぼブラジル』


    ムムゥ~・・・

    僕は思わず唸ってしまった。

    「フッ、ここのマスターも 昭和40年代生まれ
    否、もっと先輩に違いない
    ”ほぼブラジル”なんてネーミングを付けるなんて
    きっと疼いたんだろう・・・」


    【ボボ・ブラジル】

    ※ボボ・ブラジル(Bobo Brazil)のリングネームで知られるヒューストン・ハリス(Houston Harris、1924年7月10日 - 1998年1月20日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ミシガン州ベ
    トンハーバー出身のアフリカ系アメリカ人。日本では「黒い魔神」と呼ばれた。 ちなみにリングネームの「ブラジル」は「人種差別の無いブラジルに行きたい」 という子供の頃の夢から。


    追伸、男性であれ女性であれ、もしそんな疼きを感じたら
       是非ライヴに遊びにいらして下さい。
       一緒にプロレスごっこは出来ませんが(汗)

    皆様のご来場、心よりお待ちいたしております。



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 04/17/15--18:36: 弾き語りの醍醐味
  • 「俺は、名曲と呼ばれるものを沢山書くより
    聴いてくれる者の傍にいつもいる勇者でありたいのだ」


    冒頭に挙げた言葉は昔

    ”荒馬のように ”という自叙伝の中で

    ”甲斐よしひろ ”さんが語って居られた言葉。

    今でも「イイ言葉だなぁ」と感じます。

    僕も嘗ては、同じように思っていた時期がありました。


    されど、もう随分前から

    この想いも変化していました。


    僕が ずっと好きで愛用している

    アメカジ・メーカーの社長さんの言葉に

    このようなものがあります。


    「うちの製品は、造って5割、買って頂いて7割
    後は、お客さんに着込んで履き込んで頂いて完成するもの」


    いい言葉だなぁ、と感じます。

    今の僕には、このニュアンスの方が

    自分にフィットするようです。

    このような考えに変わったのは

    弾き語りを始めた 23歳頃でしょうか。

    バンドを演っていた頃は

    アレンジやメッセージも主張が強く

    リスナーの方に対しても

    押し付けがましかった気がします。

    ・・・尤も、今でもメッセージ色は濃いですが(汗)


    僕の弾き語りは、歌とギターのみ。

    頭の中、心の中では 喩えば

    「ここで鍵盤が入り、ストリングスを最大限に入れて
    ドラマティックに演出したい」

    とか、いろいろ浮かぶものがあります。

    されどそれは、あくまで ”僕の色 ”なのです。

    リスナーの方には ”リスナーの方の色 ”があります。


    差し詰め僕は


    ”まっさらな塗り絵 ”をお渡しするようなもの

    と感じています。

    ページを開けば、そこには筋絵だけが存在し

    後は、聴いて下さったリスナーの方が

    ”想い想いの色 ”で彩って行く。


    喩えば、歌を聴いて下さった方が その時

    ご自身の過去の恋愛の場面に

    フラッシュバックしたと仮定します。

    その恋愛が、まだご自身の中で

    整理が付かずに居られるならば

    その色は ”切なく哀しみ深い色 ”が

    ”鮮明 ”に彩られるかもしれません。

    また既に、その恋を乗り越えられ

    想い出として移行された方の色は

    ”セピア色 ”なのかもしれません。


    僕のCDには、歌とアコギの音しかありません。

    ライヴと同じ形式、状況で録音した

    ”一発録り ”というものです。

    始めにオケを録っておいて

    後から歌を被せるというものではないので

    基本、やり直しは出来ません。

    「今時、何故そんなスタイルに拘るのか?」

    ”限定された色を塗りたくないから ”

    なのだと思います。

    それは、ライヴも同様ですが。



    僕の音楽は ”塗り絵帳 ”です。

    聴いて下さった方が

    聴いて下さった方の日常の風景の中で

    想い想いの色を重ね、完成させて下さる。

    つまり、歌に命を吹き込み

    育てて下さるのも、リスナーの方なのです。

    真さに、歌い手冥利に尽きる、というものです。

    ”弾き語りの醍醐味 ”とは

    そのようなところにあると、僕は感じます。


    これからも 音源製作、またライヴという場面で

    お客様に ”ステキな塗り絵帳 ”を

    お届け出来たらと思っています。



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 04/19/15--01:34: ラブレターの頃
  • 息子「親父の人生の中で一番楽しかったことって何?」

    親父「一番楽しかったのは、恋だねぇ」



    ”恋人 ”という字を間違えて

    ”変人 ”と書いてしまった・・・

    きっと皆さんの中にも

    同じ経験をされた方が お有りかと存じます。

    でも これって、パソコン等では決して起こらない

    ”変換ミス ”なのでしょうね。

    云わば これは

    僕等が まだ ”アメブロ ”などやっていない頃の

    手書きで ”ラブレター ”を認めて(したためて)いた頃の産物

    = ”変換ミス ”と云えるかもしれません。


    ・・・でも果たして、これは本当に

    ”変換ミス ”なのでしょうか?


    このお題は、過去にも何度か採り上げておりますが


    「変だなぁ~」


    と感じ始めたら、それは既に


    「恋」


    なのです。

    あなたの ”心 ”には既に、その お相手の


    ”指紋がベタっと残されてしまっている ”


    のです。


    「冗談じゃない、あんな奴
    顔を見るのも身の毛がよだつ!」


    ・・・そうでしょうか?


    ”愛の反対は無関心 ”


    なのですよ。


    ”嫌いだ ”ともがけばもがくほど

    その指紋は、深く深く刻印されて行きます。

    時、既に遅し です。


    ”自分には無い光を相手の中に見てしまった時 ”


    己の心に、相手の指紋が押される瞬間とは

    そのような時だと感じます。


    ”相手の中に、自分には無い光を見つけてしまう ”


    僕は、これが ”恋 ”なのだと感じます。

    故に、そう考えると恋とは

    ”憧れ ”なのかもしれません。



    「親父の人生の中で一番楽しかったことって何?」


    これは、俳優の ”小泉孝太郎 ”さんが

    ある日、父親である元首相 ”小泉純一郎 ”氏に

    尋ねた内容とのこと。

    すると純一郎氏は、こう即答したといいます。


    「一番楽しかったことは、恋だねぇ」


    この遣り取りを、以前

    何処かのテレビ番組の中で知った僕は

    何だか とっても痛快でした。

    己の人生の大半を

    己の身命を掛けて臨んだであろう政治家人生。

    そこに微塵も触れることなく

    ”一番楽しかったことは恋 ”と云い切る。

    何かステキだなぁ、と感じました。

    ・・・尤も、首相という修羅の道を

    間違っても ”楽しい ”とは云えますまい。


    ・・・現職の総理である ”安倍晋三 ”氏に

    もし同じ質問をしたとしたら

    一体 彼は、どのように答えるだろうか・・・


    ”世界人類が平和でありますように ”



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「創世生」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    Q 「料金は本当に一切無料ですか?飲食代などは?」

    A 正真正銘の無料ライヴです、一切 料金は頂きません。また、会場が公共施設であるため、飲食物の販売はございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「宗教に勧誘されませんか?」

    A ”世界人類が平和でありますように”という言葉が人によっては宗教を連想させてしまうようですが、これはただ単に私共の”切なる願い”であり、当方は如何なる組織・団体にも属してはおりません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「無理にCDや物などを買わされませんか?」

    A そのようなことは決してございません。CDに関しては、是非 欲しいと思われた方だけがご購入下さっております。CD以外に販売している物はございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「ライヴはいつ開催されるのですか?」

    A 私共の希望として、1月~6月と、秋頃に1回の開催に向けて照準を絞っております。今のところ、これ以上の開催は難しい状況です。何卒、ご了承下さい。 



    Q 「いつも大体、どのくらいのお客さんが来てるのですか?」

    A その都度、ばらつきがありますが、平均して10数名の方がご来場下さっております。”100人、200人くらい来てるのかと思った”と仰って下さるお客様も居られますが、そのようなことはございません。会場は”小さいホール”という感じです。



    Q「まだ行けるか分かりませんが、予約出来ますか?」

    A 大歓迎です!是非ご予約下さい。もし当日、ご都合によりキャンセルとなっても、キャンセル料等は一切掛かりません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「初めてですが、私でも予約して大丈夫ですか?」

    A 私共のライヴにお越し下さるお客様のほとんどは”アメブロ”からのお客様です。そして毎回、初めての方が多いです。所謂”いつも同じ顔ぶれで、身内同士で盛り上がっている”というようなことはございません。どうぞ、ご安心下さい。



    Q 「ライヴハウスでのライヴは無いのですか?」

    A 私共も以前は、ライヴハウスにてライヴを行って参りましたが、実際にお越し下さったお客様からの”生の声”として”ライヴハウスは初めてで、来るのにかなり勇気が要りました”というものが多数ございました。また”もっと静かな環境でライヴを聴きたい”というご意見も。そのような経緯から現在では公共施設内の小さなホールをお借りしてライヴを行っている次第です。



    Q 「駅から会場までたどり着けるか心配です。」

    A 今まで実際、迷われた方は居られましたが、辿り着けなかったという方の例はございません。恐れ入りますが、もし迷われた際は速やかにこちらにお電話下されば幸いです。
    アミュゼ柏 04-7164-4552



    Q 「開始時刻に間に合わないかもしれません。」

    A 会場をお借りしている時間の都合上、定刻通りスタートさせて頂きますが、勿論、途中入場も出来ますので、どうぞ気兼ねなくいつでもお越し下さい。



    Q「ライヴ中に体調が悪くなるかもしれません。」

    A 会場には、常時スタッフが在中しておりますので、そのような場合は、どうぞご遠慮無くお知らせ下さい。



    Q 「ライヴ当日直前に予約は出来ますか?」

    A はい、大歓迎です!!是非ご予約下さい。お目にかかれる時を、心待ちにしております!



    Q 「お話が出来る時間はあるのですか?」

    A ライヴ終了後、約30分ほどの時間がございます。お急ぎでない方は、お時間の許す限り、ごゆっくりお過ごしになって下さい。



    「皆様のお越しを、心よりお待ち致しております!!」
    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】






    上記以外のご質問は、こちらからお問い合わせ下さい

    アメブロをお持ちで無い方はこちらから





    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】









    0 0

    ”年間 7 回を目指す”


    これは、現時点で開催出来るであろう

    ”ライヴの本数”である。

    これを少ないととるか、多いととるか・・・

    今の僕の心境からすれば


    「丁度いい」


    という感じである。

    昨年1年間は、全くライヴを演らなかった。

    と云うよりも


    「もう生涯、ライヴは出来ないかも」


    と感じていたので

    またこうして、ステージに立てるだけで

    有り難くて、嬉しくて仕方がない。



    ”年間 120 本”

    これは、僕が最もライヴをこなしていた頃の本数。

    つまり”3日に1回”ライヴをしていたことになる。

    こんな風に書くと、記事を読んで下さっている方には


    「さぞ、その頃のライヴは盛況だったのだろう」


    という想いを抱かせるかもしれないが

    演っている本人のテンションは別として

    所謂 ”観客動員数”という観点から見ると

    ”ほぼ閑古鳥”状態だった。

    ”お客様 0”という状況だって

    決して珍しいことではなかった。


    「3日に1回 演ってるなら、いつ聴きに行ってもいい」


    差し詰め、そんなところらしいのだ。


    それがどうだろう

    ここ近年では、関東甲信越をはじめ

    ”北海道、山形県、静岡県、愛知県、岐阜県

    京都府、奈良県、鳥取県、福岡県”からも

    ほぼ本州の真ん中に位置する

    千葉県柏市へ、お客様がお越し下さる。


    ”インターネットの普及”


    この一言に尽きてしまう。

    僕は現在 ”アメーバ ”でしかSNSをしていない。

    故に、お越し下さるお客様の殆どは

    ”アメブロ ”から繋がって下さった方々である。


    ”ブログでお付き合いのある方と
    実際にお目にかかることが出来る”


    現在では、さして珍しいことではないのかもしれないが

    僕にとっては ”極めて非日常的”出来事である。


    ”お越し下さったお客様同士が繋がって行く”


    これは、ライヴを聴いて下さることと同様

    否、むしろ それより嬉しい瞬間だったりする。


    「この世界で時空を超越するものは人の心だけ」


    これは、予ねてよりの僕の持論だが

    現代では、ここにインターネットというものが

    実に深く関与している。

    人間と人間が、人間と生きとし生けるものが

    人間と地球が、人間と宇宙が

    古の時代にそうであったように

    ”以心伝心 ”でコミュニケーションがとれる

    そう遠くはない近未来に、それが実現する

    今は、その過渡期・プロセスの時期なのだと感じる。

    そしてそれは、僕等のライヴにも

    このような形で波及している。

    つまり ”時空を超越し始めている”と感じるのだ。

    そして、それを成さしめているものは

    紛れもなく”人の心”

    僕等のライヴに置き換えるなら

    ”お客様の心””応援下さる皆様の心”なのだ。

    ”蔭に徹し支えてくれるカミさんの心”なのだ。


    このような ”皆様の心”によって

    僕等のライヴは成り立っている。

    ”皆様の心によって、時空を超越し
    平和というものにアクセス出来る”のだ。


    ”無限なる感謝を込めて”


    御礼申し上げる次第である。


    「皆様、心より有り難うございます」


    ~世界人類が平和でありますように~




    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「氷が溶けたら何になる?」

    小学生の頃

    理科のテストで出されたこの問題

    その正解は?というと

    「水になる」

    でした。

    ・・・されど、正解は これだけでしょうか?

    「氷が溶けたら何になる?」

    氷が溶けたら・・・

    「春になる」

    嘗て、本当に こう回答した お子さんがいました。

    ”はなまる ”をあげなきゃいけません。



    いよいよ明日はライヴです。

    4月29日、真さに春本番です。

    ゴールデンウィーク初日(そうでない方も)

    ” 旅の始まりはライヴから ”

    「・・・でも私の氷はまだ溶けない」という あなた

    思い切ってライヴに出掛けてみませんか?

    「こんなライヴ、もう こうりごうり だ」
    (ギャグが寒くて、余計凍ったらゴメンナサイ 汗)

    とならないよう精一杯、歌をお届け致します。

    ~皆様のお越しを心より、お待ち致しております~

    【 無料ライヴ ご予約はこちらから!! 】




    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「予約制にしなきゃならないほど お客さん来るの?」


    当ブログを ご覧下さっておられる方の中には

    きっと、このような疑問を抱かれる方もおられるかと存じます。


    「私共のライヴには
    人数制限をしなければならないほどのお客様は
    お越しになりません」


    「ならば何故、予約制という方法を採っているのか?」


    「もっと気軽に聴きに行って、気軽に帰りたいんだけど?」


    そうお考えになられるのも 御尤もだと感じます。


    私共は、このように考えております。


    1、ご予約を頂くことで、ライヴ前に
      ご予約下さった方のブログへご訪問させて頂くことが出来る。
     
    ライヴ終了後30分の時間を設けさせて頂いておりますが
    私共の技量不足により、中々円滑には
    皆様へのご挨拶が儘なりません。
    中には上手くタイミングが掴めず
    一言の言葉も交わさず終いになってしまうお客様も居られます。
    そのようなこともあり、前以てお客様の情報と申しますか
    ”人となり”のようなものを識っておきたいのです。

    2、前以て、お客様のブログにご訪問させて頂くことにより
      ライヴで演奏するセットリスト(曲目)が
      組み立て易くなる。

    ご予約頂いた お客様の記事を
    改めて拝見させて頂くことにより
    その方が日々”どのようなことを感じ、考えておられるのか”
    を多少なりとも識ることが出来ます。
    そのことにより、そのライヴで最も相応しい曲を選択出来ます。
    また、お客様によってはご予約時に
    ”リクエスト”を賜ることもあります。


    大まかに申し上げて、以上2つのような観点から

    予約制という形式を採らせて頂いております。

    ・・・尤もこれは

    必ずしも予約しなければNGということではありません。

    当日ギリギリになって「行ける」という

    見通しが立つ方も居られます。

    また、今回も同様の例がございましたが

    「さっき、館内のポスターを見て来ました」

    という お客様も居られます。

    当たり前ですが、どちらも”大歓迎”でございます。



    【セットリスト】

    1、祈り 2、僕の願い 3、バース・ヴィジョン
    4、世界人類が平和でありますように 5、絶対のまなざし
    6、おかげさまの涙

    私共のライヴには、毎回様々な境遇の方がご来場下さいます。

    その中でも今回は「3年待ち望んで、やっと伺えた」

    という方が居られました。

    と云いますのも、その方には お子さんが居られ

    今から約4年ほど前に大変な交通事故に遭われたのです。

    何日も何日も生死を彷徨われ

    その後やっと意識が戻ったものの

    そこからの日々が、また大変なものだったようです。

    されど、何と今回のライヴに

    そのお子さんとご一緒に親子で

    また、お友達もご一緒にお越し下さったのです。

    それが、その方にとっての”3年間の意味”なのです。


    また今回は、日々難病と闘いながら音楽を創って居られる

    アーティストの方もご来場下さいました。

    社会的認知度の低い ご病気と闘うその方は

    それ故に、日々大変辛い想いをなさっています。

    ”服に着替えて玄関の鍵を開ける”

    という動作だけをとっても、その方には

    ”途方もなく辛い”ことなのです。

    それは哀しいかな、僕のような者には計り知れません。

    そして、その社会的認知度の低さから

    たとえ外に出られても、その方を待ち受けているものは

    惨い仕打ちだったりするようです。

    故に、どうしたってご自身の部屋から出られなくなります。

    なのに、今回のライヴにお越し下さったのです。

    会場までの道すがら、どんな想いだったでしょうか。


    ・・・ここにご紹介させて頂いた方は

    様々な境遇に生きる方の中の”ほんの一部”の方です。


    このような経緯を辿って開催する私共のライヴは

    どうしても必然的に”濃い”ものとなり

    もしかしたら人によっては”うざい”のかもしれません。

    されど私共は、これからも

    出来るだけ その時その時のお客様に

    ”寄り添った歌”をお届けしたいのです。

    そのための”予約制ライヴ”です。



    さて、今回も関東エリア

    また、それ以外の地域からも お客様がお越し下さいました。

    甚だ簡単ではありますが

    この場をお借りし、御礼申し上げたく存じます。

    【千葉県柏市よりお越しの Y 様】
    先月に引き続き、今月もお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    そして、この日4月29日の お誕生日おめでとうございます!!
    あ~、あの時「おめでとう!」をお伝えしたかったなぁ~。
    いつも様々な場面でのご配慮や言葉選び
    そして、お心遣いに感心してしまうこと仕切りです!

    【千葉県柏市よりお越しの A 様、ご子息様、ご友人様】
    私共のライヴを3年の長きに亘り待ち望んで下さり
    そして今回、ご子息様、ご友人様とご一緒にお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    A様は想像通り、心の大きな方でした!
    ご子息様も大変「イケメン」でした!
    お友達の方に、くれぐれも宜しくお伝え下さい。
    ※勝手に記事にしてしまったこと、お赦し下さい。

    【千葉県柏市よりお越しの T 様】
    大変ご無沙汰しておりましたが
    お元気そうなお姿に お目にかかることが出来嬉しかったです!
    心より、有り難うございました。
    お仕事が変わられたとのこと
    慣れるまで大変と思いますが
    どうぞお体大切になさって下さい。

    【千葉県浦安市よりお越しの Y 様】
    先月に引き続き、今月もお越し下さり
    また、体調が優れぬ中お越し下さり
    心より、有り難うございました。
    ギターが仕上がり、弾いておられるとのこと
    今後は、ギター談義も交えてお話致しましょう!

    【東京都よりお越しの M 様】
    今回のライヴご予約第1号の M 様。
    本当に、よくぞお越し下さいました。
    心より、有り難うございました。
    幾つも電車を乗り継いで、どれほど勇気が要ったことでしょう。
    直接お話させて頂けたこと、大変お心のこもった
    メッセージを賜ったこと、決して忘れません。
    ※勝手に記事にしてしまったこと、お赦し下さい。

    【東京都よりお越しの C 様 A 様ご夫妻】
    先月に引き続き、今月もお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    いつも C 様からお伺いするお話がとっても神秘的で興味深く
    ついつい時間を忘れてしまいます!
    そして A 様の、いつも周りの方を和ませるジョークが
    私には、外国映画を観ているようでカッコイイです!
    C 様のお着物姿、この日も大変涼やかでお美しかったです!

    【東京都よりお越しの C 様 】
    ここ柏市にご縁の深い C 様
    この度は、私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    なのに、ご挨拶も儘ならず大変失礼い致しました。
    この度のライヴに対する記事
    いつも拝見させて頂いている記事の暖かさから
    まるであの時、直接お話させて頂いたような
    深い喜びを感じております!

    【恐らく東京都よりお越しの H 様 お嬢様】
    この度は、私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    H 様、あのピグとそっくりで、とってもチャーミングでした!
    また、お嬢様が H 様とそっくりで
    まるで姉妹のようでした!
    コメントへのお返事「ありがとうございます!」と
    可愛いお嬢様に、どうぞ宜しくお伝え下さい。

    【恐らく東京都よりお越しの Y 様】
    この度は、私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    なのに、ご挨拶も儘ならず大変失礼致しました。
    ライヴ記事、拝見させて頂きました。
    大変、勿体無くも喜びを隠せない記事でした!
    また、文章のみならず、お花や植物のお写真からも
    Y 様のお心が伝わって参ります!

    【東京都よりお越しの M 様】
    いつも私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございます。
    今月は無理かな?と思っていたのですが
    思いがけず、お目にかかることが出来
    喜びが、ひとしおでした!
    相変わらず M 様は、記事にあるお写真のように
    やわらかな風のようです!

    【東京都よりお越しの Y 様】
    大変ご無沙汰しておりましたが
    お元気そうなお姿に お目にかかることが出来嬉しかったです!
    心より、有り難うございました。
    ライヴ中に書かれたという詩
    大変、味わい深く心に刻ませて頂いております!

    【神奈川県よりお越しの S 様 埼玉県よりお越しの彼女様】
    大変ご無沙汰しておりましたが
    S 様のお元気そうなお姿にも また、ご婚約になられた方にも
    お目にかかれことが出来、とても嬉しかったです!
    心より、有り難うございました。
    そして、ライヴ1曲目の「祈り」のリクエスト
    真に、有り難うございました。
    「二つの掌のように」いつまでも寄り添うお二人でありますように。
    「おめでとうございます!」

    【静岡県からお越しの M 様】
    この度は大変遠方から、私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    もしかしたらライヴ終了後に
    お話させて頂くことは無理かなぁ、と思っておりましたが
    ご挨拶だけでも、という願いが叶い
    大変うれしゅうございました!
    M 様が創られるお食事、紡ぐお言葉は
    「祈り」そのものです!

    【岐阜県からお越しの J 様】
    先月に引き続き、今月もお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    J 様は、いつも片道8時間をかけて
    ここ千葉県柏市までお越し下さっているとのこと。
    涙が出るような感謝の想いで一杯です!
    また再会が叶う時があれば
    J 様の音楽活動のこと、音楽を愛する気持ちを
    もっともっと、お訊きしたいと願っています!

    【ポスターをご覧になってお越し下さったお客様】
    この度は、私共のライヴにお越し下さり
    心より、有り難うございました。
    私共のライヴのほぼ9割は、ブログからのお客様です。
    そのよう中で、ポスターをご覧になられただけで
    お越し下さったということに
    どれほど勇気を頂いたことか!
    再会が叶うことをお祈りしております!


    そして今回もブログを通し、実に沢山の方々が

    応援のメッセージを下さいました。

    また、ご自身のブログにて

    僕等のライヴのインフォメーションをして下さった方々

    CD販売に関する記事をアップして下さった方々

    動画を貼り付けて記事をアップして下さった方々等

    ライヴには行けないから、と

    CDをご購入下さった方々。

    CDを聴いて、その曲についての感想

    聴いて下さった方の”想い”を綴って下さった方々。

    いつも「いいね」を下さる方々。

    弛みない「ぺた」を下さる方々。

    当ブログ「詩は祈り」に訪れて下さった全ての方々。

    それはそれは沢山の方々が

    僕等のライヴを蔭から支えて下さいました。


    「千葉は遠くて行けない」


    いえいえ、そう仰って下さる皆様の”心”は

    あの日、間違いなく”同じ空間”に居られ

    ”同じ時間”を共有して下さったものと信じております。


    『皆様、心より有り難うございます』


    無限なる感謝を込めて

    ~世界人類が平和でありますように~



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0






    ・・・いつも四方八方 引きずり回され

    ぶつけられてばかりじゃ やり切れないだろう?

    いつもいつも線に繋がれたままじゃ不自由だろう?

    だから決めたんだ。


    「僕が君を背負う」


    と。








    だって、掃除機かけてると 背負いたくなりませんか?

    いいな、この背負い式 掃除機!



    追伸

    GWも終わり、今日から平日って本当ですか?

    へい じつは 本当なんです・・・

    皆様、ほどほどに頑張って参りましょう!





    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「Fasting Song」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 05/08/15--04:31: 達郎コード
  • 「あっ、そのコード!」

    「これか?これ通称 ”達郎コード ”って云うんだよ
    お前、達郎好きなの?」

    「大好きですよ!」


    僕の2つ上の先輩に

    ギタリストで高校生の頃からスタジオ・ミュージシャン

    という兵(つわもの)の方がいるのですが

    昔、20代の頃、よく遊んでもらっていたのです。

    それはそれは、散々しょーもない悪さばかり

    教え込まれた先輩なのですが

    唯一、今も僕の中に ”財産 ”として残っているのが

    この ”達郎コード ”を教えてもらったことなのです。



    達郎コードの ”達郎 ”とは

    勿論 ”山下達郎 ”さんのこと。

    我が国のソングライターの中では

    僕にとって ”小田和正 ”さんより

    ”佐野元春 ”さんより

    メロディー、詩世界、アレンジ力、コーラスワーク

    また、リズム・ギタリストとして

    その他トータルバランスという検知に於いて

    決して他の追従を許さない

    最も敬愛するアーティストになります。



    ”ギブソン J-160E ”

    これが現在の僕の愛器。

    過去記事の中で、何かにつけ

    ”ジョン・レノン に憧れて購入 ”と書いていたギターです。

    勿論、それは真実なのですが

    実は、決定打としては ”こちら ”。

    それが下の写真。



    つまり、達郎さんが弾いてるからなんですね~。


    僕が、達郎さんの音楽に巡り会ったのは 1980年。

    マクセル・カセットテープの

    CM タイアップとして流れていた ”RIDE ON TIME ”

    を聴いたことが切欠でした。

    ・・・もう何て云うんだろうなぁ

    「今まで好きで聴いて来た音楽は何だったんだろう?」

    というくらいの衝撃だったんです。

    それくらい ”僕の中の概念を引っ繰り返した音楽 ”が

    達郎さんの音楽だったのです。

    ・・・尤も、他の曲を聴けば聴くほど

    この曲の衝撃は薄らいでしまいましたが(汗)

    因みに、近年の この曲のヒットは

    リバイバル・ヒットです。



    本日は最後に、達郎さんの

    ”このナンバー ”をお届けしたく思います。

    衝撃的な 16ビート・カッティングではじまる

    イントロのギター。

    音楽理論的に云えば

    テンションコードの範疇に収まりそうでありながら

    ”達郎コード ”と云わしめる その独創的響き。

    詩は ”吉田美奈子 ”さん。

    そして脇を固めるのは B に ”伊藤広規 ”氏。

    Dr に 今は亡き ”青山純 ”氏。

    ・・・あくまで これは私見ですが

    1982年当時、海外ミュージシャンのサウンドと

    肩を並べられる音創りをしていたのは

    唯一、彼等だけだった気がします。

    そしてそれは、現在に至っても

    誰も追いついてはいない気がするのです。



    僕は ”夏になるとライヴで必ず唄う歌 ”があります。

    また、夏になると

    ”必ずと云っていいほどリクエストを頂く歌 ”

    があります。

    「残照」というタイトルの その歌は

    僕が ”達郎さんを意識して創った曲 ”。

    ・・・されど、今年のライヴ前半戦は 6月まで。

    それ以降は、秋に1回出来るかな?という感じです。

    故に、今年は前倒しで

    この曲を唄ってみようかな?

    と考えております。

    ということで、次回のライヴは ”5月19日(火)”。

    音楽活動を始めて以来 ”初 ”となる

    ”平日の昼間のライヴ ”になります。

    実験的開催となるライヴですが

    「土日・祝日の夜は、どうしても行けない」

    という方が居られましたら

    是非、遊びにいらして下さい。

    「皆様のご来場、心よりお待ち致しております」




    Sparkle -- 山下達郎 (1982)



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~





    0 0
  • 05/09/15--17:48: 雨の心で
  • 「水曜日の午後 / オフコース」

    この歌が僕にとって「雨にまつわる歌」のフェイバリット。

    数年前、過去記事の中で

    「雨にまつわる歌で、あなたが一番好きな歌は何ですか?」

    と質問させて頂いたことがありました。

    今、改めて思い返してみるに

    僕の答えは変わりませんでした。


    僕の好きな言葉に

    「優れたポップソングは、いつも雨の心で書かれる」

    というものがあります。

    また、こんな話もあります。

    昔の傘屋の職人さんは

    雨が降ると、よく傘を差さずに濡れて歩いたそうです。

    「雨に濡れる人の気持ちが解らないと、いい傘が作れないから」

    ということから、だそうです。

    あなたや僕のように、言葉を紡ぐ者

    また、何かアートの分野で作品を創り伝える者は

    「きっと皆、同じなのではないか?」

    と思うのです。

    あなたの作品は「雨の心」で書かれていると僕は感じます。

    そして「雨に濡れた者」だからこそ

    その詩を読む者の「傘」と成り得るのだと思います。

    正直、雨の心でいることは辛いですよね。

    されど、あなたは「雨の心を識っている」からこそ

    同じ想いをされている方の心に響く言葉が書け

    そんな人々の「傘にもなれる」のだと思います。

    今は辛いと思いますが

    「大河を泳いで渡り切った、ずぶ濡れの人間が
    突然の雨に動じたりしない」

    そんな強さと気高さを湛えた詩人になる時が必ず来ます。

    これからも、拝見させて頂きますね。



    つい先日、ある詩人の方から

    「私の詩は駄作だと思っていますが
    一体 何処がよかったのか教えて下さい」

    というような内容の質問を頂きました。

    この質問に対する答えが、上記の文面です。

    文中には

    ~あなたや僕のように、言葉を紡ぐ者

    また、何かアートの分野で作品を創り伝える者は

    「きっと皆、同じなのではないか?」

    と思うのです~

    と、したためた部分がありますが

    真実は、アートに関わる方に限定されるのではなく

    「人が人と相対することに於いて、皆同じ」

    なのだと感じます。


    「水曜日の午後 / オフコース」

    僕が、この歌に巡り会ったのは、中学1年の頃。

    それから現在に至るまで

    僕の中で「雨にまつわる歌 No1 の座」は揺るぎません。

    果たして それは何故か?

    「雨の心で書かれた作品」

    だからだと感じるからです。

    事実 僕は、中学1年当時

    この歌によって、思春期特有の苦悩から

    少しずつ徐々に開放されて行ったのでした。


    「優れたポップソングは、いつも雨の心で書かれる」





    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「淋しさは愛するためにある」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    ~ 真理の目玉よ 降りて来い
    おまえが あんまり高すぎるから
    この世の中は暗いのだ ~


    かつて、このようにうたった詩人がいました。


    「わかるなぁ」


    と、いつも思います。


    「わかってるけど、今日も出来なかった・・・」

    「そう思いたいけど、今はどうしても無理・・・」


    でもね、それでもいいと思うのです。

    いつも頑張って結果を出して

    運命を切り開いて行ける人もいるけど

    「何をやっても上手く行かなくて
    自力じゃ何も出来ない・・・」と

    そう言って泣いてる人こそ

    「生かされている」

    ということに気付けるんだもの。


    真理とは「高いが故に」真理。

    もし低かったら

    泥の中に沈み込んだ人間を

    高みへと引き上げることは不可能でしょう。

    でも、あまりに高すぎると

    背伸びしたって、ジャンプしたって

    届かないのです。

    だから・・・

    「生かされている」

    と気付いた あなたから

    頑張っても頑張っても報われない人に

    「出来なくたっていいんだよ」

    「頑張ってることは、よく知ってるよ」

    と、伝えて欲しいのです。

    ・・・本当は

    何も言わなくてもいいから

    黙って相手の話を聴いてあげて欲しいのです。

    きっと あなたが降ろした「真理の目玉」に乗って

    泥の中から這い上がれるはずです。

    そして何より あなたが

    這い上がっているはずです。


    ~ 自分を好きになれない心優しき友たちよ
    もう一歩も先へは進めないと思ったときこそ僕等は
    耳を澄ませて命からの語り掛けを聴いてみる ~
    【オリジナル曲 / あるがままに】

    5月19日(火)のライヴは

    この歌からスタートします。

    お時間のある方は是非、遊びにいらして下さい。

    心より、お待ち致しております。

    無限なる感謝を込めて



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    「ソロ・ギターが弾けるようになりたいなぁ」


    と、いつも思います。

    スティール弦・ナイロン弦を問わず

    殊 ”アコギ ”というものと付き合っていると

    どうしても、そんな想いに駆られます。

    ・・・ただこれが、難しいんだなぁ。


    ”ソロ・ギター ”って、どんな奏法かというと

    ”メロディーと伴奏を同時進行で弾く ”という

    実に高度な業を必要とするギター奏法なのです。

    曲の間奏として入ることがある

    所謂 ”ギター・ソロ ”とは別ものです。

    僕は、どんなに難解なギター・ソロをキメられる方より

    このソロ・ギターを”流れるように弾き熟す ”

    そんなギタリストの方を尊敬しちゃうんだなぁ。


    つい先日、僕がよく拝見させて頂いている

    ギタリストのブロガーさんが、このソロ・ギターで

    ”ハナミズキ ”という曲を演奏していたのです。

    この曲のファンの方 沢山居られますよね。

    花木としてのハナミズキも、今が旬というか

    ここ関東では、旬をちょっと過ぎた頃かもしれませんが

    ちょうどリンクしています。

    で、この方のソロ・ギターが また素晴らしい!

    ということで昨日、僕もライヴの練習時に

    ちょっとトライしたんですが・・・

    イントロだけで挫折しました(汗)

    夢としては、自分の曲を

    ソロ・ギターで弾きたいんですよね。


    ”ハナミズキ ”この曲には、ちょっと想い出があって・・・

    カミさんと出逢って、まだ間もない頃

    何度か一緒にカラオケに行ったことがあるんですが

    僕と彼女には 10年という歳の差があるので

    唄う歌が全く違うのです。

    ましてや僕は ”ルーツを遡るタイプ ”なので

    どんどん開いて行きます。

    ・・・カラオケで ”レッド・ツェッペリン ”の

    ”移民の歌 ”なんて唄う人いるんでしょうか?

    この曲は昔、コピーもしたし

    ”ブルーザー・ブロディ ”(プロレスラー)の

    入場テーマでもありましたから外せないんですよ!


    閑話休題。


    ”ハナミズキ ”の話でした(汗)

    で、彼女は ”彼女世代 ”の

    云わば、ヒットメロディーを唄います。

    でも、そんな中で 1曲だけ

    ”全く趣の違う歌 ”を彼女が突然 唄い始めたのです。

    当時 僕は、その曲の存在を知りませんでした。


    「今 唄った歌、何ていうの?」

    「ハナミズキだよ」


    ・・・よく合コンの流れでカラオケ行って

    ラヴ・ソングのバラードを唄う男の横顔を見てたら

    恋におちた、なんて話を聞くことがあるけど


    「マジですか~」


    って感じだったのです、僕は。

    でも、彼女が この ”ハナミズキ ”を唄っている姿は

    他の、どの曲を唄ってる時とも全然違っていて

    遥かに、綺麗に見えたのです。

    で、その時思ったのです。


    「・・・確かに、唄う歌によって
    その人の見え方って変わるんだなぁ」


    と。

    ・・・尤も僕は

    この時、彼女に恋をしたわけではありませんが。

    兎に角その瞬間から僕は、この歌が大好きになり

    彼女に何度も何度もリクエストしては

    唄ってもらったという

    そういう想い出がある歌なのです。



    予々僕は


    「音楽とは、神が語る神の言葉である」


    と思っています。

    ならば、美しい音楽を奏で唄う時


    「人は本来在るべき姿で輝く」


    云わば、それは当たり前のことなのだと感じます。

    そして


    「音楽とは人を愛に導くためにある」


    この言葉は、もう幾度となく

    当ブログにて掲載済みですが

    我が国を代表する音楽家

    ”山田耕筰 ”さんのこの言葉は

    真さに真実であり

    今後も僕が創作を続けて行く上で

    揺ぎ無き指標として在り続けることに間違いは無いと

    改めて確信するに至るのです。


    では、本日は最後に

    この ”ハナミズキ ”をソロ・ギターで

    お届け致したく思います。

    僕は、この ”岡崎倫典 ”氏の奏でる

    ソロ・ギターの響きを聴いていると まるで・・・


    ”薄紙の上に落としたインクが

    ゆっくりと そして じんわりと滲み拡がってゆくように

    心が夕焼けてゆく ”のです。

    「 岡崎倫典/ハナミズキ
    (YouTube動画) 」

    ※ この動画自体を貼り付けるのは無理だったため
    お聴き下さる方は、このリンクからお願い致します。

    また、この動画の臨場感、空気感を味わうには

    出来ることなら、ヘッドフォンで聴いて頂けたらと思います。




    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「約束」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~






    0 0
  • 05/14/15--13:29: もし・・・
  • ・・・もし、生まれ変わったとしても

    僕は君を探すだろう

    そして、君を選ぶだろう。

    If ・・・




    皆さんは ”パン ”と ”ブレッド ”

    どちらが お好みですか?

    ・・・毎度、唐突に話を始めますが(汗)

    実は これ、どちらも ”同じ ”なんですね。

    日本語、台湾語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語

    などで顕す時は ”パン ”となり

    英語、デンマーク語、ノルウェー語などでは

    ”ブレッド ”となるようです。

    故に、日本では まず ブレッドとは云わないんですね。

    ・・・否、もしかしたら

    かの ”ミスター長島茂雄 ”氏なら

    云いかねない気もしますが。


    「ミスターは、いつも朝食には
    何を召し上がっているのですか?」

    「うぅ~ん、いわゆる ひとつの、ブレッドですかっ!」


    と、まぁ、こんなところでしょうか。


    それは さて置き

    僕は ”パン屋 ”に行くのが大好きです。

    恐らく、外で昼食をとる場合の 99%が

    パン屋ということになってると思います。

    で、何を食べるか?というと

    余程のことがない限り ”バゲット ”のみ。

    所謂 ”一番硬いフランスパン ”です。

    もう、口の中を怪我するくらい

    バリバリに硬いバゲットが好み。

    休みの日は、カミさんとパン屋に行って

    これをその場でカットしてもらって

    近くの景色のいい場所で

    持参したコーヒーを飲みながら ゆっくり食べる。

    これが僕の一番の癒しの時間。


    バゲットはフランスが発祥なので、当然 ”パン ”

    かたや食パンは?と云えば

    食パンを ”イギリスパン ”

    なんて云い方をするところから見ると

    ”ブレッド ”なのかもしれません。

    パンにせよ、ブレッドにせよ

    これらには ”朝 ”のイメージが強くあります。

    そしてそれは ”この曲 ”にも。


    1971年リリースの この曲は

    世界中で沢山のアーティストがカバーしています。

    この曲名、グループ名をご存じない方でも

    きっと何処かで耳にされているのではないでしょうか?



    ・・・もし、生まれ変わったとしても

    僕は君を探すだろう

    そして、君を選ぶだろう。

    If ・・・


    今朝は、この曲をお届けしたく思います。



    イフ / IF [日本語訳付き]   ブレッド / Bread



    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    平日昼間のライヴを ご希望下さっている

    お客様も居られることと思いますが

    諸事情により、中々難しい状況です。

    よって今後は なるべく

    ”土日・祝日 ”に開催する方向で

    調整したく思っております。

    ということから、平日昼間のライヴは

    ”今回がラスト? ”になるかもしれません。

    何卒、ご了承下さい。

    また、今年上半期のライヴは

    残り あと2回を以って終了です。

    その後は ”秋に1回 ”開催出来るかどうか?

    というところです。

    「お時間のある方は、是非遊びにいらして下さい」

    心より、お待ち致しております!!


    無限なる感謝を込めて




    【 小林洋一 無料ライヴ詳細、ご予約はこちら 】

    【 小林洋一 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







older | 1 | .... | 18 | 19 | (Page 20) | 21 | 22 | .... | 62 | newer