Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

小林洋一 ~詩は祈り~

older | 1 | .... | 24 | 25 | (Page 26) | 27 | 28 | .... | 62 | newer

    0 0

    ・・・何でも噂によると

    海外のFacebookでは「いいね」というものの他に

    「わるいね」というボタンも存在するとか。

    故に日本でも、それに倣って

    遂に「わるいね」ボタンが導入されたとか?


    「小林さんは、Facebookやってないのですか?」


    と、よくご質問を受けるのですが

    もう何年も前に撤退してしまっているので

    真相のほどは定かでありませんが。


    とはいえ、上記の話を持ち出すまでもなく

    今やこの「いいね」というものに於ける比重は

    大変、重くなっているようです。

    ・・・そう、つい最近

    アメブロも「ペタ」を廃止しようとしましたから。


    そのような中で、当ブログには

    長年に亘って、来る日も来る日も弛み無く

    この「ペタ」をし続けて下さっている方が

    膨大な人数に上って居られるのです。


    因みに当ブログ「詩は祈り」は

    今年の6月で、開設丸8年を迎えます。

    毎日毎日、休むことなく8年間です。

    その間ず~っと続けて

    「ペタ」をし続けて下さっている方々が居られるのです。

    続けておられる方は、お判りかと存じますが

    実に地味な作業ですよ・・・

    もう何処を探しても、感謝の言葉も見つかりません。


    『いつも弛みなくペタを下さる皆様
    心より心より、有り難うございます!!』


    ところで、これって意外とご存じない方が居られるようですが

    「ペタ」というものは、頂く分には上限なく

    無限に頂くことが可能なのですが

    自分から「ペタ」をする場合には その上限が


    ”1アカウント500ペタまで ”


    と決まっております。



    そして、大変有り難くも非常に申し訳ないことに

    当ブログでは、頂いたペタに対し

    全ての方にお返しが出来ていないのが現状です。


    『ペタのお返事にお伺い出来ていない皆様
    真に以て、申し訳ありません』


    大変有り難くも非常に申し訳ないことに

    と、この言葉ばかりを繰り返すようで恐縮ですが

    当ブログでは、開設当初より

    このような現象が続いているのです。

    故に、そのような中に於いても

    変わらず弛み無くペタをし続けて下さっている方々の存在は

    真さに


    ”無限の愛を体現される方 ”


    と申し上げるより他にありません。


    当ブログ「詩は祈り」は

    実に、このような皆様の存在により

    日々続けさせて頂いていると申し上げても過言ではないのです。


    今一度改めて、無限なる感謝を込めて

    御礼申し上げます。

    ※ブログ記事を更新しているこちらのメインのブログの他に、予備で作成したペタ返し用のサブブログが存在しております。ブロガー様によっては、大変有り難いことに、その全てのアカウントにペタを下さる方が居られます。真に以て嬉しく有り難いことなのですが、それでは余りにもお手数をお掛けすることとなってしまいます。ペタを頂きながら、このようなことを申し上げることは甚だ失礼とは存じますが「どちらか1つに」ペタを頂けたら幸いです。





    話は変わりますが

    今回からのライヴ・リニューアルに伴い開設致しました


    ”ライヴご予約者様・専用掲示板 ”


    について、ご報告申し上げます。


    実は、この掲示板

    つい先日、閉鎖という形を採らせて頂きました。

    閲覧、書き込みをして下さった皆様には

    大変ご迷惑をお掛けすることとなり

    申し訳なく思っております。


    閉鎖するに至った理由ですが

    このようなサイトを運営する上では

    ある意味、避けられないことなのかもしれませんが

    不適切な書き込みをされる方が居られるのです。

    尤も、そのような書き込みをなさった方は

    自らライヴの予約をキャンセルなさいましたが。

    故に、変わらずご予約を賜っているお客様に於きましては

    何卒ご安心下さいますよう

    その旨、ここにご連絡、お伝え申し上げます。



    さて、ライヴまで あと2週間となりました。

    本日より、本腰を入れてリハに取り組みます!!


    無限なる感謝を込めて



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「創世生」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0
  • 02/23/16--23:11: 3月11日の地球から
  • ・・・毎度くどいようですが


    ”人間の死亡率は100% ”


    なのです。

    現段階に於いては。

    その宿命を、誰かは逃れられて

    また他の誰かは逃れられない

    というような問題ではない。

    遅かれ早かれ、全ての人に対し平等に訪れること。

    そしてそれは・・・


    ”何十年後かもしれない ”


    或は


    ”明日かもしれない ”


    もしかしたら


    ”本日、次の瞬間かもしれない ”


    のです。


    「そんな風に考えるなんてネガティヴだね」


    そう仰りたい方も居られるかもしれません。

    そのお気持ちも解らないではありません。

    されどそれは、僕の中では


    ”逃げ ”


    になってしまう。

    ならば僕という人間は

    それほどまでに強い存在なのかと申せば

    ・・・哀しいかな

    見るも無残なほど弱々しい。


    されど、されど


    ”死を見つめない生など有り得ない ”


    のです。


    「あなたの命は明日までです」


    もし、そう宣告されたなら

    これまた、くどいようですが


    ”私が、私が ”





    ”これは私の考えだ、これは私がやったことだ ”


    などと、そんなちっぽけな私に

    執着している暇などあるでしょうか?


    ”そんな私など、とっくに渡している ”


    どころか


    ”考えにも上っていない ”


    ことでしょう。


    故に僕等は


    ”肉体生命の有限性 ”


    を、はっきり自覚出来ぬうちは

    どうしてもブレてしまう。

    云い替えるなら


    ”魂生命の永遠性 ”


    に、はっきり目覚めた時

    僕等は自動的に、それを解脱していることでしょう。


    もうすぐ3月。

    今年もまた、あの未曾有の大災害発生の日が

    近付いております。


    ”東日本大震災発生 ”


    ・・・あれから今年で、丸5年が経ちます。


    いつも死にフォーカスして生きている気になっておりました。

    されど、いざあのような災害を目の当たりにした時

    哀しいかな


    ”僕と宇宙との繋がり ”





    ”頭の中でだけ生きていて、心の中では死んでいる ”


    まるでそんな、勘違いのような

    ひ弱な繋がりでしかなかったことを思い知らされました。


    あの未曾有の大災害は

    そんな泰平ボケしたような当時の僕には

    余りにも大き過ぎる出来事でした。


    48年、生きて来た中で

    幾度となく、人生の再スタートを繰り返して来ました。

    きっと皆さんにも、ご経験があることと思います。


    ”この歌 ”


    は、あの日3月11日の地球から

    また改めて始まった僕の中の


    ”宇宙との大きな繋がり ”


    です。


    この歌は、3月6日(日)のライヴでも

    唄うつもりでおります。

    ライヴのご予約はこちら



    動画がありませんもので

    以下に歌詩を載せさせて頂きたく存じます。


    【3月11日の地球から】

    こうして あなたを抱きしめるだけで

    両手は、既にふさがってしまっている

    「あなたを守る」というその意味を

    何より、深く突き付けられたあの日


    地球は動く、時に大きく

    僕等の心の動きに共鳴して

    あなたも僕も星なんだ

    地球という惑星そのものなんだ


    あなたが愛おしいからこそ見つめられる

    いつか僕の人生にも終わりは来ると

    だから今をためらわずに伝え続けよう

    「あなたに逢えてどんなによかったか」


    そして僕たちは忘れはしない

    春まだ浅い、あの日のこの国を

    「人間は決して肉体じゃない」

    あなたと生きる この命の理を



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「約束」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    ・・・そういえば、ありませんでした


    ”ライヴ・チケット ”


    なので、創ってみました。


    『ライヴ・チケットのようなものがあったらいいですね!!』


    予てより、ライヴ時に於いてこのようなご意見を

    お客様より賜ってはいたのです。

    ・・・と云っても

    ご予約頂いたお客様に

    予め、お渡し出来るわけではありませんが。


    これは、ライヴ当日

    受付にて、お渡しさせて頂くつもりでおります。


    ライヴ・チケット・・・

    無ければ無いで何も問題はないのですが


    「あぁ、あの日、このライヴに行ったなぁ」


    という、ささやかなる想い出と共に

    その証となればいいかなぁと。


    私共のライヴは


    ”僕の歌とアコギ、カミさんのPA ”


    という


    ”もうこれ以上ない ”


    というくらいに


    ”ノー・ギミック ”


    なものなので

    微々たるものですが

    ディテールが増えたようで楽しいです。




    『3月6日(日)皆様のお越しを心よりお待ち致しております!!』

    ※ライヴのご予約はこちらから


    無限なる感謝を込めて



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「プレゼント」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    いつも記事に


    『いいね』


    を下さる皆様


    『心より心より、有り難うございます!!』


    いつも皆様から頂く”いいね ”に目を留めながら

    有り難い想いで、いっぱいになっております。

    そのような中にありながらも恐縮至極ですが・・・

    正直、今までも、これからも ”いいね ”を下さった

    全ての皆様のブログを訪問させて頂くことは

    哀しいかな、不可能のようです。
    (※同様に、頂いたメッセージへのお返事も儘ならぬ状況に
    大変、心苦しく想っております。)

    されど今後は、今まで以上に

    皆様のブログ記事へ訪問させて頂こうと

    心掛けて行く所存です。

    ・・・こういう云い方も変かもしれませんが

    その際には、積極的に ”いいね ”をさせて頂けたら

    幸いに存じます。

    どうぞ宜しくお願い致します。


    ・・・ところで

    ”いいね ”のお話をさせて頂いたばかりで恐縮ですが

    本日のお題は ”ペタ ”についてです。


    お蔭様をもちまして

    この、~詩は祈り~メイン・ブログ
    (※記事を更新している このブログ)

    本日のペタキャラが


    『ドラゴン』


    となりました!!



    8年近くブログを運営させて頂いている中で

    ペタキャラがドラゴンとなるのは

    今回で5回目くらいでしょうか・・・


    ・・・これは、毎日 皆様にペタを頂きながら

    ”ペガサス ”を維持させて頂いていることが

    どれほど有り難く大変なことか

    存じ上げた上で、改めて申し上げますが

    ペタキャラがドラゴンになるということは

    並大抵なことではないのです。

    故に、これも ひとえに、皆様のお蔭と心得ます。


    『いつも弛み無くペタを下さる皆様
    心より心より、有り難うございます!!』


    ”いいね ”を頂く時と同様

    いつもペタ帳を見ながら


    「あぁ今日も、この方が立ち寄って下さったのか~
    今日は、この方が覗いて下さったのか~」


    と、ほっこりしながら

    一日の終わりを締めくくるのが日課になっております。


    故に、これからは、これまで以上に

    ペタ、いいね を通して

    皆様と交流させて頂けたら幸いに思っております。

    何卒、宜しくお願い致します。


    無限なる感謝を込めて



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    ペタを下さっている皆様のお蔭で

    何と、ペタキャラが本日で


    ”3日連続 ドラゴン ”


    です!!

    心より心より、有り難うございます!!



    ・・・このような状況が続いているということは

    恐らく今まで、サブのブログにペタを下さっていた方が

    ここ数日は、こちらのメインのブログにも

    ペタを下さって居られるのかもしれません。

    ”いいね ”を頂くことと同様に

    とっても嬉しく励みになります!!

    今一度、改めて御礼申し上げます。


    『いつも、いいね、そしてペタを下さる皆様
    心より心より、有り難うございます!!』




    ところで、当ブログには毎日例外なく


    ”ギブソンのアコギが鳴らない ”


    と、お困りの方がその理由を探りに

    訪れて下っているようですが

    ここ近年のギブソン・アコギや他のメーカーのもの

    はたまたエレアコに馴れ切っている方からすると

    それらのギターは、工場出荷時から

    既に、非常に鳴るように作られているので

    例えばヴィンテージのギブソンを弾いた時には


    ”何でこんなに鳴らないんだ? ”


    となるのかもしれません。


    僕は、ここ近年(1990年以降)

    に作られたギターの音の傾向が好みではないので

    どうしてもオールド・ギター

    ヴィンテージ・ギターの話になっちゃうんだけど

    例えばマーティンっていうギターは

    1弦から6弦まで、とってもバランスが良い。

    高、中、低音、それぞれの役割を担って

    一本一本の弦が見事なハーモニーを奏でている。

    また、音の幅、膨らみ、奥行きが豊かで

    サステインも倍音も非常に豊か。

    つまりは、音のレンジがとっても広いということ。

    そして何といっても音に芯がある。


    かたや近年のギターから僕が感じるのは

    初めから過敏なほどよく鳴るんだけど

    サステインも薄ければ音に芯もない。

    音に芯がない、っていう部分が

    僕にとっては最も辛い。

    全てがそうとは云わないけど

    こういう傾向にあるところが好まない理由かな。


    で、ギブソンはと云えば

    1弦から6弦までが

    さながら一本の弦の如く鳴っている。

    音の幅、膨らみ、奥行きが殆ど無くて

    サステイン、倍音も非常に薄い。

    つまりは、音のレンジが狭いということ。

    でも音には芯がある。


    ・・・こういう風に書くと

    ギブソンのオールドギターって

    誰も欲しがらなくなっちゃうけど

    鳴らないか?と云ったら

    これでも、よく鳴っているのです。

    ただマーティンと比べて


    ”鳴りの質が全く違う ”


    ということなのです。


    故に、僕が感じるに

    マーティンは、やっぱりインスト向きかな。

    ギター一本の響きだけで、完全なる世界観を創れてしまう。

    僕もずっと、1970年代初期のD-41に憧れ続けているんだよね。

    敢えてD-45と云わないところがいいでしょ?


    で、ギブソンはと云えば

    レンジが狭く、倍音もサステインも薄いため

    ピンポイントで音が生きてくるので

    バンドの音に混ぜるのに都合がいい。

    そして、歌を邪魔しないので

    弾き語りにも相性がいい。

    ブルースの弾き語りにピッタリなのは

    そんな貧相な音が、ブルーな心とマッチするからだね。


    さて、本日は最後に

    これまた毎日のように、当ブログへ


    ”ジェイムス・テイラー・ギブソンアコギ ”


    と入力してお越し下さる皆様へ

    僕とっておきの動画をお届け致します。


    彼が弾いているギターは


    ”最も鳴りが弱いと評判の1960年代後半のギブソン ”


    その中のJ-50というモデルです。

    彼は、全くピックを使いません。

    常に指弾きだけで音を出しているのです。

    それで、これ程の演奏をするのです。

    低音なんて「コン、コン」としか鳴ってない(汗)

    その低音の上に高音が「ジャリン」と乗っかってるだけ。

    なのに、まるでギターが生き物のように唄っている!!


    彼はシンガーソングライターです。

    されど、そんな枠を通り越して

    一流のギタリストでもあるのです。


    ”鳴らないギブソンを鳴らす ”


    とは真さに、このことを云うのでしょう。




    James Taylor - Greensleeves (Live 1970)

    ペタしてね


    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」




    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    『君よいつも、いついつまでも元気でいて』


    ・・・冒頭に挙げたこの言葉は

    昨日のライヴ5曲目に唄わせて頂いた


    僕の願い


    という曲の中の一節です。


    この歌の中に登場する「僕」という人間は

    同じく、この歌の中に登場する「君」という女性の


    ”苦しみ ”


    そして


    ”哀しみ ”


    を、まるで我がことのように感じ

    いつも傍に寄り添って見守っている男性。

    かといって、そんなに強い人間じゃないから

    彼女が笑えば、ただそれだけで手放しで嬉しくなって

    彼女が涙する時は、頑張って耐えているんだけど

    結局最後には、一緒に泣いてしまう・・・

    そんな人間なのです。

    そんな自分の弱さ、哀しみとずっと対峙して来た「僕」だから

    「君」が抱えている孤独や哀しみを

    無条件で受け入れている。


    でもね、そんな「僕」にも


    ”たったひとつだけ「君」に願うこと ”


    があるんです。


    「どんなに頑張ってみても、それが出来ない
    そんな君が大好きさ」


    そう云い切る「僕」にも

    たったひとつだけ、あるんです。


    「それよりも ひとつだけ願いを叶えて」


    と、ある時「君」に打ち明けるのです。

    それが・・・


    『君よいつも、いついつまでも元気でいて』


    という、ただそのひとこと、なのです。



    昨日のライヴ1曲目は


    ”3月11日の地球から ”


    という歌でした。

    間もなく、あの東日本大震災発生から

    丸5年という日がやって来ます。


    ・・・いつもと変わらない朝を迎え

    いつもと変わらない「おはよう」の言葉を交わし

    いつもと変わらない「行って来ます」の言葉を残し

    いつもと変わらず、あの日も沢山の方が家を出たのです。

    その中には、出掛ける間際些細なことで口喧嘩をしたまま

    仕事に向かった方も居られたでしょう。

    もしかしたら常々「こんな奴、居なくなればいいんだよ」

    なんていう想いを相手に抱いていた方も

    居られたかもしれません。

    そして、あの日の午後14時46分18秒・・・


    ・・・帰って来なかった方が沢山居られましたね。

    または、あの日家を出たからこそ助かって

    そのまま家に残ったために犠牲になった方も

    沢山居られました。

    その方々からすれば、どんなに嫌味を云われたのだとしても

    暴言を吐かれたのだとしても

    あの日の朝からやり直したかったことでしょう・・・


    ・・・だって、その方々からしたら


    『君よいつも、いついつまでも元気でいて』


    という


    ”たったひとつの願い事 ”


    さえ、一瞬にして奪われてしまったのですから。



    いつも申し上げておりますが

    私共のライヴには、予てより

    心身のバランスを崩された方が多くご来場になります。

    そしてそれは


    ”涙活ライヴ ”


    と銘打った謳い文句を外した

    今回からのライヴ・リニューアルに於いても同様なのです。


    電車に乗るとパニックになることが分っていながらも

    毎回ライヴを待ち望み楽しみにお越し下さるお客様。

    その方は本当に、道中パニックになりながらもお越し下さり

    時には、お帰りの際ご自宅に辿り着けず

    お友達の方のところに泊めて頂いたりしながら

    それでもお越し下さるのです。


    足腰に問題を抱えた方がご来場下さるケースも多いです。

    やはり今回も、そのような方が杖を突きながら

    何本も電車を乗り継ぎ

    大変な想いをなさりながらお越し下さいました。


    中には、このような方も居られます。

    この方は、特に心身に問題を抱えておられる方ではありません。

    されどその方は、お仕事の都合で毎回ご主人を

    昨年、同時多発テロが発生したフランスはパリへ

    送り出さなければならないのです。

    去年もテロがあったすぐお近くに滞在されていたようで

    寸でのところで助かったようです。

    そのようなところへ送り出さなければならないお気持ちたるや

    如何ばかりのものなのでしょうか・・・

    されど今回のライヴには、そのご主人もご一緒に

    お越し下さいました。


    また、このような方も居られます。

    その方も、やはり精神のバランスを崩され

    お仕事を続けられながら治療をなさっておられた方なのですが

    今ではすっかりお元気になられ

    毎回ご自慢のバイクでお越し下さるのです。

    つまりその方は、そのような辛い状況を克服なさったからこそ

    嘗てのご自身と同じ問題を抱えておられるお客様の

    お気持ちが解るのです。

    そんな方ですから、いつも彼の周りには

    自然と人が集まってしまうのです。


    ・・・本当は、もっともっとご紹介したいところですが

    それをしていては枚挙に暇がありません。


    ただ何を於いても

    毎回そのような想いをしてまでお越し下さるお客様へ

    ブログを通して応援して下さる皆様へ

    「いいね」を下さる皆様へ

    「ペタ」を下さる皆様へ

    私共が申し上げたいこと

    お伝えしたいことは


    ”ただひとつだけ ”


    それは・・・


    『現在どのような状態、状況に置かれていようとも
    ただただ元気でいて下さい』


    『君よいつも、いついつまでも元気でいて』


    という、ただそれだけなのです。


    ・・・尤も


    「こんな状況だからこそ元気じゃねーんだよ!」


    と云われてしまうと返す言葉もございませんが(汗)


    ・・・皆さんには、このようなご経験はないでしょうか?

    夜、いつものように布団に入ります。

    そのような中で、夜中にパッと目が覚めて

    何だかとっても不安になり

    横で眠っている人の掛け布団が

    その呼吸と共に微かな動きを見せているか?

    を確認せずにはおれなかったり

    或は、相手の鼻のところに手の平をかざしてみて


    「ちゃんと息してるな」


    と、その命の営みを感じてホッとしたり・・・


    「え~何それ、キモイんですけど~」


    なんて云われちゃうと、ちょっと凹みますが(汗)

    どんな問題を抱えていようと

    それをどう足掻いても自分が変わってあげられない

    そんな宿命のもとにあっても


    ”今確かに息をしている ”


    ”体が動いている ”


    それだけで感謝せずにはおれませんね。


    喧嘩出来るのだって、嫌味を云われるのだって


    「こんな奴、死んじまえ!!」


    と思うのだって、相手の方が生きていてくれるからですね。


    「だから今をためらわずに伝え続けよう
    あなたに逢えてどんなによかったか」
    ※3月11日の地球から より


    ”この一分一秒が、真さに奇跡 ”


    なのです。


    『有り難い』


    という言葉の語源である


    『ここに有り続けることが難しいにも拘わらず
    今尚こうして有り続けてくれること』


    『有り難う』


    という言葉は


    ”そんな奇跡への感謝の言葉 ”


    なのです。


    『どうか皆さん、いついつまでも元気でいて下さい』


    『そして、いつもいつの時にも有り難うございます』




    さて、今回もアメブロから

    沢山のお客様がお越し下さいました。

    ・・・私共のライヴにお越し下さるお客様は

    毎回9割の方がアメブロガーでした。

    が、ここ最近ではそれが変わり始めたのです。

    それは何故か?

    アメブロからのご縁でお越し下さるお客様が

    ご家族の方やお友達、恋人の方などを

    お誘い合わせの上、お越し下さる方が増えて来たからなのです。

    故に今回のライヴでも、その比率としては

    約8割がアメブロガーとしてのお客様であり

    残りの2割のお客様が、そのお友達であったり

    ご家族であったり、恋人だったりしているのです。


    そのような中で

    毎回お客様がどちらからお越しになられたか

    その全てを把握出来るわけではありませんが

    今回も様々なところから

    お客様がお越し下さいました。

    まずは、僕と同じ千葉県から数名の方が。

    東京都からも同じく数名の方が。

    神奈川県からも同じく。

    埼玉県からも同じく。

    ここからは、かなり遠方よりお越し下さったお客様になりますが

    先月に引き続いて、栃木県より。

    同じく先月に引き続いて山形県より。

    千葉県より西の方面からは

    静岡県より数名の方が。

    そして愛知県からもお客様がお越し下さいました。


    ライヴ・リニューアル第一回目にも拘わらず

    沢山のお客様がご来場下さったことに対し

    この場をお借りして厚く厚く御礼申し上げます。


    『貴重なお休みの日でありながらも、お忙しい中
    また遠いところをライヴにお越し下さり
    心より心より、有り難うございました!!
    皆様にお目にかかれ、とっても嬉しゅうございました!!』


    また今回も、その肉体は会場にお越しになられなくとも


    ”その本体としてのエネルギー体 ”


    として、会場にお越し下さったお客様や

    CDをご購入下さった皆様

    ブログを通し応援下さった皆様

    ライヴ情報を、ご自身の記事にてアップして下さった皆様

    動画を貼り付けてご紹介下さった皆様

    「いいね」や「ペタ」を通して応援下さった皆様

    という、これまた沢山の掛け替えのない皆様に対し

    お蔭様で気持ちよくライヴが出来ましたことを

    同じく、この場をお借りして

    厚く厚く御礼申し上げます。


    『僕達人間は、決して肉体ではない
    それ故に、想いは自由自在に何処へでも行けるもの
    その真理を毎回教えて下さる皆様へ
    心より心より、有り難うございます!!』




    最後に、この画像は

    いつも遠く山口県より

    そのお姿を美しいお花に代えてお越し下さる

    真さに、その証としての真紅のバラの花束と

    お越し下さったお客様より頂いたプレゼントの品を

    今回はギターケースという特別席にて

    画像に収めさせて頂いたものです。

    桜のケーキと”ぐでたま ”さんのマスコットを

    セットでチョイスして下さったユーモア溢れるお客様。

    ご近所でも評判のお店にて

    月餅を買って来て下さったお客様。

    パン好きでベジタリアンな僕等に合わせて

    いつも美味しいパンを買って来て下さるお客様。

    また、いつも唄い終わった後の喉のケアにとの

    お心遣いのもとにホールズを下さるお客様。


    『実に実に細やかでありながら
    あたたかなるお心遣いに恐悦至極です
    皆様、心より心より有り難うございます!!』


    ~世界人類が平和でありますように~


    そして、いつもいつの時にも

    寝る間も惜しんでライヴ創りに取り組み

    そして支え続け、共に喜んでくれるカミさんへ

    願わくば、人生最後の日を共に迎えられたら

    それに勝る喜びはないけれど、それは天が決めること。

    だからどうか、ひとつだけ願いを叶えて欲しい。

    君よ、いついつまでも元気でいて。

    それだけが僕の願い。


    無限なる感謝を込めて



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    「地球は動く、時に大きく、僕等の心の動きに共鳴して
    あなたも僕も星なんだ、地球という惑星そのものなんだ」
    【オリジナル曲・3月11日の地球から より】


    「水」とは何か?

    地球を構成している大事な要素の一つだ。

    つまり「水」とは「地球」という「星」そのものなんだ。


    「空気」とは何か?

    地球を構成している大事な要素の一つだ。

    つまり「空気」とは「地球」という「星」そのものなんだ。


    「土」とは何か?

    地球を構成している大事な要素の一つだ。

    つまり「土」とは「地球」という「星」そのものなんだ。


    「木」とは何か?

    地球を構成している大事な要素の一つだ。

    つまり「木」とは「地球」という「星」そのものなんだ。


    「花」とは何か?

    地球を構成している大事な要素の一つだ。

    つまり「花」とは「地球」という「星」そのものなんだ。


    「動物」とは何か?

    地球を構成している大事な要素の一つだ。

    つまり「動物」とは「地球」という「星」そのものなんだ。



    『ならば人間とは何か?』



    「水」が汚れたら「地球」はどうなる?


    「空気」が汚れたら「地球」はどうなる?


    「土」が汚れたら「地球」はどうなる?


    それは即ち「地球」が汚れ、病むということだ。



    『ならば人間の心、想念が汚れたら地球はどうなるか?』



    私達人間は「水」や「空気」や「土」や「木」が

    「地球」を構成している大切な要素であることを

    古来から百も承知です。

    なのに・・・


    『自分自身が地球を構成している大切な要素』


    『自分自身が地球という惑星そのもの』


    なのだということには全くの無頓着というか

    全くそこには想いが繋がっていません。


    「人は死んだら、お星さまになるのよ」


    そうではないのです。


    『人間とは、その命の始まりから
    地球という星を構成する大切な要素として誕生している』


    のです。


    つまりは


    『人間とは即ち、地球という星そのもの』


    なのです。


    そんな決して覆しようのない


    『真理』


    を前に、私達人間は日々

    水を汚し、空気を汚し、土を汚し、森林を破壊し

    動物たちを殺している。


    自分より、ちょっと大きな体が「家族」です。

    家族より、ちょっと大きな体が「街」です。

    街より、もっと大きな体が「日本」です。

    日本より、もっともっと大きな体が「世界」です。


    『地球』


    です。


    自分の体を自分で破壊して、どうするんですか?


    ・・・でもね、ここまでは判り易い


    『目に見える問題』


    なのです。


    ところで、あなたは自分で出したゴミによって

    自分の部屋が汚れたら、どうするでしょうか?

    遅かれ早かれ「掃除」をすることでしょう。

    では、山に登山に行ってお弁当を食べたら

    そのゴミは、どうするでしょうか?

    しっかりと持ち帰ることでしょう。

    その意識を高めたことによって

    富士山は世界遺産に登録されました。

    私達は、自ら出したゴミを

    そのまま放置したりはしません。


    水を汚し、空気を汚し、土を汚し、森林を破壊すれば

    地球が病んで「苦しく哀しい」からです。


    『地球という星そのものの自分を傷付ける行為』


    だからです。

    故に私たちは、ゴミを拾い水を浄化し

    生態系を維持するために植林をしたりする。

    つまりそれは


    『自分の体が怪我をして、血が出たところに
    包帯を巻いて手当てをすること』


    に等しい。

    怪我をして血が出る、という現象は


    『目に見えてハッキリ分る』


    から人はそれが出来るのです。


    ならば・・・


    『私達人間の心』


    は、どうでしょうか?


    近年では、よく嫌味を云ったり暴言を吐くことを


    「毒を吐く」


    などと表現したりします。

    されど、その吐いた毒はその後どうするのでしょうか?

    自分の部屋の中に自分で出したゴミのように

    ちゃんと掃除をするのでしょうか?

    消毒をして、浄化させるのでしょうか?


    「俺は、あくまで正義を述べたまで」


    などと、開き直って正当化すれば「OK」なのでしょうか?

    それで「浄化」されたとでも云うのでしょうか?


    『人間が出した負の感情という想念』





    『目に見えないから放っておけばいい
    目に見えないものは無いと同じ』


    なのでしょうか?


    『その心からは血が滲んではいない』


    のでしょうか?

    それとも・・・


    『血が出ていても目には見えないから気付かない』


    のでしょうか?


    『目に観えない心の病は、目に見える体の怪我や病気と違って
    人からは同情されない、同情しない、シカトする、シカトされる』


    そんな構図に似ている気がします。

    ・・・これ見よがしに包帯やギブスをしていれば


    「大丈夫ですか?」


    と声をかけてもらえるのに・・・


    『ストレスが原因で病気をする、なんてことは
    大なり小なり誰もが経験していること』


    なのに不思議ですね。


    地球だって同じですよ。

    云わば私達人間は


    『地球という体の細胞のひとつ』


    です。

    そこにストレスをかけ続けたらどうなるでしょうか?

    地球は病気になりますね。

    即ち


    『私達人間が心にストレスを溜め込めば
    私達人間だけが病気になるのではなく地球も同時に病気になる』


    のです。


    人間は、地球という星そのものなんですよ。

    自分が出した食べ物のゴミや汚した水

    汚した空気や土は、掃除をしたり

    人間の知恵で努力して浄化出来ます。

    ただそれは、目に見える形で地球が病んでゆき

    ダイレクトに自分たちの生活が脅かされるから

    努力し易いのです。

    されど哀しいかな・・・


    『私たちが自ら出した負の感情という毒』


    は、周囲に撒き散らしたまま

    放り捨てたままです。


    地球が病まないわけがない。


    『森林を破壊すれば河が暴れる』


    そんな自然災害の成り立ちを理解している人間なのに

    殊、己の想念、己の吐いた毒では地球が病まないと思っている。

    真に以て不思議です。


    『地球という惑星そのものの私達の心が
    こんなにもズタズタに傷付いているのに』



    私達の傷付いた心、負の感情エネルギーは

    哀しいかな、十分に地球を破壊して余りあるパワーを有している。

    地震も津波も心ひとつ、想いのままです。



    政府、そして東電が赦せない。

    真に以て、無理からぬことと思います。

    されど、根本はそこじゃない。


    『世界人類が平和でありますように』


    3月11日というこの日を


    『私を渡して』


    祈らずして、一体何を以て平和と云えるのでしょう。


    『正義、それは愛の前では全く問題になりません』



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい






    0 0

    本日の関東地方は

    とっても冷たい、冷たい雨が降り続いております。

    ・・・あと2週間もすれば

    あちらこちらで桜が咲き始めるであろうに。


    ところで・・・

    「桜」ほど、我々日本人の心を捉えて離さぬ花もありますまい。

    それを識ってか識らずか

    だから桜は、他の樹々の養分を奪ってでも

    時には、ひ弱な樹を枯らせてでもその命を自らに摂り込み

    空にそびえる大樹に育つのです。

    何故ならそれが、大いなる希望の花


    『桜の天命』


    故に。


    戦国の覇王・織田信長は、その侵略の手を

    遂には長島一向一揆、比叡山焼き討ちなど

    公界にまでも及ばせ、悪鬼羅刹と恐れられました。

    何故ならそれが、戦国の世を平定させるという


    『信長の天命』


    故に。


    桜と信長、陽と陰、善と悪、白と黒、明と暗、光と蔭・・・


    この両者のコントラストは、さながら


    『宮沢賢治と坂口安吾』


    の作風の如く、かたや天国行きの切符を手に天架け上がり

    かたや地獄へ向かって真っ逆さまのように受け取られがちだが

    何れ両者は、一点突破のその果てに


    『同じ宇宙』


    という真理のもとに出合うのです。


    ならば、桜にしろ信長にしろ

    同じ宇宙で出合っていることでしょう。


    ・・・ただ僕等には

    他の命を奪ってまで己が成し遂げねばならぬもの

    そんな天命を持って生まれた者の


    『圧倒的孤独』


    を解ることが出来ないという哀しさがある。


    ・・・他の命を奪ってまで己の為すべきことを為す。


    表面だけで捉えてしまうと

    これ以上、利己主義的な考えもないと

    お感じになられる方も多いことでしょう。

    されど、もう一つの側面から観れば


    『己の為すべきことは、全て天によって定まりしこと』


    と、私を渡してしまっているからこそ

    情を超えた宇宙の運行のもとに全てを委ねているからこそ

    その天命のままに働くことが出来ると云えるのです。

    ・・・その「孤独」の部分が解らないことには

    例えば、大化の改新を成し遂げた中大兄皇子

    後の天智天皇の気持ちをも同じように解りようがない。


    あなたも僕も、あの人もこの人もその人も

    人は誰もが決して例外なく


    『自分にしか解らない孤独』


    を抱えていますよね。

    僕等は、その一人一人が個別に肉体を持たされている

    というこの3次元、物質次元の宿命上

    どんなに逆立ちをしてみても

    決して相手に成り代わることは出来ない。


    「とてもじゃないけど見てられない」


    からといって、相手と変わってあげることは不可能なのです。

    それ故に孤独ですね。


    話を聴いてあげることも出来る。

    一緒に泣いてあげることも出来る。

    されど、出来ることはそこまでです。

    転んだ相手の代わりに立ち上がってあげることは出来ない。

    替わりにオシッコをしてあげてもスッキリさせてあげられない。

    替わりにご飯を食べてあげてもお腹は満たされないのです。


    あなたも僕も、あの人もこの人もその人も

    人は誰もが決して例外なく


    『自分にしか解らない孤独』


    を抱えています。

    そうなんです。


    『誰もが』


    なんです。

    その孤独自体は、それぞれの人それぞれの人の


    『オリジナル』


    ではあるのですが、孤独を持ってない人なんて

    存在しないのです。

    そこの部分では皆、誰もが


    『自分以外の人には解り得ない孤独』


    だと思っているのです。


    ・・・つまりは


    『同じ』


    ですね。

    そこに流れている何とも云えない空気感も

    胸をえぐられるような感覚も

    今にも押し潰されそうな淋しさも恐怖も

    人の数だけ、その孤独にオリジナルがあるだけで

    後は全て同じなのです。

    だから


    『繋がる』


    のです。


    『孤独と孤独は繋がる』


    つまりは、そこに気付いた時


    『自分は、人はひとりじゃない』


    ってこと。


    ・・・それでも


    「私は、いつだってひとりぼっち」


    と信じて疑わない方は

    一度、私共のライヴに遊びにいらっしゃいませんか?

    私共だけではなく、きっと他のお客様と あなたが繋がります。

    それが私共のライヴの特徴


    『お客様同士が繋がる』


    という、このライヴの特徴なのです。



    『僕等の孤独は、一点突破のその果てに
    同じ宇宙という真理のもとに出合うのだ、一緒なのだ』


    次回ライヴは、4月29日(金・祝)開催です。

    ゴールデンウィークの初日を

    ライヴにて幕開けしてみませんか!!


    『皆様のご来場、心よりお待ち致しております!!』

    ※ライヴのご予約はこちらから



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    先月の末にペタキャラがドラゴンになってから

    大変有り難いことに、ドラゴンを継続させて頂いております。

    これも一重に、皆様のお蔭と深く感謝しております。


    『心より、有り難うございます!!』


    しかしながら、その反響の大きさは

    正直、私共の予想を遥かに超えた形となって顕れており

    そのペタ数は、メイン・ブログ、そしてサブ・ブログを合わせますと

    毎日、驚異的数字を更新し続けております。

    そのような中で


    「これが嬉しい悲鳴なのか!!」


    と喜んでいたのも束の間・・・

    ここ最近では、ペタ、いいね、メッセージ等の対応に

    一日の大半を費やさざるを得ない状況が続いており

    とうとう日常生活にも支障が出るようになってしまいました。


    「これでは本末転倒」


    そう強く思った私共は、考え付く限りのあらゆる角度から鑑みた末

    ある大きな決断に踏み切るに至りました。

    それは・・・


    『予備で作ったサブのブログを全て閉じるということ』


    ・・・とは云え、サブのブログだけを見ても

    読者登録下さっておられる方が、約3,000名にものぼっているのです。

    また、毎日サブのブログにペタといいねを

    何年にも亘り続けて下さった方々が大勢居られます。

    ・・・サブのブログとはいえ

    気付いてみれば、とても大きな存在となっておりました。


    自ら作成しておきながら、その管理に限界が生じてしまったこと

    甚だ、私共の力量不足と反省することしきりです。


    永年に亘り応援下さった皆様には

    真に以て、失礼極まりないこととは存じますが

    今後はメイン・ブログ1つを残し

    予備のサブブログは全て退会させようと考えております。

    尚、退会の時期につきましては

    状況を見ながら、サブのブログ記事にてお知らせしたく思っております。


    今まで永年に亘りサブ・ブログとお付き合い下さった皆様


    『心より心より、有り難うございました』


    ・・・そして、これもまた真に以て勝手な云い分ではございますが

    そのような中に於いても

    変わらずお付き合い下さるという方がございましたら

    どうぞ今後は、メイン・ブログを通してお付き合い下されば幸いです。


    それともうひとつ、ペタのお返しも

    なるべく多くの方にお返ししたい一心で

    これまで分刻みで奮闘努力して参った次第ではございますが

    上記の理由から、これまた勝手な云い分ではございますが

    今後は今までよりもペタのお返しが少なくなるかと思います。

    そしてその分は、記事や音楽活動の方面に

    生かさせて頂けたらと思っております。


    以上、甚だ簡単ではございますが

    ご理解頂けたら幸いに存じます。


    皆様の更なる天命の開花、そして完うを

    心より、お祈りしております。


    無限なる感謝を込めて


    小林洋一



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「約束」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0
  • 03/18/16--00:32: Twitter 始めました
  • 「ペタのお返しは気になさらないで下さい」


    「これからも変わらずブログを拝見させて頂きます」


    「忙しいことと思いますが、頑張って下さい」


    等々・・・

    先日、サブのブログを閉じるとの記事を

    アップさせて頂いてからというもの

    実に沢山の方々から暖かなるメッセージを賜り

    感激している次第です。

    真に以て、痛み入ります。

    そして心より


    『有り難うございます』



    ところで、予てより当ブログには


    「Twitter や Facebook は無いのですか?」


    というご質問や


    「是非、やって下さい!!」


    というご依頼を頂いておりました。

    しかしながら、どちらも作成しておりませんでした。

    そのような中で、今回サブブログを退会させる

    というお知らせをさせて頂いてから本日に至るまでも

    やはり同様のメッセージを賜りました。


    ・・・正直、迷いました。


    ですが、今後は今までのように

    ご縁を頂いた全ての方とペタ・いいねを通して

    交流させて頂くことが困難となってしまうことでしょう。

    色々と考えた末、ここはひとつ全く発想を変え

    皆様から頂いたご意見という

    その流れに乗ってみることにしたのです。

    ・・・つまりは


    『ツイッターを始めてみることにしました』


    しかし何分、不慣れな初心者です。

    もし、この記事をご覧になられている方の中で

    ツイッターをご利用になっている方が居られましたら

    何卒ご教授のほど、宜しくお願い申し上げます。


    ・・・と申しましても、アメブロ記事は従来通り

    メッセージ色の強いものを長編にてアップさせて頂く所存です。

    されど、ツイッターでの更新は

    アメブロとのコントラストをより明快にさせる意味に於いても

    もっとマメに日常の風景を軽やかに綴ったり

    また、ライヴ・リハーサル風景なども

    織り交ぜてお伝え出来たらと考えております。


    『皆様、何卒宜しくお願い致します』


    無限なる感謝を込めて


    Twitter はこちら



    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」




    LIVE予約 はこちら

    動画 はこちら

    CD販売 はこちら


    「プレゼント」







    0 0
  • 03/21/16--02:14: 退会致します。
  • 今まで実に永きに亘り

    ペタ、いいね、をし続けて下さった皆様

    また、当ブログ ~詩は祈り~ とお付き合い下さった皆様


    『心より心より、有り難うございます』


    先日、記事にてお知らせ致しました通り

    サブのブログを全て退会させて頂きます。


    そして、このメインのブログについてですが

    今後一切のペタ、いいねを閉じさせて頂くことに致しました。

    つまり今後、このメインのブログだけは残るわけですが

    ペタもいいねも閉じてしまうので

    元々コメントも受け付けていない当ブログとしましては

    皆様とのコミュニケーションが、ほぼゼロとなるわけです。


    こちらのメイン・ブログは、当たり前ですが

    サブ・ブログより遥かに永く続けて参ったものです。

    故に、皆様より賜った愛や勇気や希望

    そして、細やかなるお心遣いは

    実に実に計り知れないものです。

    そのような皆様からの真心に対し

    今回このような決断をさせて頂くということが

    どれほど失礼なことか・・・

    正直、言葉も見当たりません。


    先日、僕は「なぜ愚痴らないか?

    というタイトルの記事の中で、このように申し上げました。

    それは


    「このブログを書くということが己の仕事に直結しているから」


    だと。

    僕は、皆様の記事を拝見させて頂くことを中心にしながら

    同時にライヴやCD販売のプロモーションも行っておりました。

    そのような中で、常に今の今の今、瞬々刻々、何が大切なのか?

    どう動くべきなのか?を直観的に感じ取り

    導かれるままに変化変滅させながら続けて参ったつもりでおります。

    勿論、その時々に於いて皆様にどれほど助けて頂いたか

    これまた計り知れません。

    と申しますより、全ては皆様のお蔭あればこそ

    続けて来れたものと今更ながら感じ入っております。


    真に勝手なことを申し上げるようで恐縮ですが

    ・・・約8年間

    私共は、やれることは全てやり切った

    と感じております。

    故に、今は全てを出し切った者としての充足感

    清々しさしか残っておりません。

    ・・・涼やかな5月の風に吹かれているような心境

    とでも申しましょうか。

    兎に角、心置きなく解き放てる想いでいるのです。


    されど、それもこれも

    このような心境を迎えられたのも

    それはひとえに、8年間の永きに亘り

    お付き合い下さった、応援下さった皆様のお蔭

    その賜物と強く深く、想っている次第です。


    『皆様、長きに亘り本当に有り難うございました』


    今後は、より自然な形で書きたい時にのみ

    記事を更新して参ります。

    甚だ簡単ではございますが、ご理解賜れば幸いです。


    変わらず、皆様の天命がより大きく開くことを

    そして完うされることを

    同じ宙のもと、心よりお祈りしております。


    無限なる感謝を込めて


    小林洋一


    追伸、尚サブブログの退会

    及び、ペタ・いいねを閉じた形でのメインブログ・リニューアルは

    明後日23日に遂行させて頂きたく存じます。





    Twitter はこちら

    LIVE予約 はこちら

    動画 はこちら

    CD販売 はこちら

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」





    「約束」







    0 0
  • 03/24/16--03:44: アメブロ記事は


  • Twitter はこちら

    LIVE 情報 はこちら

    動画 はこちら

    CD販売 はこちら

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」





    「Fasting Song」











    0 0

    とろけるクレンジングで何をしてもダメだった毛穴が…毎日使って、驚きの結果!

    0 0
  • 03/25/16--00:09: ねぇ、君と一緒に


  • Twitter はこちら

    LIVE 情報 はこちら

    動画 はこちら

    CD販売 はこちら

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」





    「約束」













    0 0
  • 03/26/16--00:18: とっかえひっかえ


  • Twitter はこちら

    LIVE 情報 はこちら

    動画 はこちら

    CD販売 はこちら

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」





    「Fasting Song」











    0 0

    いつも記事に


    『いいね』


    を下さる皆様


    『心より心より、有り難うございます!!』


    いつも皆様から頂く”いいね ”に目を留めながら

    有り難い想いで、いっぱいになっております。

    そのような中にありながらも恐縮至極ですが・・・

    正直、今までも、これからも ”いいね ”を下さった

    全ての皆様のブログを訪問させて頂くことは

    哀しいかな、不可能のようです。
    (※同様に、頂いたメッセージへのお返事も儘ならぬ状況に
    大変、心苦しく想っております。)

    されど今後は、今まで以上に

    皆様のブログ記事へ訪問させて頂こうと

    心掛けて行く所存です。

    ・・・こういう云い方も変かもしれませんが

    その際には、積極的に ”いいね ”をさせて頂けたら

    幸いに存じます。

    どうぞ宜しくお願い致します。


    ・・・ところで

    ”いいね ”のお話をさせて頂いたばかりで恐縮ですが

    本日のお題は ”ペタ ”についてです。


    お蔭様をもちまして

    この、~詩は祈り~メイン・ブログ
    (※記事を更新している このブログ)

    本日のペタキャラが


    『ドラゴン』


    となりました!!



    8年近くブログを運営させて頂いている中で

    ペタキャラがドラゴンとなるのは

    今回で5回目くらいでしょうか・・・


    ・・・これは、毎日 皆様にペタを頂きながら

    ”ペガサス ”を維持させて頂いていることが

    どれほど有り難く大変なことか

    存じ上げた上で、改めて申し上げますが

    ペタキャラがドラゴンになるということは

    並大抵なことではないのです。

    故に、これも ひとえに、皆様のお蔭と心得ます。


    『いつも弛み無くペタを下さる皆様
    心より心より、有り難うございます!!』


    ”いいね ”を頂く時と同様

    いつもペタ帳を見ながら


    「あぁ今日も、この方が立ち寄って下さったのか~
    今日は、この方が覗いて下さったのか~」


    と、ほっこりしながら

    一日の終わりを締めくくるのが日課になっております。


    故に、これからは、これまで以上に

    ペタ、いいね を通して

    皆様と交流させて頂けたら幸いに思っております。

    何卒、宜しくお願い致します。


    無限なる感謝を込めて



    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    ペタを下さっている皆様のお蔭で

    何と、ペタキャラが本日で


    ”3日連続 ドラゴン ”


    です!!

    心より心より、有り難うございます!!



    ・・・このような状況が続いているということは

    恐らく今まで、サブのブログにペタを下さっていた方が

    ここ数日は、こちらのメインのブログにも

    ペタを下さって居られるのかもしれません。

    ”いいね ”を頂くことと同様に

    とっても嬉しく励みになります!!

    今一度、改めて御礼申し上げます。


    『いつも、いいね、そしてペタを下さる皆様
    心より心より、有り難うございます!!』




    ところで、当ブログには毎日例外なく


    ”ギブソンのアコギが鳴らない ”


    と、お困りの方がその理由を探りに

    訪れて下っているようですが

    ここ近年のギブソン・アコギや他のメーカーのもの

    はたまたエレアコに馴れ切っている方からすると

    それらのギターは、工場出荷時から

    既に、非常に鳴るように作られているので

    例えばヴィンテージのギブソンを弾いた時には


    ”何でこんなに鳴らないんだ? ”


    となるのかもしれません。


    僕は、ここ近年(1990年以降)

    に作られたギターの音の傾向が好みではないので

    どうしてもオールド・ギター

    ヴィンテージ・ギターの話になっちゃうんだけど

    例えばマーティンっていうギターは

    1弦から6弦まで、とってもバランスが良い。

    高、中、低音、それぞれの役割を担って

    一本一本の弦が見事なハーモニーを奏でている。

    また、音の幅、膨らみ、奥行きが豊かで

    サステインも倍音も非常に豊か。

    つまりは、音のレンジがとっても広いということ。

    そして何といっても音に芯がある。


    かたや近年のギターから僕が感じるのは

    初めから過敏なほどよく鳴るんだけど

    サステインも薄ければ音に芯もない。

    音に芯がない、っていう部分が

    僕にとっては最も辛い。

    全てがそうとは云わないけど

    こういう傾向にあるところが好まない理由かな。


    で、ギブソンはと云えば

    1弦から6弦までが

    さながら一本の弦の如く鳴っている。

    音の幅、膨らみ、奥行きが殆ど無くて

    サステイン、倍音も非常に薄い。

    つまりは、音のレンジが狭いということ。

    でも音には芯がある。


    ・・・こういう風に書くと

    ギブソンのオールドギターって

    誰も欲しがらなくなっちゃうけど

    鳴らないか?と云ったら

    これでも、よく鳴っているのです。

    ただマーティンと比べて


    ”鳴りの質が全く違う ”


    ということなのです。


    故に、僕が感じるに

    マーティンは、やっぱりインスト向きかな。

    ギター一本の響きだけで、完全なる世界観を創れてしまう。

    僕もずっと、1970年代初期のD-41に憧れ続けているんだよね。

    敢えてD-45と云わないところがいいでしょ?


    で、ギブソンはと云えば

    レンジが狭く、倍音もサステインも薄いため

    ピンポイントで音が生きてくるので

    バンドの音に混ぜるのに都合がいい。

    そして、歌を邪魔しないので

    弾き語りにも相性がいい。

    ブルースの弾き語りにピッタリなのは

    そんな貧相な音が、ブルーな心とマッチするからだね。


    さて、本日は最後に

    これまた毎日のように、当ブログへ


    ”ジェイムス・テイラー・ギブソンアコギ ”


    と入力してお越し下さる皆様へ

    僕とっておきの動画をお届け致します。


    彼が弾いているギターは


    ”最も鳴りが弱いと評判の1960年代後半のギブソン ”


    その中のJ-50というモデルです。

    彼は、全くピックを使いません。

    常に指弾きだけで音を出しているのです。

    それで、これ程の演奏をするのです。

    低音なんて「コン、コン」としか鳴ってない(汗)

    その低音の上に高音が「ジャリン」と乗っかってるだけ。

    なのに、まるでギターが生き物のように唄っている!!


    彼はシンガーソングライターです。

    されど、そんな枠を通り越して

    一流のギタリストでもあるのです。


    ”鳴らないギブソンを鳴らす ”


    とは真さに、このことを云うのでしょう。




    James Taylor - Greensleeves (Live 1970)

    ペタしてね


    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」




    【 ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0
    0 0

    あのハイブランドがワールドプレゼントのポイント10倍

    0 0
  • 03/28/16--15:58: 男の威厳

older | 1 | .... | 24 | 25 | (Page 26) | 27 | 28 | .... | 62 | newer