Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

小林洋一 ~詩は祈り~

older | 1 | .... | 22 | 23 | (Page 24) | 25 | 26 | .... | 62 | newer

    0 0

    「お~い店員さん、ちょっと!」


    「お客様、ご注文はお決まりでしょうか?」


    「この明太子バターうどんのミニ天丼付きと小林洋一 NEW アルバム即売会ミニ・ライヴ付きで迷ってるんだけど、このミニ・ライヴ付きって何だい?」


    「あ、それはですね、近々 小林洋一さんの NEW アルバムがリリースされるのですが、Amazon にて販売される前に即売会が開催されるのです。それでその時、一緒にライヴも行われるのですよ。ミニ・ライヴとはですね、通常60分の演奏時間のところ即売会の時のみ、45分となっておりまして、いつもより少々短いライヴが付随することになっております」


    「へ~、そうなんだ、全然知らなかったなぁ~」


    「・・・あの~、お客様、差し出がましいことを申すようで恐縮ですが全然知らないのに何故、明太子バターうどんのミニ天丼付きと迷われたのでしょうか?」


    「だってよ~、ライヴなんて云われたって、見たことも聞いたことも食ったことだってね~しよ~、何だか興味があるじゃね~かよ~」


    「なるほど、これは大変失礼致しました。それでは是非、観て聴いて お客様の心にて、ご賞味頂けたら幸いでございます」


    「おっ店員さん、何だか上手いこと云っちゃって、小林洋一とかいう奴の回し者じゃね~のか~?」


    「回し者どころか、本人でございます」


    「あ、そう、本人なの~、何だか大変だね~、ところで小林さん、歳は幾つ?」


    「48歳にございます」


    「なに、48歳、俺と同級生じゃね~か!」


    「左様でございますか!」


    「そうともよ、同級生と聞いちゃ応援しないわけにはいかね~な~」


    「有り難うございます。では、ご注文の方はお決まりになられましたでしょうか?」


    「うん、この明太子バターうどんのミニ天丼付きにしてくれる?」


    「・・・」




    ”小林洋一 NEW アルバム即売会 ミニ・ライヴ付き ”


    ・・・何だか、ファミレスの

    セットメニューのような見出しになってしまいました(汗)


    ということで今月、NEW アルバムリリースに伴いまして

    Amazon にて販売を開始する前に

    「先行即売会」を行いたく思っております。

    つきましてはその際「一緒にライヴも行いたい」と思っております。


    詳細は後日、改めましてインフォメーションさせて頂きたく存じます。

    ご興味のある方は、是非是非ご来場賜ることを切に願っております。


    『皆様のお越しを心より、お待ち致しております!!』


    無限なる感謝を込めて

    小林洋一






    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「創世生」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0
  • 11/04/15--23:05: PR: ボルボ V50 CLASSIC
  • モダン・スカンジナビアン・デザインが際立つベストサイズ・エステート。

    0 0

    いよいよ、NEW アルバムがリリースされることとなりました!!

    つきましては、それに伴い


    ”CD 即売会&ミニ・ライヴ ”


    を開催させて頂きたく存じます。

    ご興味をお持ち下さった方、お時間のある方は

    是非是非、ご来場賜れば幸いです。


    『皆様のお越しを、心よりお待ち致しております!!』




    【ご注意】
    「平日の夜」と「日曜の昼間」2日間の開催です。
    ご希望の参加日をご予約下さい。


    【ご報告】
    1、Amazon にての販売開始につきましては
    間もなく予約販売の受付準備が整いますので
    近日中に記事にて、インフォメーションさせて頂きます。
    何卒、宜しくお願い致します。

    2、以前 記事にて、NEW アルバムには 3rdアルバム収録の
    「銀紙の指輪」の続編が収録されるとお知らせ致しましたが
    その後、今一度コンセプトを見直した結果
    他の曲に差し替えとなりました。
    また、NEW アルバムをお買い求め下さった方には特典として
    ライナーノート内にて、未発表動画の URL をお知らせ致します
    とありましたが、これを取り止め
    当初、アルバム収録曲数 全9曲だったところを1曲追加し
    全10曲とさせて頂きました。
    何卒、ご了承下さい。





    【 小林洋一 CD先行即売会(ミニ・ライヴ付き)】

    ●開催日● 2015年 11月 24日 (火) <19:00開場>
    ライヴ 45分間(開場後すぐスタート)
    閉場 21:00(ご退場後、機材撤収)

    ●開催日● 2015年 11月 29日 (日) <14:00開場>
    ライヴ 45分間(開場後すぐスタート)
    閉場 16:00(ご退場後、機材撤収)

    定員 30名(完全予約制) 全員着席(全席自由席)
    費用 入場無料
    物販 CD(入場時と退場時のどちらでもご購入頂けます)
    ※新作CDアルバム(2700円)を、2000円にて販売!



    ご予約はこちら
    ・ 参加される日(11/24 or 11/29)をお知らせ下さい。
    ・ 2名以上でお越しの方は、人数をお知らせ下さい。
    ・ リクエストの受付は終了致しました。
    ※ 2日以内にこちらからの返信が無い場合、お手数ですが、再度ご予約下さい。(稀にメッセージが届かない場合があるようです)


    ~ アメブロをお持ちで無い方は、こちらからご予約下さい ~


    ・ ご予約の確認の為、入場時に「ブログネーム」をお伺い致します。
    ・ ご来場できなくなった場合は「キャンセルのご連絡」をお願い致します
    ・ 尚、動画や写真の撮影は、ご遠慮頂いております。(様々なトラブルが発生しております。何卒ご協力下さい)
    ・ 夫婦二人による手作りライヴです。行き届かない点も多々あると思いますが、何卒ご容赦下さい。





    【 涙活(るいかつ)ライヴにお越し下さい 】

    【 涙活ライヴ後記 】

    【 実際にあった、ライヴに関する Q & A 】



    $小林洋一 ~詩は祈り~

    場所 アミュゼ柏 1階
     (玄関を入り そのまま直進 1階の奥に会場入口があります)
    電話 04-7164-4552
    住所 千葉県柏市柏6丁目2-22
    交通 柏駅東口から徒歩7分
    地図 PDF



    「世界人類が平和でありますように」 作詩作曲:小林洋一


    0 0
  • 11/06/15--22:32: 男心と秋の空
  • ~此の道や行く人なしに秋の暮れ~芭蕉


    僕は、春と秋の年2回

    空気の乾いた晴天の休日を選んで・・・


    「引きこもります」


    そう、つい先日も紅く色付いた柿の実越しに

    鱗雲たなびく空を見上げていたら

    つい、そんな衝動に駆られ

    折角の秋色散歩を中断し

    急いで家に帰ったのです。


    ・・・何のために?


    「ライダースにオイルを入れるために」


    馬鹿馬鹿しいと、お思いの方も居られましょうが

    この心変わりを僕は


    「男心と秋の空」


    と呼んでおります(汗)

    だって、もうそんな季節なんですもの。


    革ジャンにオイルを入れるのは年2回。

    それを怠ると、一生を通して着れなくなります。

    尚、空気の乾いた晴天の日を選ぶのは

    オイルの匂いが部屋にこもらないよう

    窓を全て開け放って作業するためです。


    ・・・ところで僕は


    「メンテナンスというものが大好きな男」


    なのです。

    それは革ジャンに限らず、ギターも同じ。

    普段は、ちょっと無理をさせてしまう時もあるけど

    年に何度か折を見て、徹底的にメンテするんです。

    すると、そのものが息を吹き返す様子が

    手に取るように判るのです。


    一概には云えないけど

    男って、いろいろなものを

    数多く欲しがる生き物じゃない気がします。

    少なくとも僕はそう。

    故に、流行りものには興味はなく


    「一生付き合える自分だけの一流品が欲しい」


    そしてそれは、特別高価なものじゃなくていい。


    「自分と本当に相性のいいものが
    ひとつだけあれば、それでいい」


    のです。


    ライダースにオイルを入れる時は

    決まってお気に入りの

    70年代 ROCK の CD を掛けながら作業します。

    でもその時は、真さにベストなタイミングで


    ”NEW アルバムの見本盤が速達で届いたので
    ずっとそれを聴きながら作業をしていました ”


    甚だ、甚だ、毎度 手前味噌で恐縮ですが


    「これがイイのです!!」


    一発録音などという

    実に時代錯誤的な録音方法を採っておりますが

    だからこそ、それがいいのだと感じております。


    そして、一発録音という手法でレコーディングしていると


    「まるで自分がアスリートにでもなった気分」


    になったりします。

    一発録音とは、予め歌以外のオケを録っておくのではなく

    ライヴの時と同様に、歌を演奏を同時に録音する

    文字通り、一発勝負の録音方法なのです。

    予めオケさえ録っておけば

    歌入れは何度でもやり直しが利きますが

    一発録音は、余程のことがない限り


    「一発で決める」


    というのが暗黙のルールであり

    逆に、一発で決めなければ

    鮮度の落ちた生命力の無い録音を残すこととなります。

    故に、レコーディングそのものには

    さして時間はかかりません。

    ただそれには、やはり日々の鍛錬が要求されるのです。


    ・日々の練習は勿論怠らないこと。

    ・プレッシャーに負けないメンタルを鍛え上げること。

    ・風邪などを引かない体を創り上げること。


    大まかに挙げても、最低この3つは

    己の中でクリアーしていなければ

    一発で決めることは難しい気がします。


    そう思うと、大袈裟なことを申すようですが


    「自分がオリンピックで闘うアスリート」


    のように感じる瞬間があるのです。


    「精神面も肉体面も鍛え上げて、本番の一発で決める」


    そんな彼等の心が、ほんの少しでも

    解るような気がするのです。


    今回の NEW アルバムは


    『過去 3 枚のアルバムとは全く趣が違います』


    それが何故かを、ここで明かすことは出来ませんが


    『僕の中のマスターピース・最高傑作』


    であることは確かです!!

    そういった意味に於いても


    『一生付き合える僕の中の一流品』


    と云えるかと思います。


    そして、このアスリート的・一発勝負は


    ”涙活ライヴ ”


    に於いても、同様のことが云えるでしょう。


    ~此の道や行く人なしに秋の暮れ~


    『皆様のお越しを心より、お待ち致しております!!』


    涙活ライヴの詳細 ご予約はこちら


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    3rdアルバム
    「世界人類が平和でありますように」
    約束 Fasting Song 世界人類が平和でありますように など収録

    小林洋一 ~詩は祈り~







    0 0

    密林の中で CD の販売を行っております。

    本日は、ようやくそこで


    ”NEW アルバムの予約販売 ”


    がスタート出来ることとなりましたので

    インフォメーションさせて頂いた次第です。


    ”Amazon = 密林 ”


    楽天と双璧を成す 2大ネット通販サイト Amazon を

    このように例える方は多いようです。

    語源を紐解けば、密林より川


    ”アマゾン川 ”


    に由来するようですが

    とどのつまり、どちらでもよいと思います。


    ・・・アマゾン熱帯雨林かどうかまでは

    記憶に残っておりませんが

    この度発売される NEW アルバムの中にも


    ”秘密の森で逢瀬を重ねた恋人たちの物語 ”


    が収録されております。

    そしてそこには、やはり実に大きな


    ”時空を超越するほどの流れを有する生命の川 ”


    が、悠久の時の流れと共に横たわっているのです。


    僕にとって大切な大切な曲です。


    ”恋と呼ぶには幼過ぎた ”


    そんな二人の物語を


    ”あなたにも聴いて頂けたなら ”


    こんなに嬉しいことはありません。


    ”では密林で逢いましょう!”


    『いよいよ Amazon にて、予約販売スタートです!!』


    ※尚、NEW アルバム・リリースに伴う
    「涙活ライヴ」のご予約は、こちらからお願い致します。



    無限なる感謝を込めて


    小林洋一


    NEW アルバムの詳細はこちら






    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    0 0

    昨日 気付いたのですが

    何と、この度の NEW アルバムが

    予約販売 2日目の段階で


    ”Amazon ヒーリング・ミュージック部門の 15 位 ”


    にランキングされておりました!!



    これは何だか、凄いのではないでしょうか・・・

    だって、あの世界的アーティスト


    ”エンヤ ”さん


    ”葉加瀬太郎 ”さん


    をも抑えてのランキングでしたから。

    因みに、このランキングは

    1時間ごとに更新されるようですが

    ずっと見ているわけじゃないので

    その推移の程は定かではありません。


    何はともあれ、これも一重に

    ご予約下さった皆様のお蔭です!!


    『皆様、心より心より、有り難うございます!!』


    これは真さに


    ”おかげさまの涙 ”


    と申すより他にないでしょう。


    この場をお借りし、厚く御礼申し上げます。


    無限なる感謝を込めて


    小林洋一


    ※尚、NEW アルバム・リリースに伴う
    涙活ライヴのご予約は、こちらになります。



    NEW アルバム「おかげさまの涙」






    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    0 0

    まずは、Amazon CD ランキングですが

    お蔭様をもちまして、その後 僕が確認出来た限りで


    ”1ランクアップの 14 位 ”


    にまで、くい込むことが出来ました。

    因みに このランキングですが

    僕が登録させて頂いているのは

    ヒーリング・ミュージック部門です。

    実は、このカテゴリーだけでも

    現在 10万枚以上の CD 登録があるようです。

    そう考えると、この数字をどう受け止めてよいものやら。

    ・・・ちょっと僕のキャパを超えています。


    これもひとえに、ご予約下さった皆様のお蔭です。


    『皆様、心より心より、有り難うございます!!』


    ※ NEW アルバム「おかげさまの涙」は
    こちらより、ご注文頂けます。


    ※ NEW アルバム・リリース記念の「涙活ライヴ」は
    こちらより、ご予約頂けます。




    ただ本日は、同じ CD の話題でも実に対照的なお話。

    実は、僕が過去にリリースした CD が

    中古屋さんに売りに出されていたのです。

    そしてそれを、本人の僕が目の当たりにしてしまったという(汗)


    ・・・まぁ、普通ショックですよね~。


    でもね、このショックというものも趣は様々なのです。

    と申しますのも、その時の僕の正直な気持ちを

    一言で表現するとするなら


    ”トキメキ ”


    だったからです。


    ・・・これはもう、過去記事の中にも

    幾度となく書かせて頂いたことですが

    中学生の頃、僕にとって中古レコード屋は


    ”真さに夢の世界 ”


    でした。

    何故なら、お金のない僕にとって

    海外アーティストの新譜、アルバムはとても高価で

    それを国内盤で手に入れられるのは

    余程気に入ったアーティストのもので

    尚且つ、そのライナーノートが読みたい場合だけに限られていました。

    故に新譜は、国内盤より 400~500円安い輸入盤で手に入れるのが常で

    されど、それとて中々 買えるものではありませんでした。

    そんな時、貧乏学生の強い味方が中古屋なのです。

    当時はまだ CD の時代ではなく、レコードの時代です。

    CD とレコードの違いは、勿論その音質ですが

    最もアピールしているのはやはり


    ”視覚に訴える、そのジャケットの大きさの違い ”


    と云えるでしょう。

    アルバム・ジャケットの話になると、もう話題が尽きないのですが

    殊、海外アーティストのアルバム

    その中でも特に ROCK という分野のものは芸術性が高く

    グラフィックデザイナーの方が描かれた

    実にアートなものが多いのです。







    これは 、プログレの雄・YES が1973年にリリースした


    ”3枚組ライヴアルバム / イエス・ソングス ”


    の見開きジャケット内側ですが

    独特の美しさと世界観を有しております。

    当時は時に、このような作品を その美しさに魅せられて

    聴いたこともないアーティストの物なのに


    ”所謂ジャケ買い ”


    をするのも楽しみの一つだったのです。

    ・・・ただ、ジャケ買いと申しましても

    毎回このような美しいものばかりに手を出すわけではなく


    ”番外編 ”


    或は


    ”珍味 ”


    的なものにも手を出してしまうこともあるのです。

    それがこちら。



    これは、ジャーマン・メタルの雄・スコーピオンズ 1974年リリースの


    ”フライ・トゥ・ザ・レインボー”のジャケ表裏ですが

    ・・・明らかに「変」です(笑)

    このアルバムは、リードギターがマイケル・シェンカーから

    ウリ・ジョン・ロートに変わった時の作品で

    どちらも天才ギタリストで音楽性が高いのですが

    このアルバムを筆頭に、毎度彼等のアルバムは

    その内容とジャケに脈絡が無く「変」なものばかり。

    その中でも本アルバムは

    最もセンスが無いものと云えるでしょう(汗)

    ということで、彼等の作品をもう一つ。



    このジャケは、彼等のアルバムからの流用でシングル盤のもの。

    相変わらずの意味不明ぶりを発揮しているのは良しとしても


    ”この邦題 ”


    ・・・もっと何とかならなかったのでしょうか(涙)


    ・・・おっと、閑話休題。


    兎にも角にも中古レコード屋という場所は

    1000円以下の格安の値段で

    このようなアルバムにめぐり会えるという

    当時から僕にとって


    ”真さにトキメキのスポット ”


    だったのです。

    話を戻しますが、そのような場所で

    今回、僕は僕の作品を見つけることとなるのです。

    当時、毎回ドキドキしながら訪れていたあの場所で。


    ”トキメク以外にありません!”



    自分が使っていた物をリサイクルに出すということは

    もう、それを必要としなくなったからです。

    或は、金銭的に困って売りに出したのかもしれません。

    もし、これが前者の場合、悪い云い方をすれば


    ”もう飽きた ”


    ”愛想が尽きた ”


    ということかもしれません。


    されど僕は、そんな状況にトキメイテしまう・・・


    僕は、精神的 M なのかもしれません(汗)

    ※ NEW アルバム「おかげさまの涙」は
    こちらより、ご注文頂けます。


    ※ NEW アルバム・リリース記念の「涙活ライヴ」は
    こちらより、ご予約頂けます。



    『何卒、宜しくお願い致します』


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「創世生」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    NEW アルバム「おかげさまの涙」






    0 0

    ”人間は肉体ではない ”


    僕が歌を通して、お伝えしたいことは


    ”唯一、これだけ ”


    と申しても過言ではありません。

    それぞれ異論もございましょうが

    冒頭で述べたることが真理であると仮定するなら


    『一体、私たちは肉体以外に何を持ち合わせているのでしょうか?』


    それは・・・


    ”魂 ”


    ・・・ただ、こう申しましても

    現代では、あまりにも漠然としてしまい


    ”リアル ”


    な感じがしないのでしょう。

    故に、まずは順番として


    ”瞬々刻々、想い巡らせている想念が自分なのだ ”


    と考える方が理解し易いように感じます。


    「嬉しい」とか「哀しい」とか「憎らしい」とか

    「虚しい」とか「切ない」とか・・・


    されど、これとて


    ”永続性のない、いずれは消えゆくもの ”


    つまり


    『僕等の本心ではありません』



    当ブログが宗教の場ではないことを

    お断りさせて頂いた上で申し上げたく存じますが

    古今東西、宗教というものが


    ”祈り ”


    というものを第一に重んじて来たのは


    上記のような永続性のない感情想念を


    「私が辛い」「私が哀しい」「私が嬉しい」

    「私が切ない」「私が欲しい」「私が、私が・・・」


    という「私が」=「私我」という「自我」=「エゴ」

    を祈りの中で消し去り


    ”残ったものを本体と観るため ”


    なのです。


    祈りというプロセスを経て


    永続性のない「私」を祈りによって

    宇宙に「渡し」てしまう。

    すると、その中に


    ”消えずに残るものがある ”


    それを


    ”己の本心、本体=魂 ”


    と観たのです。


    冒頭に挙げた


    ”人間は肉体ではない ”


    とは即ち、そのようなことと存じます。


    ・・・ただ如何せん、現代に於いては この


    ”祈り ”


    というものに精神を統一することも

    実にハードルの高い作業となっている趣があるようです。


    故に私共は、そんな日々の感情想念を


    ”辛くて哀しくて、どうしようもない想いを ”


    ”泣いてスッキリしたくとも泣く場所が無い ”


    と八方塞がりな形でお持ちの方に対し


    ”泣くことによりスッキリされて
    心の荷物を下ろすことにより
    その奥に必ずや存在せしめる己の本心・本体・魂・真我 ”


    に、よりフォーカスし易くなるための

    気付き易くなるための一助と成らしめん想いで


    ”涙活ライヴ ”


    と銘打ち、ライヴを開催させて頂いている次第であります。

    とは云え、当たり前で


    ”必ず泣かなければならないわけではありません ”


    当たり前で、泣く必要の無い方からは

    幾ら振り絞っても涙は一滴たりとも零れないでしょう。

    それでは甚だ迷惑な話です。


    ”人間は肉体ではない ”


    肉体人間の死亡率が現段階において


    ”100% ”


    である事実を見るまでもなく

    肉体は遅かれ早かれ、やがて


    ”消えゆくもの ”


    です。

    たとえ、今この瞬間の あなたの喜びが

    どんなにテンションを上げてくれるものだとしても

    その喜びのまま10年先、もしくは5年先

    否、1カ月先は愚か明日とて


    「その喜びの中に居るでしょうか?」


    やはり、消えゆくものなのです。


    ”消しても消しても、決して消えない想い ”


    ”消しても消しても、必ずや在り続ける想い ”


    ”どのような状況に置かれても、決して揺るぎなき想い ”


    『肉体ではない私たちの本体・本心は
    そこにこそ存在するものです』


    『沢山の荷物を抱えておられる方は
    どうぞ、ライヴで泣きにいらして下さい
    そうでない方は、肉体ではない
    魂と魂の交流の場を楽しんで頂けたら幸いです』


    11月24日(火)夜、11月29日(日)昼間


    今月2回のライヴにして、今年最後のライヴです。


    『皆様のお越しを心より、お待ち致しております!!』


    ※ 涙活ライヴの詳細 ご予約はこちら


    無限なる感謝を込めて




    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    NEW アルバム「おかげさまの涙」





    0 0
  • 11/17/15--23:44: まる
  • 僕は、丸いものが大好きです。

    丸ければ丸いほど好きです。

    故に、究極は ”○ ”です。

    そんな僕の、ここ最近の一番のお気に入りキャラは この人。



    ”ぐでたま ”さんです。

    丸くてツルツルしてて、やる気がゼロのところも

    ”ゼロ=0=まる=○ ”

    で、理に適っている気がします。

    掛け布団がベーコンというところも

    かなり高ポイントと云えます。

    丸は平和の象徴、究極の形。

    では皆様「涙活ライヴでお逢いしましょう!!」


    無限なる感謝を込めて



    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「プレゼント」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    NEW アルバム「おかげさまの涙」





    0 0
  • 11/18/15--23:28: たわし
  • ・・・「たわし」は、とっても地味です。

    滅多なことでは、その存在に光があたることはありません。

    栗だって、ウニだって、ハリネズミだって

    たわし に似てるけど

    あんなに人気者なのに・・・


    だからってわけじゃないだろうけど

    ある日、たわしを見つめていたら

    僕の体は突如、自動書記のように

    このようなものを書き上げていました。



    「私、私、私・・・」 「私が、私が、私が・・・」

    兎角人間は、「わたし」という我・エゴを

    主張したがってばかりいます。

    故に、そんな「私」は「渡し」てしまおうじゃないか

    と、当ブログでは、くどいほど申し上げて参りました。


    かたや「たわし」はどうか?

    と申しますれば・・・

    云いたいことは、これだけのようです(汗)


    我々人間とは差し詰め

    日々トンネル工事をしているような如き者。

    故に、毎日頑張って地面を掘っているのですから

    どうしたって泥を被るは必定。

    云わば、その汚れが「業・カルマ」

    と呼ばれるものかと存じます。


    ”仕事をして付いた汚れに、良いも悪いもありません ”


    それが、この世に「光明」をもたらすための

    人間が為すべき仕事なのですから。

    トンネルが無事、開通すれば

    自ずと、そこからは眩い「光」が差すのですから。


    汚れたら洗えばいいのです。

    そう、時には


    ”たわし ”


    を使って。


    何時の時代も「出来る奴」は、黙って仕事をします。

    それが、世を洗い浄める


    ”たわし ”


    なら、尚のこと。


    「わたし」と「たわし」


    ”一字違いが大違い ”



    ペタしてね


    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」



    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    NEW アルバム「おかげさまの涙」





    0 0

    この場をお借りして、緊急連絡です。

    11月23日にライヴのご予約を頂きました山村様

    その後、何度かご返信を差し上げているのですが

    何等かの問題で、受信が為されていないようです。

    ご予約の方、承っておりますので

    もし、この記事をご覧になられましたら

    お手数ですが、ご連絡を頂けないでしょうか?

    何卒よろしくお願い致します。

    ライヴのご予約、真に有り難うございました。


    無限なる感謝を込めて


    0 0

    この場をお借りして、緊急連絡です。

    本日ライヴのご予約を頂きました、かず様

    メールアドレス宛に返信させて頂きました。

    返信が受信できない場合が稀にございますが

    確かに本日のライヴのご予約を承っております。

    どうぞお気をつけてお越し下さいませ。

    ライヴのご予約、真に有り難うございました。


    無限なる感謝を込めて


    0 0

    NEW アルバムをご予約下さった皆様

    心より心より、有り難うございます!!

    大変お待たせ致しましたが

    遂に本日、Amazon より発売となりました。

    無事、この日が迎えられましたこと

    これもひとえに、ご予約下さった皆様

    そして、いつも応援下さっている皆様のお蔭と

    今更ながら、深く感じ入っている次第であります。


    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」





    何度も申し上げておりますが

    僕のアルバムは、この NEW アルバムを含め全てが


    ”ライヴ形式一発録音 ”


    という方式でレコーディングされたものです。

    予めオケを録音しておいて、そこに歌を重ねるのではなく

    ライヴと同様に、演奏も歌も同時に一発で

    尚且つ、ファーストテイクでの録音を採用したものとなっております。

    ただ如何に「ライヴと同様に」とはいえ

    両者は全くの別物です。

    ・・・例えばライヴは、お客様を前に表現するものなので

    演奏者とリスナーの波動の交流や相乗効果から

    その緊張感が、刻一刻と変わって行くもので

    所謂「ノッてくれば、何時間でも出来る!!」

    ような如き時の流れの中にあるものです。

    「かたやレコーディングは?」と云えば

    その緊張感が、始めからピークの状態を保ったまま持続します。

    故に、勝負は短時間で決めるが必定

    長引かせれば、それだけ鮮度は落ちる一方となります。

    殊、僕のような方式を採っている者は


    ”真さに一発目 ”


    で成功させなければ命取りとなりかねません。

    ・・・と申しますか、云い替えるなら


    ”ファーストテイクを超えるものは有りえない ”


    のです。

    故に、その真さに一発目の録音に


    ”全身全霊を込める ”


    のです。


    そのような中で、今回の NEW アルバムの特徴は


    ”言葉が詰め込まれていないが故の「間」”


    というものを生かした作品が中心になっていると云えます。

    故に、フレーズとフレーズの合間のブレス(息継ぎ)の部分では

    固唾を呑む音までが如実に入っていたりして

    その場の緊迫感のようなものも同時に収録されております。


    ・・・僕は常々


    ”美しいもの、優れたるものとは
    その「間」にこそ顕るるもの、表現されるもの ”


    と感じるのです。

    それは殊、音楽を始めとした芸術の世界のみならず

    お料理の盛り付けの姿やスポーツの分野でも

    あらゆる世界に共通する


    ”美の普遍性 ”


    だと感じるのです。

    そのような中でも殊、日本という国

    倭民族の魂に刻印されたDNA からは

    実に、この「間」というものを深く理解した

    世界に類を見ない、真さに類稀なる感性を感じざるを得ません。

    それはまるで、優れた日本文学が

    その行間にこそ想いを込め

    言葉無き言葉を表現しているが如く。


    僕は未熟ながらも、きっとそのような作品を創りたいと願い

    これからもきっと、そんな高みを目指すのだと思います。


    NEW アルバム、本日発売です。

    一人でも沢山の方に聴いて頂けたなら

    これに勝る喜びはありません。


    無限なる感謝を込めて

    小林洋一


    追伸:涙活ライヴ後記は、今暫くお待ち下さいませ。

    ペタしてね
    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    【追記】つい先ほど再入荷されましたが、再度 入荷即売り切れとなりました。大変ご迷惑をお掛け致しますが、次の入荷まで今暫くお待ち下さい。



    大変有り難いことに

    12月1日、発売と同時に

    入荷即売り切れとなっておりました

    NEW アルバム「おかげさまの涙」

    本日、再入荷されました。

    ご注文下さった皆様には

    多大なるご迷惑をお掛け致しましたことを

    ここに深くお詫び申し上げると共に

    厚く御礼申し上げます。


    「大変、申し訳ございませんでした」


    そして


    「心より、有り難うございます」


    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」




    発送につきましては

    予てより、ご予約頂いておりましたお客様より

    随時、お届けに上がっている次第ですが

    これまた勿体ないことに

    ご予約の段階に於いて、実に沢山のお客様より

    ご注文を賜りました故に

    お手元に届くまで、少々お時間が掛かっているようです。

    大変ご迷惑をお掛けすることとなってしまい

    心苦しい限りですが、今暫くの時を賜れば幸いに存じます。

    何卒、よろしくお願い申し上げます。


    無限なる感謝を込めて


    小林洋一


    追伸:頂いておりますメッセージ

    及び、お問い合わせに関しましても

    随時、ご返信をさせて頂いております。

    今暫くの時を賜れば幸いに存じます。

    尚「涙活ライヴ後記」のアップに関しましては

    今回は、いつもより遅れてのアップとなります。

    楽しみにお待ち下さっている皆様

    何卒、もう少々お待ち下さいませ。

    有り難うございます。

    ペタしてね
    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「世界人類が平和でありますように」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい




    0 0

    ・・・僕は、とっても臆病です。

    僕は、とっても気が弱いです。

    そして僕は、とっても涙もろいです。

    されどそんな僕は、人様の前で歌を唄っております。

    このような人間にとってそれは


    ”とっても恐いこと ”


    です。



    人様の前で歌を唄い始めて、約30年になります。

    こんなに気の小さい人間が

    何故そんなことを続けられるのか?

    それは・・・


    「僕も、涙活してるからなのです」


    ・・・目に見える形で申し上げるなら

    ちょっと違うかもしれないけど

    僕にとっては「同じこと」なのです。

    つまり、私共のライヴにお越し下さったお客様と同様に


    「ライヴで心の荷物を下ろしている」


    のです。


    僕が、どんなに緊張しても

    人様の前に出ることが恐くとも

    それを成し遂げられる理由は、ただ一つだけ。


    「私」を「渡し」てしまうからです。


    緊張する私も、恐くて震えている私も

    ライヴが始まったら天に渡してしまうのです。

    すると、その奥に本来、光燦然と輝いている自分が

    姿を現すのです。

    つまり、これが僕の中の


    『空即是色』


    です。

    歌、作品自体が僕の創ったものではないということは

    「私は渡し」と同様

    当ブログの中で何度も申し上げて参りました。

    僕は、宇宙に存在している音や言葉を

    ただ聴かせて頂いているだけ。

    それを己の声やギターで聴こえたままを

    表現させて頂いているだけ。

    故に今回もお客様より


    「小林さんの ”僕の願い ”をギターで弾いてみたいので
    コードを教えて頂けないでしょうか?」


    という、実に嬉しいご質問を頂いたのですが

    音符は勿論のこと、ギターさえ自分の中に聴こえる響きを

    組み合わせて弾いているだけなので

    実は、それが何というコードかが判らず

    哀しいかな、お伝え出来なかったのです。

    ・・・と申しますか、つまりこのような遣り取りを僕は

    音楽を始めた当初から未だに続けざるを得ないのです(汗)

    されど、そのような僕でも曲が書け、ギターも弾けます。

    差し詰め僕は


    「電線や水道管と同じようなもの」


    なのです。

    つまり僕は、ただのパイプとしてフィルターとして

    音や言葉を通すだけの存在なのです。

    故に、これも僕にとっての


    『空即是色』


    というわけです。

    僕には何の力もありません。


    ライヴ中も申し上げましたが


    「頑張っても頑張っても自分の力で出来ないことがある
    ということは、とっても大切なこと」


    だと思うのです。

    僕は、自分の頑張りだけにしがみ付いていたら

    きっと人様の前に立って歌を唄うことなど

    到底叶わぬ夢として終わっていたことでしょう。

    されど、それが出来ているのは


    「これが私だ、と勘違いしている私を渡してしまう
    そのように導いて頂いている」


    からです。

    そしてそれは、僕自身の中に住まう大いなる存在と


    『お越し下さったお客様や
    ブログを通して応援下さっている皆様
    いつも蔭に徹して支えてくれるカミさん』


    そのような


    『おかげさま』


    という


    『この世界で最も微細な神様』





    『祈り』


    によってなのです。


    そのような


    『大いなる力』


    によって僕は、私を渡し


    『本来生の自分(本当の自分)としてライヴが出来る』


    のです。

    僕は、ライヴをしながら目に見える形で

    涙こそ流しませんが


    『心の荷物を下して真実の自分と出会う』


    『本来生の自分(本当の自分)を思い出す』


    という


    『涙活ライヴのテーマ』


    を、お客様と一緒に体験させて頂いている次第なのです。




    今回のライヴも、実に沢山のお客様がご来場下さいました。

    遠方から近隣まで、実に様々な場所からのお越しです。

    中には、24日、29日の両日に亘って

    お越し下さったお客様も居られました。

    私共のライブは、毎回ほぼ9割のお客様が

    アメブロを通してお越し下さったお客様です。

    では残りの1割は?と云えば

    それは毎回、お子様や親御様

    お友達や恋人をお誘い合わせの上

    お越し下さるお客様が居られるからです。

    故に私共のライヴでは、その終了後

    お客様同士が自然な流れの中で交流され

    仲良くなられる場面をよく見かけるのです。

    同じアメブロガーと、そこにご縁の深い方々なのですから

    皆さん はじめから親近感を抱いておられ

    仲良くなるためのハードルが低いのかもしれません。



    そして今回のライヴでも、実に沢山の方々が

    その涙と共に、心の荷物を下ろして行かれたようです。

    ・・・今更僕が、このようなことを

    申し上げるまでもございませんが

    私共のライヴにお越し下さるお客様

    そして、ブログを通して応援下さるお客様は

    それはそれは毎日毎日、瞬々刻々

    生きるか死ぬるか、のギリギリいっぱいのところで

    涙を抑えて頑張っておられる方ばかりです。


    「どれほど命を削ったら・・・」


    そんな声なき声の独白の中を彷徨い歩き

    やっとの想いでライヴの日へと繋ぎ合わせて

    お越し下さる方が沢山おられるのです。

    故に毎回、まだライヴが始まる前

    1曲目が始まる前から

    フライングで泣かれる方が居られるのです。


    ”それはもう、どうしようもないこと ”


    なのです。

    それほどまでに頑張って


    ”ライヴの日までは ”


    と、堪えて堪えて想いを繋いでお越し下さるのですから

    席に座った途端、どうしたって堤防は決壊します。

    NEW アルバムに収録の


    「僕の願い」


    「おかげさまの涙」


    で涙されるお客様が多いのは

    そのような理由からなのでしょう。


    ・・・何て表現したらいいんだろう?

    私共のライヴにお越し下さったお客様の多くは

    涙と共に心の荷物を下ろすことによって

    その奥で待ち続けていた


    『本当のあなた、真実のあなたに出合うことになります』


    『本当のあなた、真実のあなたを思い出すことになります』


    つまり、この涙活ライヴは


    そんな あなたから、日々頑張って来られた あなたへ


    『よく頑張って、ここまで来たね!!』


    という


    『感謝のメッセージを受け取る場』


    と云い替えても過言ではないと感じます。

    ※ 涙活ライヴの詳細 ご予約はこちら


    だって、本当に皆さん頑張って来られたんですもの!!

    故に


    『あの涙の後の笑顔こそが
    あなたに贈られた勲章なのでしょう』


    だって、ライヴ終了後のお客様は

    毎回、あんなにも清々しく輝きに満ちているのですから!!

    勿論、今回も!!


    『涙を流すことによって心の荷物を下し
    本当の あなた、真実の あなたに出合う、思い出す』


    涙活ライヴにお越し下さることによって体験される


    ”その真実 ”


    は、僕の歌によって齎されるのではなく


    『お客様自身が、お客様の内在する力によって
    自らを導き出した結果』


    に他なりません。


    『ライヴにお越し下さった皆様
    心より心より、有り難うございました!!』

    ※ 涙活ライヴの詳細 ご予約はこちら


    また今回もブログを通し、実に沢山の方々が

    応援のメッセージを下さいました。

    また、ご自身のブログにて

    僕等のライヴのインフォメーションをして下さった方々

    CD販売に関する記事をアップして下さった方々

    動画を貼り付けて記事をアップして下さった方々等

    ライヴには行けないから、と

    CDをご購入下さった方々。

    CDを聴いて、その曲についての感想

    聴いて下さった方の”想い”を綴って下さった方々。

    いつも「いいね」を下さる方々。

    弛みない「ぺた」を下さる方々。

    当ブログ「詩は祈り」に訪れて下さった全ての方々。

    それはそれは沢山の方々が

    僕等のライヴを蔭から支えて下さいました。


    『皆様、心より心より有り難うございました!!』


    今回のライヴに於いて特筆すべきは

    今まで類を見ないほど沢山の皆様から


    『実際にライヴには行けないけど
    心は会場に行っています』


    とのメッセージを賜ったことです。

    それはそれは、如実に感じられたことなのです。

    そのような中で今回は


    ”とってもファンタスティックな出来事 ”


    が誕生致しましたので、ここにご紹介したく存じます。


    『ライヴ当日、私専用に小さなお席をご用意頂けたら幸いです』


    私共はライヴ前、然るお方から

    このようなメッセージを賜っておりました。

    ・・・その方には事情があり

    どうしてもライヴにはお越しになれない筈なのです。

    ましてや山口県にお住まいの方です。

    物理的距離を考えても山口県から千葉県まで・・・

    おいそれとお越しになれる距離ではありません。

    兎にも角にも私共は、お席をご用意させて頂き

    ライヴの準備に取り掛かっておりました。

    すると・・・


    『小林さん、ファンの方からお花が届いております』


    と云って係の方が、身の丈ほどもあろうかと思われるほどの

    それはそれは大きな段ボールにしっかりと梱包されたお花を

    会場まで届けて下さったのです。


    『・・・そういうことだったのか!!』


    僕等は、あまりの衝撃に絶句してしまいました。


    ”私専用に小さなお席をご用意頂けたら・・・”


    という、その「真意」は、このことだったのです。

    つまり・・・


    『どうしても実際には肉体としてライヴにお越しになれなかったお客様が ”お花 ”にその姿を変え、会場にお越し下さり、そのお花を通してライヴをお聴き下さったのです』


    それも、24日と29日それぞれに お花を届けて下さったのです。

    ・・・自分で申すのも何ですが


    『私共の涙活ライヴには
    それ程の想いで臨んで下さる方が居られるのです。』





    この写真が、その方の身代わりとなり

    ライヴ会場にお越し下さった ”お花たち ”です。

    ・・・最早、どのような言葉を用い

    このお花たちの美しさを形容したとしても

    それは無粋なこととなることでしょう。


    『それ程までに見事なる壮麗なる美しさです』


    このお花たちは現在、我が家の玄関にて

    飾らせて頂いております。

    写真の技術が無いことが悔やまれますが


    ”奇跡のバラ、ブルーローズ ”


    の姿もございます。


    『お花に姿を変え、お越し下さったお客様
    心より心より、有り難うございます!!』


    ・・・お花と云えば以前、名古屋のライヴの時も


    『これは、洋一さんのイメージを伝えて
    創って貰ったお花です』


    と仰って、それはそれは美しい花束を

    プレゼントして下さったお客様が居られました。

    感激を通り越すほど嬉しいプレゼントでした。

    だって、自分のイメージで花束を創って頂くことなど

    生まれて初めてのことでしたから。

    そして今回は他に


    『奥様のイメージのバラを選んで創って頂いたクリスマスリースです』


    と仰って、これまた美しいプレゼントを下さったお客様が居られました。

    そしてそれはカミさんも同様に

    生まれて初めての体験でした。

    やはり感激を通り越しておりました。


    『プレゼントを下さった皆様
    心より心より、有り難うございました!!』


    他にも・・・

    僕が「大好き」と記事に書いたことを読まれて

    「ぐでたま」さんグッズを沢山抱えてお越し下さった方。

    やはり僕が「パン好き」なことを記事にてお読み下さり

    「お気に入りのパン屋さん」にて届けて下さった方。

    「ご自身のハンドメイドによる美しいアクセサリー」と

    私共それぞれに「クリスマスプレゼント」と仰って

    沢山のプレゼントを下さった方。

    「ご自身で描かれた貴重なるイラスト作品」を

    その場で惜しげもなく下さった方。

    「唄った後は速やかな喉のケアが大切」とのお心遣いから

    「のど飴」を下さった方。

    そしてやはり「とっても美しいお花」

    を携えて「プレゼント」して下さった方。

    「クリスマスリースを下さった方」は

    その他にも「実にキュートな贈り物」と共に

    「これは鎌倉の銭洗い弁天にて、お浄めして来た5円玉とお守りです。ここに居られる皆さんに配って頂いても宜しいでしょうか?」

    と仰って、それはそれは沢山の5円玉とお守りを下さいました。


    『皆様、心より心より有り難うございました!!』


    毎回ライヴに於いては

    それはそれは沢山のプレゼントを

    お客様より賜っております。

    ただ、それを毎回ご紹介させて頂くとなりますと

    プレゼントご紹介記事として終わってしまいかねないので

    いつも心苦しくも、泣く泣く割愛させて頂いている次第です。

    何卒、ご了承下されば幸いです。


    『皆様、心より心より有り難うございます!!』


    ・・・それにしても今回の涙活ライヴ後記は

    未だ嘗てないほどのロングバージョンとなりました(汗)

    最後までお読み下さった皆様


    『心より心より、有り難うございました!!』


    そして今回も、眠れぬ夜を幾つも数え

    緊張の極みの中、ライヴに臨んでくれたカミさんへ

    無限なる感謝を捧げます。


    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「おかげさまの涙」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい






    0 0

    SOLD OUT になっておりました NEW アルバムが

    再入荷されました!!

    お待ち下さっていた皆様

    大変、ご迷惑をお掛け致しました。

    また、早くもご購入下さった皆様

    心より、有り難うございます!!


    このアルバムには(このアルバムにも)

    魂の片割れ・ツインソウルとの恋の物語

    「祝福」そして「心の糸」が収録されております。

    皆様は、もうめぐり逢われましたでしょうか?


    ~この地球が迎える魂の夜明けの その時に
    あなたに めぐり逢えたことを祝福せずにはおれません~


    無限なる感謝を込めて


    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「約束」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    ・・・僕等が その存在を知ったのは

    1年ほど前のことだったでしょうか。


    「お客様から大切なぬいぐるみをお預かりしてツアーを企画し
    各地を巡るという一風変わった旅行代理店がある」


    というのです。



    つまりは、こういうことなのです。

    例えば・・・


    「北海道でダイヤモンドダストを見ることが夢」


    という方が居られたとします。

    ただ、その方は体調を崩されていて長期療養中

    入院を余儀なくされているとします。

    故に、中々自分の足で北海道まで赴くことが叶わない。

    朝陽に煌めくダイヤモンドダストを見に行けない。

    ・・・そんな中で、フと想うことがある。


    「私に代わって、この ”スヌーピー ”に
    ダイヤモンドダストを見て来て欲しい」


    と。

    その夢を叶えてくれるのが


    「ぬいぐるみ専門旅行代理店・ウナギトラベル」


    お客様より、大切なぬいぐるみをお預かりして

    お客様の身代わりに、そのぬいぐるみを

    行きたい場所に連れて行ってあげるという

    代行業者さんなのです。



    僕は、ある日カミさんとテレビを観ていた時

    たまたま、その一部始終をレポートした場面に遭遇し

    ずっと心に残っていたのです。

    そんな矢先のことです。

    このアメブロを通し、一通のメッセージを賜りました。

    そしてそこには、この内容、趣旨と

    ほぼ同じようなことが書かれてあったのです。

    つまり・・・


    「自分の身代わりに、ぬいぐるみを行きたいところに連れて行ってくれる旅行代理店があると聞きましたが、小林さんのライヴでも、そのようなことが出来たら楽しいですね」


    というような。

    ・・・正直、かなりビックリしました。

    されど、今回のライヴで


    「私専用に小さなお席をご用意して下されば幸いです」


    と、このようなメッセージと共に


    「未だ嘗て見たこともないほどの素晴らしい花束」


    を、ライヴ当日の会場に贈って下さったお客様が居られたのです。

    それも2日間、それぞれに。

    この模様は「涙活ライヴ後記」に掲載済みです。


    僕等は想うのです。

    私共のライヴは、公共の会場をお借りし

    自前の機材を持ち込んで、たった2人だけで運営する

    手作りのライヴです。

    故に今のところ開催の地は、勝手知ったる地元

    及び関東エリアまで。

    また、今年伺ってみて分りましたが

    日帰りでのライヴが可能となるエリアは

    千葉から西に向かったとして

    名古屋辺りまでが限度のようです。

    つまりは、どういうことかと申しますと


    「毎回ライヴを開催する千葉県柏市まで、お越しになれるお客様は、ほぼ関東圏にお住まいの方に限られる」


    ということなのです。

    仕方のないこと、とはいえ

    ずっとずっと、心に引っ掛かっていたことなのです。


    「ぬいぐるみ専門ライヴ体験の日」


    全く未知数な試みですが

    そんなライヴの日があっても面白いかもしれません。


    無限なる感謝を込めて


    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「淋しさは愛するためにある」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0
  • 12/11/15--23:40: 恐怖の おみやげ
  • ・・・それは、とある昼下がりの出来事でした。


    先輩「小林君、俺今から出かけるから
       おみやげ ここに置いとくよ~」


     僕「な、なんですと~、も、もみあげ?
       そんなもの置いて行かないで下さいよ!!」


    先輩「えっ、何だって?兎に角後はよろしく!!」



    そう云って、先輩は出掛けて行きました。

    あんな大事なものを置いて出掛けて行きました。

    あんな大事な部位を取り外して出掛けて行きました。

    それより何より、同じ人間として

    この部位を取り外せること自体がホラーなんですけど(汗)

    しかし先輩は今から、一体誰に会うんだろう?

    恐怖におののく相手の顔が浮かぶようだ~。

    あ~恐い、あ~恐い

    あっちの机の上に置いてあるんだ。

    見たくない見たくない、近寄りたくない。

    ・・・本当は恐いもの見たさで覗いてみたいけど

    このトワイライトゾーンに踏み込んだら最後

    社会復帰は臨めなくなりそうだ。

    あ~変な奴、変な奴だなぁ~。

    あんなものを一体どうしろというのだ?

    一体何の暗号、メッセージなのだ?

    新手のイジメか?

    ・・・と、独白を繰り返すこと数時間の後

    例の先輩が帰って来てしまいました。



    先輩「何だぁ~、まだ おみやげ 置きっぱなしじゃないか~
       お前も失礼な奴だなぁ」


     僕「申し訳ありませんが
       人としてそんなもの受け取れませんよ」


    先輩「何だとぉ~、お前俺に喧嘩売ってんのか?
       それにさっきから人の顔ジロジロと見回して
       俺の顔に何か付いてんのか?」


     僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       ちゃんと付いてるじゃないですかぁ~
       驚かさないで下さいよ~、あ~ホッとした~」


    先輩「お前、さっきから何云ってんだ?
       一体俺の顔に何が付いてるんだ!!」


     僕「だ~か~ら~、も・み・あ・げ でしょ?」


    先輩「・・・」



    「おみやげ」と「もみあげ」

    皆さんも一度は間違えたことがあると思います・・・?

    ところで、あなたの「もみあげ」は取り外し可能ですか?

    もし可能ならば、あなたはとってもシュールな方です。

    今度是非、お友達になって下さい。


    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「創世生」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0

    「マルセイ・バターサンド」



    北海道は帯広市にある

    六花亭製菓から販売されているこのお菓子が

    長年僕の中で


    「不動の首位の座を占める ご当地銘菓」


    として君臨しておりました。

    もう本当に


    「他の追従を許さぬ」


    というのはこのことと云わんばかりに

    僕の中ではブッチギリの存在で

    たまに知り合いの方から頂く北海道土産だったり

    僕のような超庶民としましては

    最寄りのデパートで北海道物産展が模様された際

    年に一回くらい意を決して買い求めるような

    真さに ”高嶺の花 ”というべきお菓子なのです。


    ・・・ところが、ところがですよ

    その衝撃的出合いから約10年の後

    このままブッチギリで首位の座をキープするが如く思われた

    マルセイ・バターサンドと、遂に肩を並べるご当地銘菓が

    突如 ”彗星の如く ”僕の前に顕れたのです!!

    その名は・・・


    「かもめの玉子」



    三陸銘菓と謳われるこのお菓子は

    岩手県大船渡市にある、さいとう製菓が製造元。

    ・・・岩手県大船渡市といえば

    あの東日本大震災と、それに伴う大津波で

    壊滅的な被害を被った地域です。

    勿論この さいとう製菓も例外ではなく

    その損害は5億円以上、主力工場は無事でしたが

    海から200mの距離にあった本社と和菓子工場

    直営店は外壁だけを残し、瓦礫に姿を変えたといいます。

    されどそのような中で、お客様からの


    「一日も早く、かもめの玉子が食べたい」


    という沢山の激励の声に後押しされるように

    今では見事に起死回生し、復活を果たしております。


    昨日、仕事先のお客様のところで

    この、かもめの玉子を頂きました。

    それはもう美味しくて


    「ほっぺたが落ちました」


    ・・・ひとつ前の記事に登場する僕の先輩は


    「もみあげが取り外せるんじゃないか疑惑」


    が拭えない、ホラーな人ですが

    差し詰め僕は・・・


    「予期せぬ瞬間に頬肉が落下してしまう疑惑」


    が拭えない、やっぱりホラーな人間かもしれません(汗)

    まぁ、目にも留まらぬ速さで装着可能なので

    まだ、どなたにもバレておりませんが(汗)


    兎にも角にも

    このマルセイ・バターサンドとの出合いにより

    僕は ”ご当地銘菓の DEEP な世界 ”

    を垣間見ることとなり

    その10年後の かもめの玉子との出合いにより

    更に、その世界は深く掘り下がることとなったのです。

    ・・・そう、土木基礎工事で云えば更に50mくらいは。

    そしてその、かもめの玉子との出合いから、また更に10年

    そろそろスカイツリー級の建造物が建ってもいい頃合いです。

    第三の男、ならぬ ”第三のご当地銘菓 ”の出現を

    僕は今、静かに待ち続けているところです。


    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「Fasting Song」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





    0 0
  • 12/18/15--23:25: 逆の話
  • 女「・・・最近、何だか食欲無くて痩せちゃったよ~」

    男「それはちょっと心配だねぇ。でも逆に云えばダイエットになっていいじゃん」

    女「何それ?それって逆に私が太ってるってこと?」

    男「そうは云ってないよ。逆に食費も掛からなくていいってこと」

    女「はぁ?それって逆に云えば私が貧乏だってことだよね?」

    男「君ってつくづくネガティブだなぁ。逆に考えればイイことばかりなのに」

    女「あんた、私に喧嘩売ってんの?逆に死んでくれる?」

    男「やれやれ、しかし君もエキセントリックな人だね~!まぁ逆の意味で面白いけど~」

    女「あのさぁ、逆に何が云いたいの?」

    男「・・・つーか、逆の逆の逆の逆の逆の逆の逆の逆で、逆があんまり多過ぎて、結局 逆なのか逆じゃないのか、よく判らないんですけど~。だから逆に、もう一回はじめから話してくれる?」

    女「え~、それって逆に疲れない?まぁ暇だからいいけど~。じゃぁ、もう一回云うね!最近、何だか食欲無くて痩せちゃったよ~。つーか、しゃべり過ぎて逆に腹減ったわっ!!」

    男「おぉ、それじゃぁこれでまた太れるじゃん逆に!!・・・って、これだけは逆じゃなかったね~、はっはっは」

    ・・・と、こうして男は、またしても女の「逆鱗」に触れたのです(涙)



    上の遣り取りは、僕が適当に考えたものですが

    冗談じゃなく、最近特に会話の中でこの「逆に」

    を使う人が多い気がします。

    「逆に」があまりに多過ぎて、僕の場合などは


    「え~と、今のは逆の逆の、そのまた逆の逆だから・・・?」


    なんて考えているうちに、逆なのか逆じゃないのか

    全く判らなくなってしまうのですよ。

    また、上の会話で云えば


    「あんた、私に喧嘩売ってんの?逆に死んでくれる?」


    の「逆」なんて一体何が「逆」なんだ!?

    と問い質したくなります。

    ・・・とはいえ、これ特に真面目に考えているわけではなく

    突っ込みどころ満載なので面白いですよ、逆に!!

    ・・・あっ失敬(汗)


    ペタしてね

    Amazon CDランキング 15位!!
    NEW アルバム「おかげさまの涙」



    【 涙活ライヴのご予約はこちら 】

    【 CD販売(amazon) 】



    「創世生」

    ~ お問い合わせ メッセージ ~

    アメブロをお持ちで無い方は
    こちらからお問い合わせ下さい





older | 1 | .... | 22 | 23 | (Page 24) | 25 | 26 | .... | 62 | newer